リズム感が無いのは生まれつき?あるか無いかのチェックと後天‬的リズム感の鍛え方


こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子(@fernandesyuko)です。

リズム感がない
リズム感が悪い
生まれつきだからね、リズム感は。

歌を上手に歌いたくてボイトレなどに
通っている人が投げかけられたら
とてつもなく絶望的に聞こえる言葉です。

で容赦なくそんな救いのなさそうな言葉を投げかけてくる指導者もいます。

何より、私自身さんざん自分に突きつけて来ました。

もう歌えない!やめてやるー!と思ったことも、何度もあります。

でも、リズム感って本当に生まれつきなの?
というかそもそもリズム感って?
リズム感が良い悪いってどういうこと?
そして後天的に鍛えられるものなの?
鍛えるにはどうやったらいいの?

そんな過去の自分の問いに真正面から答えていきます!

リズム感とは?自分があるのか、ないのか診断するには

リズム感悪いんです!
とざっくりと自分をディスる人は多いですが、
じゃあ「リズム感ってなんなの?」
と聞くとはっきり答えられる人の方が少ないもの。

リズム感とは。ビート感とは何が違う?

ビートとは「拍」のこと。

8ビートといえば、4分の4拍子で、
8分音符が1小節に8つ、
16ビートは16分音符が入ります。

曲を1、2、3、4と拍で数えてみてください。
それがbeat。

ちなみにbeatは英単語の意味は「打つ」とか「叩く」。
ドラムの「打点」だと捉えるのも
わかりやすいかもしれません。

リズムはここに加えて
音や休符の長さ、音に入る・切るタイミング
アクセント、などが加わったものと言われています。

もう少し音楽的な要素が加わってる
と判断して良いでしょう。

曲の1、2、3、4がずれてしまうのであれば
ビート感にズレがある、ということだし、

歌の入りや切るタイミング、
休符の長さなどから
音楽的に歌えてない場合はリズム感がイマイチ、、となります。

ただ、どちらもざっくり「リズム感が悪い」 
と言われる ことが多いようですね。

 

逆をいえば、
このビートの打点がパキッと捉えられていて、
そこに入るタイミングや長さ、
アクセントの位置が曲に合っていると
それはリズム感が良いということ。
その歌のグレードががつっと上がるということ。

目指したいのはここですね!

リズム感があるかないかをチェックする診断テスト

*メトロノームに合わせててを叩く、
*専用のアプリを使う
*曲に合わせて手を叩いて録音して聴いてずれていないか確認してみる。

などがあります。
ネット上でもそう紹介されているものが多いですが、
これ、主には「ビート感」をチェックするもの。

後述する「裏拍」を意識する練習は
リズム感チェックとリズム感エクササイズ、
その両方ができるとは思います。

が、それでも、
アクセントや音の長さや切のタイミングなどは判断しがたい。

その歌が音楽的になりたってるか、
かっこ悪くないかはわかりません。

歌を歌っていて、
音程もテンポもあっているのに
なんだかしゃきっとしない、
カッコ悪い、、というときは
リズム感に関わってる場合も多いですから
実はしっかりチェックしたところです。

リズム感は生まれつきではありません。

リズム感は生まれつき決まっているものではありません。

でも実は先天的なものもゼロではありません。
元々運動神経が良い人がいるように、
リズム感に優れている人もいるものです。

ただ、先天的、というよりは、
環境による要因が大きいと解釈しています。

幼いころからずっと
ゴスペルなどをやっていたら?

両親が例えばタップダンサーで
当たり前のように練習を見ていたら?

当たり前のようにビートやリズムは体に叩き込まれますよね。

お師匠が時々話してくれる
この例えがとても好きなのですが、

もしホイットニーヒューストンが、
日本の田舎の橋の下で生まれたとしたら
あんな歌を歌ったと思います?

答えは否です。

こんな記事もあります。

リズム感は後天的に鍛えることができるもの

ピッチや音程などは「練習すれば変わる」
と信じてる人でさえも、
ことリズム感に関しては
「生まれつきリズム感が悪いんだ」
「日本人だからそんなリズムわからない」
とはなから諦めている人がなんと多いことか。

でも、そもそも何が正しいリズムなのか、
改善するにはどうしたらよいか、
といったことをきちんと言葉で説明し、
的確なトレーニングを示せる指導者がいない、
というのもあるかもしれません。

しかしね、リズム感というのは後天的に鍛えられるものです。

むしろそちらの方が大きい。
自分のパターンを知り、
しっかりトレーニングしていけば必ず変わります。

リズム感が無いと言われる理由

歌っていて曲にうまく歌が乗っていない
テンポがズレている
つまりなんだかはまっていない、

そう言う時に人は
「あ~リズム感悪いね」と十把一絡げのごとく、
ジャッジされてしまう。

でも、音やテンポがずれるには細かい原因があります。
自分がどのパターンに陥ってるかを知ることもすごく大切です。 

演奏の音をちゃんと聴けていない

歌い手にありがちなパターンですが、
曲を覚える時も歌ばかりにフォーカスしてしまい
バックの音楽をちゃんと聴いてない、
ということはよくあります。

ドラムのバスドラ(一番大きな太鼓、低い音でドーン)がどこで鳴っているのか、
ハイハットは(シンバルのようなもの)どう刻まれているか
ベースのリズムはどう流れているか、ちゃんと聴けていないのです。
なので、その曲の「点」が歌と揃わなくなってきます。

