2021年は思考停止こそ停止せよ


こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子(@fernandesyuko)です。

どんな1年にしようか!
ワクワクする一年の始まりなのに
ちょっと気が重くなるような会見が
あった仕事始めの今日です。

緊急事態宣言が一都三県に
出される方向だということで、
ツイッターはもちろんFBなどの
様々なSNSやブログで意見が述べられています。

でもこれって「自分の意見」なのだろうか?

このコロナ騒ぎの間にずっと
思ってたことだけれど

マスコミの言うことを
鵜呑みにしてないか?

専門家でさえないただの
インフルエンサーの意見に
流されていやしないか?

専門家でさえ意見が分かれてる。
自分はそこで何を考えているんだ?

そうやって自問自答し続けています。

 

そんな中秋頃にも、
コロナとは別の形で
いくつか「思考停止」に
ついて考える機会がありました。

不思議なもので、アンテナを張ってると
そんな事象もやたらと目に入るし
情報もたくさん入ってきます。

9月にはこんな記事も読みました。
批判的思考が低い日本の教師に、批判的思考を育む授業はできない

「授業において批判的思考を促すことがどれほどあるか」との問いに対して、日本の群を抜いて低い結果。

一方うちの夫の母国ブラジルは3位。

私自身は訓練を重ねて
疑問の視点を持ってきたタイプ。
夫に比べたらまだまだで、未だ努力の過程。

夫に指摘されてはじめて、
今まで当たり前だとして
受容してきてしまったものも多い、、
と実感することもしばしばです。

・・・

今はインターネットのおかげで
誰もが自由に発信できる世の中です。

ブログも含めたSNSなどから、
カリスマやインフルエンサー
と言われる人たちもたくさん生まれていますよね。

でも時々ネットを見ていても
リアルのセミナーやワークショップでも
ぞ〜っとするときがあります。

○○なこと、最近多く無いですか?」
「△△が当てはまるなら、興味あるなら」
と言う扇動的な表現だったり

「本質はこうだ」などの
巧みなポジショントークとか
人の心理を利用したうまい言い回し、
独特の会話の「間」でうまれる洗脳的な物言い。

マスコミはもっと怖いよね。
メディアとしての特徴もあって
100人中100人がそうだ!
と思い込ませる恐ろしさ。

思考停止をしていたらすぐ
飲み込まれてしまいそうです。

自分で考える力。
疑いをもつ気持ち。
批判的な視点。
大事なものが失われてしまいそうです。

誰か尊敬する人がいるのは
とても素晴らしいし、
参考にしたい意見があるのも
当然だと思う。

でも崇め奉り信奉をして、
その人の言うことならなんでも
「はあ~さすが!」となるのは
やっぱり危険だなとつくづく感じています。

何の疑いもなく「そうだよね」と
全て受け入れるのはもっと怖いです。

私たち、もっと自分の考えで動かなければならないのではないでしょうか。

・・・

お正月休みを利用して、今流行りの
「鬼滅の刃」を全巻漫画で読んだんです。

「あんなに流行るのは理由があるはず」
と少しずつ興味を持ちました。

単なる鬼退治ではない、
兄弟愛や仲間との助け合いだけでもない。

鬼自身が蔑まれ愛されないことの
辛さや自己肯定感の低さから
鬼になっていることがとても興味深かったです。
(伏線を拾いきれていないのでもう一回読むけれどw)

そして、いつだって困ったときは
「よく考えろ!」と自問自答している。

師匠に学んだことだけじゃない。
それらを生かしながら、
自分が目の前にいる敵に対して
何ができるのかを五感を使って
自分の力で考えろ!考えろ!
と探っていくのがとても印象的でした。

どんな時も何に対しても、
疑いの目を持ち、もう一度自分で考えること
改めて取り組んでいきたい2021年のスタートです。

今年もどうぞよろしくお願いします!

 

いいね!で更新情報GET

Twitter でFernandesYukoを

関連記事

  1. カッコつけて歌うよりカッコいい歌い方

  2. 世界はどうやって変えるんだ?

  3. 大真面目に遊ぶ大人の特権

  4. 藤井風という風に包まれている

  5. 歌に興味がなくなるという事実

  6. 効果の高いボイトレメソッドはあるのか?本当に必要な視点と選び…