第3回 歌☆FESTA2018にご参加&来場ありがとうございました

こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子です。

先週の日曜日の12月9日、当教室が主催するイベント「歌☆FESTA」無事終了しました!

ご参加くださったみなさま、ご来場くださったみなさま、そしてこれなくても遠くから見守ってくれた方々、サポートしてくれたみんな、本当にありがとうございました!

2016年に教室をスタートして始めて11月に開催してから今年で3年目。

毎回趣向を変えておりますが、ただ「成果を発表しよう」という発表会ではなく、
歌や音楽が好きな方が歌の喜びを再確認したり、自然とメロディを口ずさんでしまうような、歌の力に溢れたイベントにしたい、というのは当初から考えていたこと。

今年はたくさんの方に参加していただき一緒に歌って、そんな歌の力を体感できたんじゃないかな、、と思っています。

まずはSOS のアカペラがウェルカムソング♫

*ユウコのボイトレWS

ゴスペルや歌が好きな方のご来場が多いこともわかっていたので、去年より一歩また進み、歌の表現まで踏み込んでみました。

いくら基礎をやってもそれを歌に還元できなければ意味がない。

SOSのお手本コーラスも解説を交えてご披露し、基礎でやってることが歌になる時にどう生きてくるかを少しの時間ですがお伝えできたかな、と思います。

最後は時間に追われバタバタしてしまし、お客様から「微笑ましいの笑顔」をいただき恥ずかしくなりましたがw

もうちょっとカッコよく決めたいんですけれど、
私はそういうキャラではないらしい^^;

*6人の生徒さんのパフォーマンス

当教室は発表会は強制ではないため、出ない人の方がほとんど。
それでも、人前で歌う第一歩として、またいつもと違う人に聞いていただくチャンスとしてこの場を設けています。

今回も実にバラエティに富んだ素敵な6名の方々でした!

そして今回は新しい試みとして、コーラスがある曲にはSOSによるコーラスが入りました!

>>>

トップバッターのMayaさんは毎年出演してくれてもう3回目。
普段からイベントを主催したりライブも精力的に活動してるので安心して見られました。

そして日々進化してるんですね。
毎年声の音色が豊かになっています。活躍めざましくほんとうに励みになります!

Boxing/Ben Folds Five

 

2番目のMinaさんは2人の小さな娘ちゃんがいるワーキングマザー。
忙しい時間のなかやりくりをし、旦那さんのご協力を得てレッスンに来てくれて
努力の成果がしっかり見えたステージ。

最初歌った時とは見違えるようでした。
母の美しさ、強さみたいなものもほとばしってたナー♫

Iris〜しあわせの箱〜/Salyu

 

3番目のUranさん。今回の出演者の中で最年少(私の生徒さんの中でもほぼ、そう)!
でもピチピチした若さはほとばしるのに、情感豊かに歌って引き込まれました!

後ろで見てたのですが皆がぐっと前のめりになったのがわかりましたよー!
若いのにこの渋い選曲をするところにも本人の世界観が現れてますね。今後が楽しみです〜

I love you/尾崎 豊

 

次のMakiさん。夏頃からコツコツレッスンを重ねていました。
お仕事も忙しい中シンプルだからこそ難しい曲にチャレンジされて、練習を重ねたんだろうな、、うまく表現ができるようになったし、何より声が力強くなってきました!

このままだったらもっとパワフルに出せそうでますます楽しみ!
話をゆっくりするとすっごく楽しい方なので今後はMCにも力を入れてほしい^^

Desperado/Linda Ronstadt

 

Hanaさんは、レッスンを始めたのが秋だったのですが、たくさんレッスンにきてものすごーく練習をしてました!

当教室のグループレッスンの生徒さんには動画チェックのサービスがあるのですが、それを利用して自分の歌を客観的に見る癖がついたようでなにより!