特にハイハットは曲の細かいビートを刻んでるので
しっかり聴きとりましょう。

裏拍を感じていない

例えば、メトロノームが

1.2.3.4.1.2.3.4

と鳴っていたら

イチ,ニー,サン.,シーと数えるのではなく、
イチトー、ニートー、サントー、シートー・・・

と数えてみましょう。
その「ト」に当たる部分が裏拍になります。

拍の数え方によってはそこは空白になり、
間を感じていないとビートさえキープできない。

キープ出来ていないとテンポが走ったりズレてきたりしてしまいます。

発声のタイミングのズレ

リズムの話なのになぜ発声?
と思うかもしれませんがこれは意外にも非常に重要なポイント。

声の立ち上がりが遅れてしまうと、
出したい音の点が捉えられず楽器と揃わず、
リズムは甘くなります。

その音に到達するまで時間がかかったり、
声をしゃくってしまっていたり、
また、息漏れがしてから声が鳴るので
遅く音が聞こえたたりすのも、点がずれてしまいます。

リズムを見直すときは
実は滑舌や発声を見直す方が近道、ということ、結構多いです。

リズム感の鍛え方。正しく身につける4つの方法

リズムが悪い理由から、
では、今度はどう鍛えていけばよいか!です。

曲をしっかり聴く

オリジナルの曲の演奏をしっかり聴く癖をつけましょう。

まずはドラム、ベース、 どんなビートなのか、しっかり確認することです。
上述したドラムのそれぞれのパートに分けて聴けるように。

当レッスンでは歌いたい曲があるときには
you tube などではなくi tune などで購入して
オリジナルの音源を聴くことをオススメしてます。

なぜかといえば、you tubeなどでは
バックの演奏の音がクリアに聞こえない場合が多いからです。

私は今も、最初にオリジナル音源を聴く時、
そして慣れるまではしばらく性能の高いヘッドフォンで、
曲の細部まで理解出来るよう注意深く聴くようにしています。

点と空白を捉える練習

表拍と裏拍をしっかり理解することが目的です。

メトロノームを鳴らし、そのメトロノームに合わせて手を叩く。
それが全くズレないで叩けるようになったら、
裏の空白の部分で手を叩く。
ひたすらこれを繰り返します。

テンポを落として聴いて練習

ゆっくりやってできないことは早くやったらなおさら出来ない
これは私の師匠が常に言ってる言葉です。

まずテンポを下げて曲を聞き、
細かい点で音を捉え、テンポを落として練習します。
今はアプリなどでもテンポを落とせる
優れものがたくさんありますので是非活用して下さい。

発声を見直す

呼吸のバランスを整え声帯をきちっと閉じ、
その音を瞬間的に捉えるトレーニングをつみます。
出したい音に到達するのに
時間をかけないようにするのです。

吐く息が声帯を通る、
声帯が閉じる、
声が出る、

そのタイミングは一緒なのです。
伴奏に合わせて歌った自分の歌を
録音するとよくわかると思いますよ。

また、歌詞ではなく、発音しやすい、
PA や BA などで歌ってみてタイミングを掴むのも良い練習になります。

発音や滑舌を見直す

日本語という言語とリズム感には大きな関わりがあります。

日本語は子音と母音とセットになってる言語。

それゆえ、子音がシャキッとしないことが多いのです。
ビートを刻むのは子音なので
ここがくっきりしないのは
非常にリズム感に関わります。

また、現代社会はメールやチャットが多く
話す機会が減っています。
その上日本語はあまり口を動かさなくても
何を言っているかがわかってしまうので
発音に関わる唇や舌などの筋肉が
どんどん退化してしまう。

その結果、滑舌が悪くなったり、
発音がくっきりしなくなったりしてしまうのです。

一度苦手な子音を見直してみてください。
歌のリズムが変わってくるはずです。

こんな視点もご参考に。

グループで歌ってリズムのずれに気がつくこと

多くの人が、「人と一緒に歌って」
初めて自分のリズム感がイマイチ、と気がつきます。

以前グループレッスンで皆で歌ってて
手拍子をしましょう、となった時に
「あれ!私ずれてますね!!!」
とその時初めて自分が裏拍をつかめていないことに
気がついた生徒さんがいました。

一人で黙々と歌っているだけでは、
いや、大勢で歌っていても自分しか見えていなければ、
自分のリズムがどうして曲とずれているかを学ぶどころか、
リズムがずれていることさえ気がつかないことがあるのです。

カラオケに行って手拍子をしてると
他の人の手拍子と合わない、
とういう生徒さんもいました。

人と一緒に歌ってみて自分の思い込んでるリズムの枠を外していくこと。
これはとても大事なことです。

身体も使えるように

リズムは身体で感じるものです。
だからダンスなどから取り組むのもすごく大事。

ストレッチをして身体(特に背骨まわり)を
柔軟にしていくのも大切なこと。
リズムは背骨で取るという解釈です。

でも、そんな身体への取り組みの前に、
自分が何ができていないのかを知ること。
そこから必要な対策をし、
トレーニングをしましょう。

あわせてどんどん体も使っていく。

リズム感は必ず鍛えられますので、安心してくださいね!

いいね!で更新情報GET

Twitter でFernandesYukoを

関連記事

  1. 歌うと喉が痛い、すぐ枯れるのを治す方法。「喉を開く」の勘違い…

  2. 高い声を出したいんです!

  3. 喉を痛めやすい人の特徴と、喉に負担をかけない歌い方・話し方・…

  4. 声量がない原因を知り正しく声量をあげる方法。大きな声を出すの…

  5. 生まれつき声が悪いし自分の声が嫌い!どう変えるの?

  6. 歌の練習に真面目な人ほど陥りやすい罠

Update list

Special trial

Mail Lesson

ブログを購読する

メールアドレス記入して更新情報をGET!

Contents

Singer Yuko Official Site

twitter