高い声を地声で出したい人へ!出ない原因とボイトレ高音トレーニング

こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子です。

高い声に囚われても縛られても良い歌は歌えない、と書いたばかりですが、
それでもやっぱり高い声を出したい!と思う人もいるでしょう。

 

実は私自身、歌を始めた頃はとてもキーが低く、ラ位でヒィヒィでした。
が、今は上のミくらいまでは地声的な声で出るようになりました。

高い声が出なくて悩んでる人は多いのですが、
正しいやり方をすれば驚くほど高い音がだせるようになるのです。

一方で、「どうやったら高い声がでるようになるか」
について書かれている記事は多いものの、
正直、かなり適当なことも書かれていたりして恐ろしくもなりました。

が、ここで基本に立ち返り、
高い声を出す時に絶対NGなことを糸口として理論的に
「どう高い声をだすか」をお伝えしていきたいと思います!

高い声を地声で出す時に絶対してはいけないこと

高い声をだすときに力むのは厳禁

高い声を出す時よく、
「喉を締めてはいけない」「喉に力を入れてはいけない」
などとよく言われます。
まさにこれは、高い声を出したいなら絶対してはいけないことです。
いや、高い声のみならず、良い声を出したいなら絶対に避けるべきことです。

声帯は閉じなければ振動しませんから閉じますが、
ギュッと締めてはいけないし、
首周りに力を入れることはNGです。

それはなぜか。
これを正しく説明しているブログ記事はとても少ないです。
でもここを理解してこそイメージでき、トレーニングに活かせることがあります。

高い声を出す時なぜ力んではいけないのか。

なぜ高い声を出す時に力んでは行けないのか。
これは高い声がでる原理が関係しています。

面倒くさい人は端折ってくれていいですよ〜方法のことをお伝えしてるところだけチェックしてね。

*POINT*
声の高さは声帯の振動数が決めます。

振動数が多い、つまり開閉スピードが早いと高い声がでます。
そしてその振動数がどうやって決まるのかと言えば、、声帯の張り具合によります。
声帯周りの筋肉が関与して声帯が引き伸ばされると声帯は薄くなり張りを増し、振動数が増えるのです。

下線部の「声帯周りの筋肉が関与して声帯が引き伸ばされる」というのは
これは自分のイメージした通りに勝手に声帯内部で調節されるのですが、
首周りや声帯周りに力を入れてしまうと、
声帯のハリや伸展の妨げとなり

高い声が出なくなるのです。

だから力んではいけないのです。

高い音が出るイメージを掴むコツ

ギターでも三味線でもいいのですが、
弦楽器の弦とヘッドの部分を想像してみて下さい。
(なんならググって画像をチェックして下さいね。》

ギターのヘッドと言われる、
ネックの先端部分にペグというつまみがついていて、
それを回して弦をビンビンに張ると音が高くなりますよね。

でも、そのツマミや弦を手でぐっと抑えていたら、
当然張りを持たせるのが難しくなり、
力技で張りを持たせて長くなろうとします。
それは、弦にもつまみにも負担は大きいですよね。

声でもこれと全く同じことがいえます。

ギターの弦をイメージして、
高い声ってこんなふうにでるんだ、と
ビジュアルから捉えるのもコツの一つです。

とはいえ、声帯の伸展は、
自分でコントロールしようとすると力むので、
あくまで「おまかせする」感覚です。

高い声が楽に出るようになる3つのポイント

裏声を強化

地声/裏声、と言い分けることは、実は非常にナンセンスなことです。

なぜならその間には絶妙なグラデーションが存在し、
限りなく地声に近い裏声だったり、
限りなく裏声に近い地声だったり、
その中間だったりが存在するからです。

そしてその時々で声帯の厚みや左右のヒダのくっつき方が異なります。

でも、地声であっても裏声であっても、
上述の「Point」のところで説明した、
高い声が出る原理というものは変わるものではありません。

ですので、声帯が伸展して張りを増し、
振動数を増やすという筋トレは、裏声でも可能なのです。

違いは、裏声は声帯の厚みを持たず表面のみが振動してるということ。

それはつまり、裏声は喉周りが力みにくい、ということです。
裏声なら高い声が出るという人も多いははず。

同時に、裏声は息が多すぎたり強すぎたりするときれいに出ません。
安定した裏声には少しの息を(どんな声でもそうですが。)
少しずつお腹と胸郭で支えて出すことです。

つまり裏声を出すことは、
バランスよく声帯を伸展させていくのに
非常に良いトレーニングになっています。

高い声へと繋がるあの鳴き声

いつもより少し高めの声で、ベタっとした猫の鳴き声を「ニャー」と出してみましょう。
ちょっと平べったいというか、アニメ声にも近く鼻腔周りの共鳴が若干強いイメージです。

詳しい原理はここでは端折りますが、
こうすると地声っぽい高い声、
いわゆるミックスボイスのような声が出てくるようになります。

ただこのままでは、少し平べったい潰れた音色のままで歌には使えません。
ここから口腔内などの共鳴器官を開いてあげます。
そうすると共鳴が変わり歌に使える声の音色になっていくはずです。

まずはニャーニャー声で、
声帯をしっかり高い声に向けて張りを持たせてあげる、
そしてその後音色を調節する、ということです。

音の高さを決める器官と、
音色を決める器官は異なりますからね、
バラバラな練習が必要、ということなのです。

高い声を出すのは息の量は関係ない

「高い声を出す時たくさん息を吐きましょう」という情報は非常に多いのですが
これは全く事実とは違う、
それどころか声帯を痛める可能性が高いので注意が必要です。

大事なのは息の量ではなく、息の圧力。
肺の中の息の圧力を高めて声帯の閉じる力を増してあげると芯のある声がでてきます。

そしてこの、「息の圧力」を高めるのは、胸郭の内圧を高めること。

胴体の横の部分がぐっと広がってそれをキープする左右に働く力と、
声をだす時に上がってくる横隔膜を急に押し上げさせないような下腹部に働く上下の力と
両方の支えが必要です。

高い声を出したい時は、喉周りにも首にもアゴ周りにも全く力を入れませんが、
胸郭周りと下腹部には強い支えがあります。

この支えのためには、まずは普通のシットアップの腹筋ではなく、足上げ腹筋をしましょう。
そして、身体を広げて少しずつ息を吐くトレーニングも大事です。

高い声を出せない原因を探ろう

今まで伝えてきたことというのは、そのまま「今、何故高い声がでないのか」
という原因を探るににつながります。

喉周りに力が入ってるということがあるかもしれませんし、息の量を送り込み過ぎているという場合もあれば、腹筋が弱い、ということもあるかもしれません。

また、すべての機能は備わってるけれど、声を出すこととその機能が繋がっていない、という場合も多くあります。

自分のパターンをぜひよく見極めて、高い声を思い通りにコントロール出来るようになりましょう!

体験レッスンでは自分の癖を掘り当てながらベストな方法をお伝えします!

■無料メール講座はこちら
■お得なグループ体験レッスンはこちら

関連記事

  1. 歌ってて息が続かない&息苦しいのは◯が足りません。

  2. 鏡がレッスンマストアイテムの2つの理由

  3. ゴスペルの発声は何が違う?ソロの歌い方から学ぶ練習方法

  4. 鏡に加えて◯◯見て自分をチェック

  5. ボイトレで◯◯解消

  6. 忙しい方必見!自宅でできるボイトレ方法