声の出し方を見直すと心も変わってきます


 

声には魂が乗る

声には意図が乗ります。
気持ちが乗ります。
言ってしまえば、魂が乗ります。

だから私たちは、相手の顔を見なくても
元気がない様子や
怒ってる雰囲気や
悲しんでる空気を
感じることができる。

だからこそ、気持ちのコントロールがしかねるときは
声から入ってみることはとても有効。
だって声と心はつながっているから。

自分の思考を思考でコントロールするのには限界があります。

だから呼吸法で自律神経のバランスをとったり、
瞑想をして脳を強制的に休めたたりすることが
緊張やストレスを緩和させるために役立つ方法として挙げられるのです。

声もそれと同じ。

以前グループレッスンに参加してくれたこの方がこんなご感想をくれました。

私が特に印象に残っているのが

「声と言うのは、相手に誤解なく自分の想いを伝える唯一のツール。それなのに多くの人が声について知らなさ過ぎる」という言葉。

確かにそうだなーって思う

普段何気なく出している「声」
その「声」には色んな情報が詰まっているよね

電話で喋っているだけで表情は分からないのに

あっ、怒ってるんだな
あっ、疲れてそうだな
あっ、嬉しそうだな

そう分かるのは、「声」に気持ちが乗るから

だからね、自分に自信が持てないなーって言う人は、「声の出し方」から変えるという方法もあるんじゃないかな?

もちろん、由布子さんのボイトレレッスンは
ちゃんと歌う楽しさも味わえます

声が重なって生まれる共鳴ってすごく気持ち良い

 

良い声を出そうとすること
響く声を出そうとすることは

大地に足をしっかりつけてグラウンディングし、
身体のど中心を感じて軸を整えるし
身体の内部に意識を集中させてイマココを感じるし
腹をドスンと据えて、丹田をエンジン核として動かし
他はすべてリラックスしてフレキシブルである

そんな時に出てくるもの。

こういう意識を心がけていると、
自ずと地に足をつけて腹を据えて
かつゆるりとした自分でいられるような気がしませんか?

私はずっとそうやってきて、
他人軸で生きていつも人と比べていた自分から
少しずつ抜け出すことができました。

声を出すことによって新しい自分に出会えます!

 

引用元:声の出し方を見直すことで自信をつける