自宅でできる簡単なボイトレは?声量対策や高音も網羅した練習方法


こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子(@fernandesyuko)です。

テレワークという言葉が浸透しつつありますが
先日驚いたのはなんとヨガも遠隔の
オンライン教室がスタートしたらしいですね。

いやはや、すごい流れです。

ボイストレーニングは
音声のタイムラグやハウリングなどを
クリアにする必要がありますけれど、
できることがどんどん増えて来ました。

なかなかレッスンに通えないけれど
自宅でしっかり練習をしたい!
という人もいまは多いでしょう。
レッスンに通いながら、やはり
自主練も効果的に行いたい人もいます。

今日はそんな風に自宅でしっかり練習したい人に向けてお伝えします!

うるさくないのかな?
どんな練習なら自宅でできる?
どう練習するのが効果的?

様々なが「?」飛び交うことも多いようですが、ここでキチっとその疑問をクリアにしていきましょう!

防音を考えてのボイトレ

今やたくさんの防音グッズが売れてるそうです。
スペースがあればそういう対策はぜひ行って
練習環境を整えていただきたいところ。

しかし、かと言って完璧な防音ルームを
購入できる人などはほんの一握り。

✔︎アパートやマンションは音漏れを確認
✔︎深夜や早朝はもちろん避ける

自宅で練習するなら当然配慮が必要です。

当たり前ですが、
一度クレームがきてしまうと
辞めざるを得なくなる。

また、一度気にされてしまうと、
大したことなくても
気にされちゃうものです。

アパートやマンションの賃貸物件なら、
隣の音がどの程度聞こえるのか
普段から気をつけておきましょう。

ちなみに我が家は賃貸物件ですが、
鉄筋コンコリートのマンションかつ
分譲タイプのしっかりした作り。

その上大通りに面しているので
結構大きな声で歌ってしまいます^^

いまはこんなものまであるみたい。
いやはや便利な世の中です。

https://www.musision.jp/

でもね、わざわざ防音を気にしなくても
家だからこそできること、もっとあります。

自宅ならではの簡単ボイトレはまず筋トレ

声を出すことばかりがボイトレではありません。

忘れちゃいけないのは、歌は身体と自分自身全体が楽器ということ。

自宅でできることはたくさんあるんですよ。

ボイトレの腹式呼吸でやる筋トレ

歌に必要不可欠な呼吸。
皆意外なほど物理的な原則をしりません。

まず物理的なしくみを知っておくと、身体で感じるのも早いです。
座学的な学びが非常に大事な部分でもあります。

知識を得るのも呼吸トレーニングも
自宅で簡単にできますからね!

下記に詳しく書いておりますから是非チェックしてくださいね。

上記の記事でも書きましたが、
多くの方が勘違いしてることがあります。

ボイトレで筋トレするなら、
いわゆるシットアップの腹筋はNGです。
やるべきは足上げ腹筋です。

足上げ腹筋をしながら
1曲歌える軽く歌えうのなら
自宅でも十分できるはず。
こちらもご参考に。

安定した発声のためのファルセット練習

声がぶれたり揺れたりせずに
安定した声をだすためには
バランスの良い息を送り込むのが不可欠。

それには安定したファルセットを出すことが
とても良いトレーニングになります。

ファルセットならばさほど声量もあがらず
自宅でも練習しやすいです。

ファルセットのロングトーンを
息漏れしたり、途切れたりすることなく
継続的に練習をしてみてください。

オススメは秒を測ること。
長く出そうとすることで
必要な筋力も整えられていきます。

これも立派な筋トレです。

毎日の姿勢チェックも自宅でできるボイトレの一つ

歌は身体が楽器です。
楽器のポジションが正しく無いと
良い音色はでません。

基本すぎて忘れてしまいそうですが
日々の姿勢から見直すことが大事です。

自宅でソファに座っている時や
食事をしている時、
また、PCの前で仕事をしている時など、
普段の姿勢から意識をしてください。
毎日の努力で身体を生まれ変わります。

そしていざ声を出すときは鏡の前で
身体の力を抜き、中心軸だけ意識する。
力を入れるのは丹田だけです。

これは自宅どころか、会社や電車の中など
至る所でトライできるもの。
ぜひ日々の生活に取り入れて頂きたいです。

ボイトレの前に簡単で効果的なストレッチ

その身体を思い通りに操り、
自分の感覚を研ぎ澄ますために
欠かせないのがストレッチです。
自宅で毎日やると身体が変わります。

実際当教室での生徒さんも
毎日ストレッチをすることで
歌う時に勝手に入っていた余計な力が
だいぶ拔けてきました。

・首周りのマッサージ
・首を回す(負担のないように)
・足をまっすぐ伸ばし手で足の指を持つ
(持てない人はベルトやタオルを使う)
・開脚をして内転筋を伸ばす。
・開脚したまま体側を伸ばす
(手の指で反対側の足の指先を持つ)
・肩を肩甲骨からぐるぐる回す

 

