風邪をひきやすい時期の喉ケア対策と心構え


こんにちは 東京新宿・目黒・オンラインの大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子(@fernandesyuko)です。

乾燥が日に日に進んでるせいか、
レッスンでも喉の調子がすぐれないとか
風邪をひいてしまったという生徒さんが増えてきました。

花粉に湿気に気圧の変化、
そして冬場の乾燥や寒暖・・
日本は、人間という楽器には
なかなか厳しい環境と言えると思います。

だからメンテナンス意識は
より一層高めておきたいもの。

私自身も30歳を過ぎてから苦しんだ喘息、
鼻炎、慢性上咽頭炎などなど・・
楽器の要となる喉鼻周りが弱いため
ありとあらゆるものを試して失敗して、
だんだんと何をすべきかわかってきました。

そんな私がしてきたケアを今日はお伝えしますね!

もろちん効果を約束するものではありません。
個人的にオススメするものですので、
使用・活用の判断はは自己責任にてお願いいたします。

ライブがもうすぐなのに喉が痛い!緊急の対策

これは緊急編。
いまなんとかしたい!という方が
この記事を見てるかもしれませんから。

私が同じ立場なら迷わず行きつけの耳鼻咽喉科に行きます。

必要なく薬や処置、ひどければステロイド点滴や
注射もしてくれてグッと楽になります。

できれば音声外来のある耳鼻咽喉科がベター。
こちらの状況や心理状態にも理解があり
強めの応急処置をしてくれるはず。
(時に強すぎる場合もありますが。。)

喉が楽になり声が出やすくなると
精神的に安定するんです。
その効果は自分が思う以上。

薬やステロイドの扱いに抵抗感が
ある人もいますので人それぞれですが、
私は責任を全うするために安心を買います。

ただ然るべき処置をしてもらっても
すぐさま何もない状態に戻ることは
もちろんないですよね。

そんな時は焦らず落ち着いて待つこと。
そしてこれから述べるような日々のケアを
しっかりと取り入れていくことです。

~今まさに発熱してる場合~
現在のコロナ禍で発熱がある場合は配慮が必要です。2020年秋現在は、発熱がある場合のガイドラインが多くの病院やクリニックにあるようなので、まずはホームページなどで発熱時の外来の方法を確認した方が良さそうです。気をつけてくださいね。

声を出さないで練習するのは・・

喉が痛いから声出せないとか
枯れてるからあまり出したくないとかで
曲を聴いて「エアーヴォーカル」さながら
心の中で歌う、、みたいなことをする人もいますが
実はこれもあまりよくないようです。

心の中で歌う、頭の中でつぶやく、
いや耳からその音が聞こえるだけで
微妙に声帯などの筋感覚が反応するとのこと。

なので完全に休むことにはならないらしい。

聴くのもさけてゆっくり休むのが
早く直すために必要なのでしょうね。

まあ、そんな余裕がない場合もありますが、
頭の片隅に入れて置くと良いですね。

自分の喉、枯れやすい?痛めやすい?

そもそも、もし喉が枯れやすいとか、
すぐ痛くなると思うなら、
やっぱり何か理由がある。

それがどこに起因するのか
最初に少しでも理解しておくことが大切です。

喉に負担がかかる発声してませんか?

喉が枯れやすい場合、実は発声に問題がある場合も少なくないんです。

たくさん歌ったり声を出したり
した時のみガラガラして
風邪の症状が無かったら
発声を見直すことから始めてみよう。
ぜひこちらもチェックしてね!

鼻が悪くないですか?

アレルギーや鼻炎で鼻が詰まり気味だと
口呼吸になり乾きやすくなる・・
鼻水や痰が喉に溜まり荒れる・・
などもあります。
(私はこれを耳鼻咽喉科で数年前に指摘されました。)

こちらも上記のリンク先の記事を
ぜひ参考にしてみてください。

・・・
もちろん、声が枯れるなんてよくあるし

季節の変わり目で疲れてるだけで、

これといった原因がないことも多いです。
また、一つの原因に必ずしも絞れるわけではありません。

とはいえ、傾向を探るということは
対策を見極めるためにも大切なこと。

ぜひ自分の声や喉の状態に
より意識を向けてみてください。

喉が痛い時や枯れてる時のケア・日々のケア

乾燥した喉を潤わすために

喉や声帯が荒れている時、
乾燥したり疲れて充血してる時に
潤わせてくれるのが吸入器。

粒子の細かいA&Dのホットシャワーがオススメです。

喉を痛めたり声帯に結節ができてしまった時に
耳鼻咽喉科で勧められることも多いので、
持ってる人もいるかもしれませんね。

私はもう3,4台目くらいな気がします。
この時期の
「少し喉がイガイガしてる、、」
「喉が痛くなりそう!」
程度なら、
これを朝晩2回ずつくらいやって
良くなることもありました。

何より日々のケアに取り入れることで
私はあまり「イガイガ」しなくなりました。
何かと億劫になり最近は毎日できてませんが
そろそ、またこちらが活躍する時期。

マスクの下はどうなってるの?

コロナもあって、今は当たり前のように
マスクを毎日していますよね。

そのマスクの下で、口はどうなってますか??

ここでだらしがなく口が開いていたら、
乾燥を防ぐという意味ではNG。

口呼吸になってどんどんカピカピしてきちゃいます。

マスクをしてなければ
気を付けて閉じている口元も、
マスクをしていると
ついつい開いちゃうんです。。

特に鼻炎などがあると鼻が詰まって口が開きやすい・・・。

マスクの下でも口はしっかり閉じておきましょう!

喉をケアしてくれるアイテムとは?

実は「これこそが!」と誰にでもオススメできるアイテム、吸入以外には思いつきません。

もちろん
十分な睡眠をとる
バランスよく食べる

そんなの私が言うまでもなく推奨されてる。
喉のためだけではなく、
健康のために必要なことです。

プロポリスあめ
マヌカハニー
喉にやさしいアロマオイル

なども有効かもしれません。
実際私も使ってるものがあります。

ただ、これは個人差も大きく
ものによってクオリティの差も激しい。

やればその分気持ちが休まりますが、
絶対的な効果が期待できるものではない。

いや、そもそも
必ず効果がある!
絶対すぐ治る!
なんてものは存在しないし、

どんなにケアをしていても
気をつけていても
風邪をひく時はひく。

なので自分を攻めない焦らない。
クリニックに行き薬をもらい
ゆっくりと寝て喉を休めるなど
今できる最善を尽くすのみです。

どう治すのか、よりも
どう付き合っていくか。

この経験がまた必ず次に生きて行きます!

いいね!で更新情報GET

Twitter でFernandesYukoを

関連記事

  1. 音痴をなおす方法。原因は主に3種類あります。

  2. DIVAたちの歌声の秘密は

  3. 歌が上達するたった一つの簡単な方法

  4. 歌の練習に真面目な人ほど陥りやすい罠

  5. みんなでゴスペルを歌えるその日まで

  6. 講師・インストラクターの大いなる「声」の勘違い