今回ゴスペルのみに参加した他の生徒さんが「感動して泣いちゃいました!」と後から^^

技術は大事ですが、努力を積み重ねてプロセスが本番のエネルギーに変わるんだな、と改めて教えていただきました〜

Story/AI

 

とりのTomokoさん!ゴスペル経験豊富なせいか歌のグルーヴがよくて歌の表現にもそれが出ていたし、歌ってる姿もとってもカッコ良かった!

転調も多い難曲をばっちり歌いこなしてさすがでした。コーラスのSOSがヒヤヒヤもんでしたが気持ちよく歌えてもらえてたらいいなあ・・

後述するクワイヤーの方と両方で大きな支えとなる存在でとても頼もしかったです。

Your eyes/山下達郎

 

アンケートから嬉しいご感想をいただいたので一部編集して転載させていただきます!

見ず知らずの人の歌を聴くことはあまりないですが、ユウコさんのもと練習をし、緊張しつつも自然体な皆さんの歌、そして常に注意深く包み込むようなsatokoさんの演奏も相まって、心からの拍手を送りたくなります。

みなさんが真剣に曲に向き合って取り組んできたことが、エネルギーとして伝わってるんだなって本当に嬉しくなりました!

6名の皆様、ありがとうございました!!!

 

*SOSのゴスペル曲

普段はアカペラで歌うことの多い私たち3人ですが、今回ワンデイクワイヤーの前に一曲ゴスペル曲をピアノ似合わせてご披露。

イベント後に、この曲に非常に感激したとのお声もいくつも頂きめっちゃ嬉しかったです!

なりたい自分にはまだなれていないかもしれないけれど、昨日までとは少し違う自分がいて嬉しい。そんな日々を毎日過ごしていけたらな、、という思いで歌いました。

Change/MD Stoks

 

*ワンデイクワイヤーwith SOS
前の週に開催していたSOSゴスペルコーラスWSに参加されたワンデイクワイヤーのパフォーマンスタイム!

前の週のワークショップの2時間ほどのゴスペルタイムでここまで仕上げてくれた皆さんには脱帽!

全員がほぼ初対面の方々のクワイヤーなのですが、ここまで気持ちを一つに揃えられたのは、皆さん一人一人が歌を楽しもう、この場を楽しもう、という気持ちがあったんじゃないかな、というふうに想像しています。

素敵な人たちばかりが集まりほんとうに感激しました。

参加してくださいまた皆様、また、この日は参加できなくてもワークショップで盛り上げてくれた皆様、ありがとうございました!!

そして、ゴスペルピアノを弾いてくれたのはタマちゃん!
SOSのSayoが指揮してるクワイヤーの一つでピアノを担当してるのですが、ファンクバンド出身ということで、難しいリズムのゴスペルもピアノ一つで仕上げてくれてとても頼もしかった!!

 

Stand/MD Stoks
Better /Hezekiah Walker

 

*皆で歌おうHappy Christmas

ここは驚きのハプニングがあって私が慌てて止めに入るという、後から見るとコント見たいな場面がありましてw(その時は必死w)

まあ、なかなか私らしい事件だったような気がします。
あの場にいた方しかわからないことですが、こういうの大好きです!

ワタクシ、レッスンはなかなか厳しいですが本番はゆるいスタンス。
当日は何よりその「イマココ」に集中してほしいから。

それで楽しめれば何よりです!

 

*ユウコ弾き語り

今年も挑戦しました弾き語り。初回よりずっとスムースになってきた、、ような・・。

話は変わるようですが、私にとって今年は、この42年で最も辛い一年でした。
6月に兄がたった3ヶ月の闘病で急逝してしまったことです。

このことは私の死生観もそして生き方にも大きく影響しました。

そして10月、兄が迎えるはずだった兄の47歳になるはずの誕生日に歌ってYou tubeにアップした曲を今回選びました。

ここでこの曲を歌うのは非常に悩んだのですが、今しかこれは歌えないよな、、
そう思っていた矢先、生徒さんのピアノ伴奏をしてくれていたsatokoさんが、背中を押してくれました。

