忙しい方必見!自宅でできるボイトレ方法

こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子です。

ボイトレといえばスクールに通うことが
一般的なところがありますが、
スクールに通っていたとしても、
自主的な練習は上達には欠かせないこと。

 

その上忙しい昨今の大人の皆さん、
自宅で簡単にボイストレーニングする方法はないか、
考えを巡らせている方、少なくない模様。

 

そもそも自宅で一人でボイトレやって意味あるの?
それに、うるさくない??
どうやったら効果的?

様々なが「?」飛び交うことも多いようです。
今日はここでキッチっとその疑問をクリアにしていきましょ!

自宅でボイトレができるワケ

トレーニングに魔法はありません。
筋トレをしてる方はわかると思いますが、
週一回のジム通いだけで、モリモリっとした
筋肉をつくることはできません。
正しいやり方とそれなりの時間が必要です。

 

だからボイトレのスクールに通うのが、
一ヶ月に1,2回のみならば、
自宅やスタジオでの自主練はマスト。
上達したいならね。
(もちろん毎週レッスンしてても自主練はしたほうが良いね)

 

そこで忘れちゃいけないのは、
歌は身体と自分自身全体が楽器ということ。
発声するだけがボイトレじゃあないんです。
自宅でできることはたくさんあるんですよ。

 

自宅ボイトレは筋トレだってOK!身体が楽器です。

歌や声をだすことは身体全身を使います。
発声はスポーツとはよく言われること、
本気のライブはマジ少し体重が減ります。
それだけ体力も精神力も使うんです。

 

特に身体は歌い手に取っては楽器ですから
しっかりとお手入れとメンテナンスをして
最大限のパフォーマンス能力を
引き出してあげたいものです。
むしろスタジオに行かずに
家でコソコソやれる類のものでもあります。

 

自宅ボイトレでどう防音する?

自宅でボイトレ、となると
本気であれば本気であるほど防音環境を
考える人が少なくありません。

 

しかし大掛かりな防音設備を揃えるのは
当然お金もかかります。
とは言え付け焼き刃の防音対策では
どうも心もとなく思い切り声もだせないでしょう。

無理して中途半端な防音環境をつくるより
自宅では発声以外にできることに
フォーカスするほうがずっと効果的、
と私はかんがえています。

 

発声練習はやはりスタジオなどがオススメ。
カラオケだって構いません。
今は非常にリーズナブルにレンタルが可能です。
地方の人で近所にスタジオなどがない方は、
きっと車はお持ちでしょうから車の中、
というのもありかも。

 

ボイストレーニングというものは、
発声以外にもやるべきことは山ほどです。
自宅ではその練習に注力するほうが
賢い選択だと考えています。

 

自宅でボイトレしてる、してない、結果の差

実際当教室にレッスンに来てる方で
自宅などで自主的にボイストレーニングを
している方は聞かなくてもわかります。

上達のスピードが雲泥の差なのです。

レッスンは「練習をする場所」ではなく、
学んだことが出来ているかを確認し、
次のステージに進むトレーニングを積む、
そのための場所です。

 

すでに学んだことを
しっかり自分で反芻している人は
明らかに結果が出ます。
こちらもご参考に

 

 

具体的で簡単な自宅のボイトレ方法

1.姿勢や身体の使い方を見直す

歌は身体が楽器です。
背中を丸めて胸を狭くしたまま
声を出そうとしていませんか?
楽器のポジションが正しく無いと
良い音色はでません。

 

まずは普段の姿勢から見直すことが大事。
自宅でソファに座っている時や
食事をしている時、
また、PCの前で仕事をしている時など、
普段の姿勢から意識をしてください。
日々の努力で身体を生まれ変わります。

 

そしていざ声を出すときは鏡の前で
身体の力を抜き、中心軸だけ意識する。
力を入れるのは丹田だけです。

これは自宅どころか、会社や電車の中など
至る所でトライできるもの。
ぜひ日々の生活に取り入れて頂きたいです。

 

2.ストレッチで活性化

その身体を思い通りに操り、
自分の感覚を研ぎ澄ますために
欠かせないのがストレッチです。
自宅で毎日やると身体が変わります。

実際当教室での生徒さんも
毎日ストレッチをすることで
歌う時に勝手に入っていた余計な力が
だいぶ拔けてきました。

実際やると良いことは、

・首周りのマッサージ
・首を回す(負担のないように)
・足をまっすぐ伸ばして手で足の指を持つ
(持てない人はベルトやタオルを使って)
・開脚をして内転筋を伸ばす。
・開脚したまま体側を伸ばす
(手の指で反対側の足の指先を持つ)
・肩を肩甲骨からぐるぐる回す

です。

なぜそこをストレッチさせるのか、
すべてに意味があります。
でも大事なのはまずは
「伸びてるぞ』という感覚を
きちんと自分の脳で受け取ること。

 

身体の細部とつながり
感覚を捉えること。
これは歌の上達の第一歩です。

そして、発声こそしないものの、
楽器である身体を整える最も基本的なトレーニングでもあります。

 

3.腹式呼吸と筋トレ

また、歌に必要不可欠な呼吸について。
腹式呼吸の練習も、吸って吐いて、、が
逆になったりしてませんか。
うまく身体とバランスが取れていますか?

