歌ってて息が続かない&息苦しいのは◯が足りません。

こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子です。

「もう年で息が続かないわ〜」
というセリフ・・・・
 趣味で歌を楽しむ大人のみなさまから時々聞きます。

結論から言うと、歌う時の息のお悩みについて、「息」にフォーカスしていたらまず解決されません。
しかし驚くほどお悩みが多いのも「息」周りなのです。

歌っていて息が続かない、息苦しいというものから
息継ぎはどうする?息の当て方は?息漏れって何?

悩みが絶えない息事情。
それもそのはずです。
声を出すこと、歌うことのトリガーになるのが吐く息ですからね。
思い通りの声を出し歌うためには一番最初にコントロールしたいものです。

息が続かない主な原因は 息を一度に吐きすぎ

歌うときに息を吐きすぎる

息が続かない主な原因は、息を一度に吐きすぎることが原因です。

でも、大きな声や高い声を出す時は
たくさん息を吐かなきゃいけないでしょう?
そんな意見もあるかもしれません。
たしかにそうやって教えてる講師がいるのも事実です。

しかしこれだけは、しっかり伝えなければですが、
これは大きな間違いです。

歌う時、吐く息の量はいつも一定です。
口笛程度の少しの量で良いと言われています。
どんなに高い声でも、大きな声でも。
(息の圧力は変わります。量は変わりません。)

だから、たくさんの息を吐こうとするのではなく、
長く細く息を出していくことがまず最初に大事なこと。

細く長い息をキープする力が無い

ただ、一度にたくさんの息を吐くのは簡単ですが、
少しずつゆっくり吐く方がずっと疲れますよね?
それをキープする力が、みんな無いのです。

もちろん、呼吸を長くコントロールできる
腹式呼吸をしているのが前提ですが、
正しい腹式呼吸をしているつもりなのに、
息が続かない、、というのは、
胸郭及び腹筋のキープ力の欠如のせいです。

こちらもご参考に。

歌のための息のコントロール

では、息を長く続かせるため、
なぜ胸郭と腹筋のキープ力が必要なのか、
そのためには何をしたらよいのでしょうか?

対策は2つあります!

息を吐く時頼るのは肺でも横隔膜でも無い

上のリンク先記事にも書きましたが、
肺は風船と同じで筋肉がなく、
周辺の筋肉が動くことで呼吸をします。

腹式呼吸は、主に横隔膜の上下運動による呼吸です。

しかし、横隔膜とは元々吸うための筋肉。
吐くために使われるものではないのです。

私達が一生懸命息を吐く時に使っているのは
横隔膜をぐーっと上に持ち上げてくれる
骨盤底筋群や腹横筋の力。

なのでまず最初こちらの下腹部の腹筋が
鍛えられていないと必要な分息が続きません。

よく歌のための腹筋は6パックの腹直筋や
腹斜筋ではなく、その下の腹横筋と骨盤底筋群。
ここを鍛えることがまず最初にみるべきこと。

息の安定は声の支えとなる

もう一つ大事なことは、肺は風船であるので、左右にも広がる、ということです。

ちょっとややこしくなってきたきたかもですが
しっかり付いてきて下さい(笑)

最初にお伝えした横膈膜の上下運動では、
肺の上下の動きをコントロールすることですが、
左右もしっかり広げてキープすることが大事。
これを声の支え、と呼んでいます。

胸郭をぐっと広げそのままキープする力です。

わかりにくければ、ちょっと手を広げ、
おおげさに『びっくり』するふりをしてみて下さい。

斜めだけどイメージはこんな感じかな。

瞬間的に『ハッ』と息を自然に吸うような
驚き方をしてみてください。

少し胸郭が広がるのがわかりませんか?

これをこのままキープして息を吐けるほどの
キープ力が必要です。

筋肉のしなやかさと安定度、あと少しのコツです。

このキープ力をアップさせるには、
細く長く息を吐き(お腹が凹んでいく)
お腹を戻し(自然とふくらませる)
お腹、脇腹、胸郭、胸、背中、鎖骨の下、
と少しずつ肺が膨らんでいくイメージで息をほそーく吸っていきます。

この時肩は上がらないように注意。
このトレーニングだけでも、
胸郭のキープのために必要な筋力が緩んで
コントロールしやすくなると思います。

更に息をコントロールするために

もうおわかりますよね?

思い通りに歌うために息を続かせる、息苦しくならないためには
まず見るべきは身体なのです

下腹部の腹筋&胸郭の支えです。

これらのパーツの活動領域を
増やしてあげるためのトレーニングとしては、

肺が広がりやすいように胸周りや背中、
脇腹などの呼吸筋をしっかりストレッチすることや
正しい姿勢をキープできる筋力を整えることがまず先決。

例えば、
手をまっすぐ上に伸ばして頭上で手を組み呼吸を繰り返す。
また、その腕を身体ごと右や左に傾けて脇腹を伸ばす。
伸ばした所でまた呼吸。
呼吸をし続けてるのがポイントです。

また、脚を伸ばして座った状態で、手で足の指をつかむこと。
腰はしっかり立たせた状態をキープ。
これは脚の裏側をストレッチすることとなり、
姿勢を支える骨盤を正しい位置にキープするサポートをしてくれます。

また、深い腹式呼吸を繰り返すことは、
横隔膜の上下運動そのものです。
吐いて、吸ってを繰り返し(ポイントは吐くことから)
横隔膜の働きを促進してあげましょう。

息苦しいと楽しく歌えるはずがない

息のコントロールは楽しく歌う上で何より大事かもしれません。
息苦しくてはぁはぁ言ってたら、楽しいはず無いし、
しかも見てても辛いです(笑)

また、「息」をするとは「生き」ることです。
死ぬ時は「息を引き取る」というわけですしね。
つまり、呼吸する力は生命力そのものでもあります。

楽しく楽に息をつなぎ歌い、
生命力もアップさせたいものですよね!

 

体験レッスンでは、腹式呼吸の疑問も解消します

体験レッスン詳細はこちら

 

関連記事

  1. ボイトレはコツコツ派と勢い派のどちらが有利?

  2. カラオケで歌は上達するか

  3. 間違った腹式呼吸はもう終わり。正しい方法で歌力UP!

  4. あんなにたくさん聴いたのに

  5. 鏡に加えて◯◯見て自分をチェック

  6. 音程は正しいはずなのに何か違う・・・