なぜそこをストレッチさせるのか、
すべてに意味があります。

でもまず大事なのはまずは
「伸びてるぞ」という感覚を
きちんと自分の脳で受け取ること。

身体の細部とつながり
感覚を捉えること。
これは歌の上達の第一歩です。

そして、発声こそしないものの、
楽器である身体を整える最も基本的なトレーニングでもあります。

アプリを使って簡単な自宅リズムトレーニング

メトロノームアプリでリズム感アップ

この世はリズムで溢れています。
時計が秒を刻む音も、
洗濯機が一定に回転する音も、
私達が歩く足音も。

その音に合わせて自分の中で拍を数えてみる。
これも良い練習になります。
洋楽は裏拍を取ることが多いですし、
そんな洋楽に影響を受けたJPOPも然りです。

使えるアプリが「メトロノーム」。
メトロノームを鳴らし
メトロノームの音を消すように手を叩く(表)
メトロノームの音の間で叩く(裏)

また、少しテンポの早めの曲を聴いてて、
歌は聞かずひたすら手拍子で表、裏と
それぞれずれないように
手で叩くような練習もしてました。

今も音楽聴きながらひたすら16ビートを数えていますよ。

リズム練習は、自宅どころか
至る所で出来るトレーニングです!

こちらも是非ご参考に。

ボイトレの効果をアップさせるためにちゃんと歌と向き合うこと

自宅でこそしっかり歌を聴く!

自分が練習したい曲、ライブで歌う曲を
オリジナルの歌手のyou tubeを聞きながら
一緒に歌って歌える気になったりしてませんか?

「歌えるようになった^^」
と思っていざリハやレッスンに入って歌うと
「アレ、、全然音取れてない、、なんで・・?」
ということ、少なくないはずです。

そもそもyou tubeなどは音もそんなに良くないし
リズムなどがクリアに聞こえない。
ましてや最近はスマホやpcで聞くことも多く
スピーカーの出力も弱かったり、
伴奏の音がより聴きにくくなっています。

 

曲をよく聴いて音程を確認する、
タイミングやリズムを捉える
声の表現の細かいニュアンスを
しっかり聞き分ける・・・

そのためにはなるべく正式な音源を聴き、
そしてできるならステレオ機器を使ったり、
質の良いスピーカーをスマホとつなげるなどして、
細かい部分まで聴き取れるようにしたいもの。

曲の中から受け取れる情報量が格段と上がるはずです。

そもそも歌手と一緒になって歌っていたら、
自分の歌はよく聞こえないし
どこが歌えてないのか、
どこを外しやすいのか、
全然わからないですよね。

カラオケなどを用意して練習しましょう。

すべて自宅で準備できることです。
家でやることは山ほどあります。

ボイトレの前に鍵盤で音の確認はマストです。

「私はカラオケつかってちゃんと練習してるよ!」という方。

ピアノなどで歌のメロディラインを
きちんと確認しないで曖昧な音を
勝手に自作してませんか?

曲のメロディラインで歌いにくいところは
どこか曖昧だったり通過しにくい音。

集中的に聞いて音を鍵盤でとることがマスト。

また、音の確認や発声練習に
ギターやウクレレを使用する方は
少なからずいるようですが、
これは避けておきましょう。

チューニングが必要な弦楽器は
ピッチが完璧に合わないことも多い。

しっかり合わせたつもりでも
湿度などの環境条件でずれていきます。
かならず鍵盤楽器を使いましょう。

今は無料のアプリなどで
ピアノの音階が簡単に手に入ります。
しっかり活用してくださいね。 

セルフチェック

自分の歌のくせをわかっていますか?
自分の課題を把握していますか?

実は歌は自分自身がものすごくよくでます。

自分を知ることが何より上達の近道。
自分の歌を録音する。
歌っている姿をビデオにとる。

シンプルですが現状を把握する身近な手段です。

なかなか変わらない癖は、
幼い頃からの環境や経験に起因するものも
決して少なくありません。

自分自身を省みてみることは
歌い手ならば必要なプロセスです。

自宅でのボイトレを習慣化する工夫

今まで自宅で出来るトレーニング方法を
たくさん伝えてきましたが、
それをどう継続させるか?が大事。

ダイエットと同じで習慣化が成功の鍵。

まずはうまくいった後の自分を強く
イメージすること。

そもそも歌が上手になることが目的の人っていませんよね?

歌を上達させて
・自分に自信をつけたい
・もっと趣味を楽しみたい
・ストレスなく歌えるようになりたい
・人前でかっこよく歌いたい
・なんならモテたい!

とかですよね?
その理由は人それぞれ。

そうなった時の自分を想像すると
めちゃ楽しくないですか?
強くイメージして練習の励みにしましょう。

そしてもう一つ。
環境を整えること。

押入れの奥の埃をかぶったケース
からギターを取り出さなければならない人は
絶対にギターが上達することはないでしょう。

お勧めしている鍵盤やアプリなどを
用意しておければ、それだけで環境は整います。
練習に向かう腰が軽くなります。

まとめ

自宅で出来るトレーニング方法はやまほどです。

言い換えれば、発声練習をするより先に整えるべきことがたくさんある、ということ。

こう考えると本当に、
歌という世界はなんと広いことか・・・

トレーニングするたびにその奥深さに感嘆のため息がでます。

上達のために欠かせない自宅でのトレーニングを意味のあるものにして、レッスンを最大限に活用してくださいね。

いいね!で更新情報GET

Twitter でFernandesYukoを

関連記事

  1. 歌が上達しない人の4つの特徴

  2. ボイトレの効果を倍増させる3つのチェック項目

  3. 「歌が下手」を棚卸しする!

  4. 表現力っていったいなんですか?

  5. ボイトレで◯◯解消

  6. 喋る仕事の人にもオススメの声のトレーニング