歌の練習に真面目な人ほど陥りやすい罠


上達したい!良い歌が歌いたい!という力み

声を良くしたい、歌が上手になりたい、

でもなかなか上達しない、という方の多くは

身体に力が入っています。

ここでいう「身体」とは、

胴体や手足はもちろん、

首周り顎、顔、舌、なども含みます。

多くの方が、力の抜き方を知らなかったり、

身体が慣れておらず使うところと抜くところのバランスが取れていないのです。

つまり、声を出すために不必要な神経回路が通ってしまってるので、

力を抜いて声をだすための

様々なアプローチをトライしていく必要があります。

 

歌う時に力が抜けない人がするべきトレーニング

 

 

しかし、トレーニングを進めていき、呼吸もリラックスしてるし、発声練習では力を抜けるようになった。

でもなかなか歌うときに力みが取れない方も中にはいます。

その多くは、

「歌おう!」と気負い過ぎなのです。

そして、歌が型にはまります。

歌が理屈っぽくなります。

つまり、聞いててつまらなくなります。

これはテクニックなどを真面目に練習するのが

いけない、というわけではもちろんありません。

 

レッスンの詳細とお申込みはこちらまで


ご感想やご質問はこちらまで

いいね!で更新情報GET

Twitter でFernandesYukoを

関連記事

  1. 講師・インストラクターの大いなる「声」の勘違い

  2. もともと歌が下手・・なおらないのか、その原因と対処法

  3. 歌う時に力が抜けない人がするべきトレーニング

  4. 声量がない原因を知り正しく声量をあげる方法。大きな声を出すの…

  5. ハスキーボイスになりたい人が知るべきかすれ声との違いと正しい…

  6. リズム感が無いのは生まれつき?あるか無いかのチェックと後天‬…