 

下記に詳しく書いております。

 

また、腹式呼吸には腹筋が大事だ、
ということはきっと聞いたことあるでしょう。

でも皆さん勘違いしてるんですね。
ボイトレで筋トレするなら、
いわゆるシットアップの腹筋はNGです。
足上げ腹筋をしましょう!
これは自宅でのトレーニングでもかなり大事なこと。。

足上げ腹筋をしながら1曲歌える位になりましょうね〜
こちらもご参考に。

4.リズム感を鍛えるには

この世はリズムで溢れています。
時計が秒を刻む音も、
洗濯機が一定に回転する音も、
私達が歩く足音も。

その音に合わせて自分の中で拍を数えてみる。
これも良い練習になります。
洋楽は裏拍を取ることが多いですし、
そんな洋楽に影響を受けたJPOPも然りです。

私はかつて、裏がなかなか感じられなかった時、
自分の歩く一歩二歩の間の裏のところで、
太ももを軽くパンと叩きながら歩いて、
裏を感じる練習をしてました。

1 ・(パン) 2・(パン) 3 ・(パン) 4 ・ (パン)

また、少しテンポの早めの曲を聴いてて、
歌は聞かずひたすら手拍子で表、裏と
それぞれずれないように
手で叩くような練習もしてました。

今も朝ランで音楽聴きながら
ひたすら16ビートを数えていますよ。
リズム練習は、自宅どころか
至る所で出来るトレーニングです!

 

自宅でのボイトレを意味あるものにする3つのヒント

1.ちゃんと聴く!カラオケを探す!

自分が練習したい曲、ライブで歌う曲を
オリジナルの歌手のyou tubeを聞きながら
一緒に歌って歌える気になったりしてませんか?

 

「歌えるようになった^^」
と思っていざリハやレッスンに入って歌うと
「アレ、、全然音取れてない、、なんで・・?」
ということ、少なくないはずです。

 

そもそもyou tubeなどは音もそんなに良くないし
リズムなどがクリアに聞こえない。
ましてや最近はスマホやpcで聞くことも多く
スピーカーの出力も弱かったり、
伴奏の音がより聴きにくくなっています。

 

曲をよく聴いて音程を確認する、
タイミングやリズムを捉える
声の表現の細かいニュアンスを
しっかり聞き分ける、、
そのためにはなるべく正式な音源を聴き、
そしてできるならステレオ機器を使ったり、
質の良いスピーカーをスマホとつなげるなどして、
細かい部分まで聴き取れるようにしたいもの。

曲の中から受け取れる情報量が格段と上がるはずです。

その上で、もう一つ大事なことは、 
歌手と一緒になって歌っていたら、
自分の歌はわからないし、
どこが歌えてないのか、
どこを外しやすいのか、など
全然わからないですよね。
カラオケなどを用意して練習しましょう。

すべて、自宅で準備できること。
ほら、家でやることは山ほどあります。

 

2.音の確認はピアノを使いましょう。

「1」で伝えた通り、きちんと曲を聞きました。

しかし、楽器で音を確認しないで
曖昧な音を勝手に自作する人は多い多い^^
しっかり自宅で集中的に曲を聞いて音をとること。

そして、
「音の確認や発声練習にギター使ってもいいですか?」
以前このような質問を受けたことがありますが、
それはノーーー!です。

チューニングが必要なものは
ピッチが完璧に合わないことも多いです。
どんなにチューニングに自信があったとしても
湿度などの環境で変わっていくものです。
かならず鍵盤楽器を使いましょう。

今は無料のアプリなどで
ピアノの音階が簡単に手に入ります。
しっかり活用してくださいね。 

 

3.習慣化する工夫をせよ

今まで自宅で出来るトレーニング方法を
たくさん伝えてきましたが、
日々の生活の中でそれをどう習慣づけるか、
これは大きなポイント。
ダイエットと同じです。

自宅でのトレーニングを習慣化させる
一つのポイントとしては、
それができた時の環境をデータとして見ることです。
どんな時にそれができたか、ということです。

例えば、私の場合ですが、
以前頑張っていたピアノ練習。
データとしてみると、早起き出来た時に
朝早く電子ピアノに向かうと長く練習できる
ということが分かりまして、
早起きを心がけピアノに向かうようにしました。

また、他にこんな生徒さんもいました。
週1回はスタジオで個人練習したい。
でもどうしても面倒くさくなってしまう。。
しかし、行ける時には、
スタジオ近くの美味しいパン屋さんで
必ずパンを買って帰ることが楽しみになっていた、
ということに気がついた、という方も。

 

データ化し状況を把握し、
その上でご褒美をあげることで
更にモチベーションが増したわけです。
脳の仕組みを利用したのです。

 

まとめ:意味のない自宅のボイトレはもう終わりです

お伝えしてきたように、
自宅で出来るトレーニング方法はやまほどです。
言い換えれば、発声練習をするより先に
整えるべきことがたくさんある、ということ。

こう考えると本当に歌という世界はなんと広いことか、
トレーニングするたびにその奥深さに感嘆のため息がでます。

上達のために欠かせない自宅でのトレーニングを意味のあるものにして、レッスンを最大限に活用してくださいね。

自分の歌いグセがわかる体験レッスン詳細はこちら

 

関連記事

  1. なぜ韓国人は歌が上手いのか?そこから盗む上達方法

  2. カラオケで歌は上達するか

  3. あんなにたくさん聴いたのに

  4. 発声の時の自分の癖、気がついてますか?

  5. 間違った腹式呼吸はもう終わり。正しい方法で歌力UP!

  6. ボイトレの効果を倍増させる3つのチェック項目