「歌いたい」に貪欲にいこう


こんにちは 新宿・目黒・オンラインの大人のボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデスユウコです。

1週間経ってしまったけれど、
2020年10月31日先週土曜日は
ユニットSOSでリアルライブ&配信ライブでした。

今年2020年は3月半ばごろに
当教室のプチイベントを行い
そこで歌った以来なので
人前で歌うのは7ヶ月ぶり。

 

今年は少し大きめのイベントのお声がけも
毎年恒例になっていた子供施設の行事も
すでにいくつも予定があったのですが

みなさん同様このコロナで全部キャンセル。

ソロではもちろん3人でもこれほど長い間
ライブやイベントで歌わなかったことはありません。

だからやっと、思い切り声を出して
3人で音を重ねることの楽しさを満喫しました。

午前中は世田谷区の公園という屋外エリアで。
ハロウィンの仮装をする子供たちのそばで
色づき始めようとする木々に囲まれて
ほんの数曲ですがご披露させていただきました。


思い思いの秋らしい「アースカラー」。
見事にバラバラ。これでいいのだ。

そして夕方からは初の配信ライブ。

SOS3人が大事にしていることは
自然の流れに抗うことをせずに
今そこにあるものを受け取り
全力で過ごすこと。

なのでコロナ禍の中でも
「なんとかして歌おう!」
「なんとかして活動しよう!」
というのも実は正直なくて・・・

まあ、自分たちに甘いだけかもしれないけど
ただ「今できないならしょうがないね」と
粛々と過ごし。。

まあそのおかげもあって、
オリジナル曲をいくつか作成したり
普段はできないことも進みました。

とはいえ「そろそろライブしたいよねえー」
と言ったのが夏の終わりころだったか。

でもやるなら普通のの配信ライブも
私たちらしくなくてつまらんよね、と。

それで「第一回歌謡談話室」を開催したのでした。

(KAJIKが)出すキーを間違えたり
(KAJIKが)お悩みのハガキで下ネタ口走ったり
(KAJIKが)ハガキの順序を間違えたり

相当面白かったですw

一部をSOSのFACEBOOKページで見れます。

これからもSOSは歌のクオリティは高く、
大いにふざけてアホらしいことを全力でいきます!

12月19日に第二回歌謡談話室があるので
ぜひ遊びに来てくださいね!

・・・・

さて・・・・
「流れのままに」がモットーのSOSでも、
やっぱり思い切り歌いたいと、
声を重ねたいと思ったし、
その喜びをひしひしと感じたこの日。

こんな風に久しぶりに歌うことや
発声をできることの喜びを
今味わえているのは、きっと
私たちだけではないはずです。

歌を生業にしているとか、
歌うことが生活の一部だ、
という人ではなくても、

「もうしっかり声を出したいよ!」
と、人間の楽器としての側面が
必死に叫んでいるように思います。

このコロナでしばらく閑散としていた
新規の体験レッスンも、最近急に増え出しました。

それも、
バンド活動などをやっている方、とか
ゴスペルをずっと歌っている方、
というわけではなく

「今までやりたかった歌をやっぱりやりたい!」
と、これを機にムクムクと歌うことへの欲望や
本能が目覚め出したかのような、そんな方が多いです。

「しっかり声を出せない、歌えない・・」
こんな環境が、どれだけそれを欲しているかを、
私たちに気づかせてくれたのかもしれません。

そう思ったらあとは行動に移すだけ!

今はスタジオも開いているところが多い。
いくつか利用しておりますが、
換気や除菌対策などは徹底しています。

人と一緒がまだ不安であれば
一人で入って声を出してみてはどうでしょう?

カラオケだって一人で行くのは
もはや珍しいことでもなんでもない。

ゴスペルなどもオンラインなどを駆使したり
フェイスシールドなどを活用して
再開をしているところが多いようです。

もちろん当教室Harmoniaも
オンラインレッスンはもちろん、
ビデオレターアドバイスなどの
フォロー体制も整えています。

もちろん人それぞれ状況は異なるし
まだまだ感染者は増えているので
一概におすすめするわけではありません。

でも、一人で声を出して歌を楽しむ
やりかたもいろいろあるし、
世界中の皆がこの事態に
知恵を絞りそれを共有し、
新しい工夫も山ほど生まれています。

芸術の秋です。
自分の欲望にそろそろ貪欲に
行こうではありませんか!

いいね!で更新情報GET

Twitter でFernandesYukoを

関連記事

  1. いまこそバカの壁をたたきこわせ!

  2. なぜゴスペルを歌う人こそボイトレが必要なのか

  3. 羽生結弦が嫌いだった理由

  4. 来年の目標を決めるより先にやること

  5. 歌が世界平和につながる、本当の理由

  6. 歌が上手くなりたいなら「木」だけではなく「森」をよく見よ!