外国の歌事情

こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子(@fernandesyuko)です。

歌の上手い下手や表現力に
国民的な環境要因というものは
多大に影響してると感じるこの頃。

外資系企業の社員を務めていたし
夫は南米はブラジル出身。
外国人のパートナーが過去にも居たし
友達も国際色豊かなこともあり、
色んな国の「一般」の人の歌を
聞く機会がありました。

仕事の興味からその国の
音楽事情を尋ねてみたりもしました。

数少ないサンプルかもしれませんが
日本人としての自分の役に立つこと、
一緒に探しませんか?

歌の上手さ、国別でどうなの?

日本人の歌事情

今の日本人は極端に音をはずして
歌う人は非常に少ないです。

昭和世代では学生時代に
合唱コンクール的なものを
経験している人がほとんどでしょう。

皆で一緒に声を揃えて歌うことに
非常に慣れています。

そして発展していったカラオケ文化。
人前で歌うことに抵抗がない人、
また抵抗がなくなってきた人が増えてきた。

アマチュアカラオケ番組を見てると
驚くほど上手な子もいます。

音程通りに歌うことや
人やオケに合わせて歌うことは
近年どんどん得意になってきている、
というのを肌で感じます。

韓国の方々の歌事情

20代の頃のイベントのお仕事では、
よく韓国のご家族の方のお祝いの席に
呼んでいただいたのですが、

彼らが(素人さんです)飛び入りで歌うと、驚くほど上手なのです。

音程も安定してるのだけど、
情緒たっぷりに歌うんです。
そして踊りだす^^

感情表現の豊かな国民性と
関係してるでしょう、これは。

こちらもご参考に。

[sc_blogcard url=”https://voiceandsoul.me/column91/”]

夫の国、ブラジル事情

私の夫の国、ブラジル。
音楽に満ち溢れた国ですが
一般の人が音程があまり安定しない、、というのがピッタリの表現かな(汗)

もちろん全てではないし、
メジャーな方々は、
素晴らしい歌い手ばかり。

ただ、一般の人の平均は、
日本人のようでは全く無いように感じます。

このことは、ブラジル好きだったり
ブラジル文化によく触れてたり
パートナーがブラジル人という友人達と
話していつも意見が一致すること。

歌っていると音が外れてきたり、
違うキーになってしまう人が多いのです。

うちの夫も然りでして^^

好きなサンバの曲をスマホで
聴いて大きな声で練習してるんですが
音程の自由度が高いです!

でも、、めちゃ楽しそうです!

また、よくいくブラジルイベントで
サンバや有名な曲がかかると
皆が一様に元気に楽しく歌いだすんですが、
こちらもみんな相当自由です。

そしてやっぱり、めっちゃ楽しそう!!

ブラジルの音楽教育

聞けばブラジルの一般的な公立校では、
学校教育としての​​​​​​​音楽の授業がないらしいです。

もちろん合唱なんてやったことない。
人と合わせて歌う、音程を正しく歌う、
ということを習ってきていないわけです。
(今の子供達はわかりません。今30代、40代の世代はそうらしいです。)

慣れていないし経験もない。
だから音をよく聞いて正しい音程で歌う、
ということが苦手なのだろうと思います。

ツイッターでこの話題をしたところ
アメリカではによって必修のところと
そうではないところがあるとか。

ブラジルは一部を除き必修というのはほぼないみたい。

でもかれら、楽しみ方はピカイチ!
日本人に足りないのはこれです。

日本人に足りないもの

義務教育課程の中でしっかりと
音楽を学んできた日本人。

秩序正しく音程をキープして歌うことや
曲に合わせて、また皆で一緒に
歌うことは非常に長けています。

しかし、残念なことが二つあります。

一つは「なんとなくうまく歌う」
だけの人が増えてしまし、
本来自分という楽器が鳴らし得る、
豊かな響きをまだまだ出せて無い人が多いこと。

それなのにもう結構歌えてると思ってしまってること。

そしてもう一つは、
「正しく歌う」ことばかり注目して
楽しむことを忘れていること。

歌うことは本来気持ち良いものなんです。

綺麗に正しく歌うことも
素晴らしいことではあるけれど、

正しい音程で歌うこと
そつなく正しく歌うこと
うまい雰囲気でそれとなく歌うこと

そんなところに囚われて、
本来の歌の喜び忘れてませんか?

音楽ってそもそも

音を楽しむ!

でしょう?

楽しいから歌うのか、歌うから楽しいのか、
どっちかといえばどちらもです!
歌えば楽しくなるし、楽しいと歌いたくなる。
自分のそんな思いに素直に、
どんどんメロディを紡いでいきたいもの。

歌の本当の楽しさをちゃーんと日本人は味わったほうが良いかもですよ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる