なぜ韓国人は歌が上手いのか?違いから学ぶ効果的な歌の上達方法

こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子です。

骨格や体型、DNAの違いを
「あの外国アーティストのように歌えない」
ための言い訳にする気はさらさらありません。

でも、例えば、
アルコール消化酵素がモンゴロイドだけ低いというような「違い」があるように、
楽器である身体の骨格が異なることや、
日常使いの言語や取り巻く環境に差がある以上、
発せられる歌や声にも「違い」は間違いなく出てきます。
(もちろん優劣ではなく)

 でもそこを嘆くのではなく、
違いを知り自らの声を良くするヒントをどうにかして探ってみること。

歌が上達するヒントの一つがそこにもあるように思います。

同じアジア人の韓国人はなぜ歌が上手い?

昔から思ってましたが、
韓国人は歌が上手い人が多いです。
(もちろん個人差はありますし、ステレオタイプで見てるわけでもありませんが、平均的に、です。)

アイドル的な若いビジュアル重視の女子達も
俳優活動がメインのイケメン達も、
歌ってみるとああ、びっくり、
声の響きは良いし、ビート感にも長けてて
非常に歌のレベルが高いです。

こう見えて・・・?
実は第一次韓流ブームの時めちゃハマりしたワタクシ。
DVD
はもちろん購入済み、
あやうくコン・サンウのフィギュアを買おうとしたほど。

しかし、ハマったのはドラマの男らしくて優しい役柄と、
ガチムチに鍛えられた身体だけでなく、
その響く深い声と、俳優とは思えないほど歌が上手い人が多かったからです。

我がコーラスユニットSound Of Spiritの不動のセンター、KAJIKは在日韓国人。

SOSのライブに来たことある人はご存知でしょうが、
KAJIK
は深い響きのある声を持っていて、
そして英語はほぼ話せないけど、
なぜか発音もよくリズムの刻みも良い。

昔は「やっぱり血かな~~」
なんて思ったこともありましたが、
ボイトレを指導する立場になり、
色々研究して理解を深めると、
やはりその言葉、ハングルに秘密があったよう。

以下、KAJIKに確認し発音してもらったりして考察してみました。

歌の上達に関わる発音の特徴

まず、ハングルの日本語との大きな違いは、子音と母音の数です。

子音19個、母音はなんと21個もあるそう。
日本語は、子音は数え方によるけど16個ほど。母音は5つ、ですね。

ちなみに英語の母音はもっと多い。

韓国語は他にも日本語とは異なる様々な特徴があるようです。
KAJIK
に細かく聞いてみました。

その中で大きな特徴としてわかったのは

*喉をグッと閉めて出す音がある
*喉を下げて出す音がある
*子音はくっきり発音する

ボイトレ的に見る韓国語の発声

喉をぐっと締めて声をだす

喉をグッと閉めるように使う音があるそうですが、
それは無理して締めるのでは無く、しっかりと声帯を閉じ、
息漏れの無い、声帯を厚く使った音を出せるということです。

KAJIKは芯のあるエッジが効いた響く声が非常に特徴的。
声帯をきちんと閉じてなければでてこない声です。
ウィスパーヴォイスとは逆にあるような声です。
(ちなみにウィスパーヴォイスと息漏れ声は違います。)

息漏れした声、スカスカした声密度の粗い声の人は喉の閉鎖が足りません。
しっかり声帯が閉じる感覚をつかむトレーニングが必要です。
(ポリープなど病理的な原因がある場合もあるので注意。)

「喉を閉じるってイマイチわからない、、」

そんな方は、喉に手の平当てて、
口を開けて息を吸ったら、一度息を止めてみて下さい。
わかりにくければ少し勢いよく止めてみる。
(負担もかかるので何度もやらないこと)

そうすると、何かがヒュッと閉じる感覚を得られると思います。
これが喉の閉鎖です。
地声でしっかり歌うときはこの感覚がマスト。

喉を下げて声をだす

また、喉を下げる感覚とは、
喉の奥を深く落とし、咽頭共鳴腔を広げること。
そうすると深い響きがでてきます。

一般的なボイトレでよく言われるのは
「喉が開きましょう」かな。

「喉を開きましょう」という説明だと、喉の共鳴腔ではなく、
声帯を開こうとするのか、声帯の閉じ方があまくなる人がいるので私は使いませんが、
こちらのがピンとくる方は「喉が開く」感覚を意識してください。

また、あくびした時の喉の開きが近い、とも言われます。
でもここで注意すべきは、
喉の奥を開いたときに、
同時に口角が下がってしまわないようにすること。
音色やピッチが暗くなりますので。

また、喉を下げる感覚は、
舌に力を入れて口腔内を開く(風に見せかける)ことでありません。
これも注意が必要です。

ゴスペルをされてる方などに多いですが、
太い声を出したくて、舌や軟口蓋に力を入れてしまい、
太い声【風】に聞かせようとする方が少なからずいます。

これは太いように聞こてそうで、じつはただのこもり声。
そしてハリはでてこないし、力みがあるため高音は出せません。

そうではなく共鳴腔をしっかり開くことです。
深い響きをコントロールできるようになりますのでトライしてみて下さい。

子音をくっきり発音する

これは見逃されがちですが、
子音はビートやリズムを作るのに非常に大切なことです。


子音をくっきり発音することは、
当てたい音に瞬間的にパキッと当てられるようになるということ。

つまり、子音をくっきり出すと、
リズムやビート感がより際立ってグルーヴがでてきます。

KAJIKのビートが立った、ノリの良い歌い方もこれと関係してそうです。

いつも日本語歌ってるからといって関係ないことはありません。

日本語でも何を歌ってるかわからない人は非常に多い。
滑舌を疎かにしてるようでしたら、
一度くっきりしっかり発声してみてください。

その時、息の勢いは強くしないように注意です。

英語の場合は子音を強くさせるというより、
子音を長く発声するよう意識したほうが英語っぽくなりますよ。

まとめ

いかがでしょう?

ここは完全な私の独断と偏見による見解ですが、
こう見ると、国や言語、環境による違いを嘆くのではなくて、
むしろそこから真似できることが、たくさんある気がしませんか?

身体的に同じような特徴を持つアジアの一つ、
韓国の言語を例にとりましたが、
これはどんなことにもきっと言えること。

言い訳にするのはなんでも簡単です。

違いを知りそこから何を掴み取るか!
その視点が自分自身と自分の歌を成長させる秘訣にもなる、そう思います。

■無料メール講座はこちら
■お得なグループ体験レッスンはこちら

関連記事

  1. 喋る仕事の人にもオススメの声のトレーニング

  2. カラオケで歌は上達するか

  3. ゴスペルの発声は何が違う?ソロの歌い方から学ぶ練習方法

  4. あんなにたくさん聴いたのに

  5. 発声の時の自分の癖、気がついてますか?

  6. 歌いながらの腹式呼吸が疲れるのはなぜ?疑問とやり方を解明!