この曲を心から、強い説得力を持って表現できるのは今だけですよ

と。

それで歌うことにしました。

MCの時のが辛くて泣きそうでしたが、
歌はなんとか、がんばり無事に歌いきることができました!
記念に少しだけ、、

いのちの歌/竹内まりあ

よくよく聞くと泣かないよう力任せだし、泣きそうでブレまくってるところもありますねえ・・・ま、想い出ですな。

フルバージョンはこちらの記事からどうぞ。

 

そして最後はブラジルの名曲、トリステーザでサンバしておわりました!!

今年も本当に色んな方の助けがありました!
参加者一人一人がエネルギーを注いでくれたのはもちろんのこと、
家族や仲間を呼んでくれたことで当日の会場のパワーはとても力強かった。感謝です。

来てくださった方々が暖かく見守ってくれてることで皆も歌い切れました。

そして、それぞれのご家族も見守って協力してくれたことでしょう。
今回は特に出演者のご家族や友人の存在を勝手ながら感じました。

きっと今回出演できなかった生徒さんたちも、ご家族やお友達の協力や応援があるからレッスンが続けられる、という人もいるでしょう。みなさまに心から感謝申し上げます。

そして私自身にも多くのサポートがありました。
当日は妹と夫が受付をやってくれたのも助かりましたね^^

夫がいるだけで私は安心感がますのでもうお守りのような存在です。

打ち上げも来てくれて盛り上げてくれた、、
私と、そして会場を明るく輝かしく照らしてくれますwww

眩しい♡

 

また、今年も、生徒さんの伴奏でSatokoさんにはお世話になりました。
毎回お願いしてるのでもう3回目です。
ピアノが上手で譜面を見てすぐ対応してくれる伴奏者はたくさんいますが、こんなに歌い手に寄り添ってくれるひとはいませんね。

それはSatokoさん自身の暖かい人間性と、熱い歌心があるからです。

当教室はどちらかといえば初心者の方が多いですが、人前で歌うのに慣れていない方でも安心して委ねられる伴奏をしてくれて、熱いアドバイスもくれる、、私も安心してお任せできるし見習うところばかりです。

本当にありがとうございました。

 

そしてそして、今年は一週前のワークショップから、当日の生徒さんパフォーマンスの時の司会、そしてクワイヤーディレクション等々、SOSが中心となって回ってきた会といっても過言ではありません。

世の中にボイトレ教室の発表会やゴスペルや声のワークショップってたくさんあるけれど、、私だからできることってなんだろう、と思うとそれはSOSとしてこのイベントを進めていく、ということでした。

2人はもちろん仕事として依頼をしておりますが、10年以上の付き合いになるSayoとKajikだからこそ、細かい融通を利かせてくれたり、先回りして確認してくれたり、もう本当に助かりました。

安定感抜群の歌声と変わらぬセンターっぷりで曲に華を添えつつ、相変わらず天然癒し系のKAJIK、そんなKAJIKにツッコミ入れたり、司会でボケたりしながらも心躍るゴスペルDirectionをしてくれるSayo。

心から感謝です!

SatokoさんとSOSの写真を会場で取りそびれたので打上写真で!

毎年進化してきてるこの歌☆FESTA!
試行錯誤しながらでも続けてきたからこそ少しずつ変わってきている実感があります。

これからもっと楽しくお気楽でおふざけで、、でもしっかり歌の喜びを感じられるようなそんなイベントにしていきたいです。

引き続きお楽しみにー!!!

本当にありがとうございました!!

体験レッスン詳細はこちら

 

関連記事

  1. 「自分らしさ」はいらない

  2. 2017年よ・・・

  3. いのちの歌

  4. 思考停止はバカも争いをも生む

  5. 2018年6月26日(火)15:13 兄を見送った。

  6. 歌に興味がなくなるという事実