ハモるとは・・ハモリのホントの話。


日本でのハモリ文化

こんにちは、フェルナンデスユウコです。

 

この20年位でしょうか。
日本でゴスペルが流行りはじめて
いつのまにかそれは定番となり
今や不動の地位を得ています。

 

アカペラやコーラスを聞かせるグループも
メジャーシーンに出てくるようになり、
テレビでもボイスパーカッションからソロまで
ばっちりそろえたアカペラグループを
競わせる番組が人気となったりなど、
ハモりやコーラスものとして
「歌」がとても身近にあります。

 

日本では義務教育に音楽の授業があり、
その上合唱は必ず通る道。
ハモることは身近なこと。

 

これを当たり前に思っていましたが、
どうやら違うようですよ。
夫の国ブラジルでは音楽の授業は
義務教育に無いそうです。

 

よって一般的に歌が上手とか、
人と合わせるのが上手な人は少ない模様。
ブラジル人がたくさん居るライブに行くと
賑やか〜なことになってます^^

 

自分の声に集中するべきか周りの音を聞くべきか

ハモる、とは他の人の声に合わせること。
周りの声に耳を傾けることを
優先するべきのような感じもしますが、
私はそうは思っていません。

 

ハモる時はまず自分の声を安定させることが大切。
自分の声を大切に優しく発するのです。
その上で周りの音に耳を済ませ
しっかりと聴くこと。

 

その周波数ががぴったりと重なる時、
その歌は豊かで包み込むような振動となり
私達の身体を、心をも揺らすのです。

 

まず自分の土台をしっかりさせることは、
声ののみならず豊かな人生の基本でもあります。

 

人を楽しませたいなら、
まず自分が楽しむ

誰かを幸せにするなら、
まずは自分が喜ぶことをしよう

 

自己啓発などでよく言われることですが
これはハーモニーにも当てはまること。
また、自分の声が安定していない人に限って
他の人の声や様子が
気になってしまうのもよくある話。

 

まずは自分の声を大切に、
そして自分が心地よいと思う
感覚を大事にして下さい。
まずは自分を満たして下さい。
周りをとやかく言うのはそれからです^^

 

良いディレクターの居るゴスペルクワイヤーは
素人さんの集まりであっても
そのバランスがとても良い。

 

だから技術的な面はさほど高くなくても、
皆自分の声に集中しつつ楽しみ、
かつ周りの声もよく聞き
共に楽しんでいる様子です。

 

また、自分を満たした後には
余裕が出てくるので
技術的な向上心も顔を出します。

 

ただ単純な感覚で
「解放されて感覚的に気持ちいい!」
を超えて、
もっと力を抜いて振動を感じられる
「身体的な気持ちいい!」
をも求める様になります。
良い意味で欲がでてくる。

 

そこでトレーニングをして
歌う五感を働かせていくと、
当然耳も鋭くなり、
俯瞰して積み上がった音を聴くようになります。
テクニック的な要素も磨きがかかり
ハーモニー自体もまとまってくるはずです。

 

素晴らしいコーラスやゴスペルのグループの方々は、
皆、自分も満たされてると同時に
周りの声にも耳を済ませる事ができる人たち。
常にそこを目指して、我々も精進するのみです!

 

体験レッスン& 無料カウンセリングのご案内はこちら