歌が上達しない人の3つの特徴


ちゃんと練習してるのに・・・

真面目に練習をしてるのに中々上達しない方は
一定数いらっしゃいます。
 
何年も練習を続けていたのに
なかなか上達しない。
 
しっかりボイトレにも通い自主練もしてる、
なのにうまくならない、
と当レッスンに駆け込んで来た方もいらっしゃいます。

 

一生懸命練習してきた。
それなのに全く認められないって
こんなにつらいことはありません。

 
才能がない?
生まれつき歌は下手?

 
 
いやいや、そんなことはありません。
努力で自分の声が変わっていった人を
沢山みています。私もそうです。
 


 
じゃあなぜ変わらない?

練習してるのに上達しない人の特徴

 
それは、
 
1.自分の課題がわかっていない
2.やり方を間違えている
3.諦めるのが早い
 
このいづれか、もしくは全てに当てはまります。
 
 

課題と練習方法が見えていない

まず1の「自分の課題がわかっていない」

 

良い声・歌は様々な要素が絡んでいます。
楽器である身体がデザインされた通りに
機能していることや
負担が無い呼吸運動ができてること。
また、音程やピッチを操るための声帯の活動量や範囲、
音色や響きを決定付ける共鳴器官の形状と状態、
それらが複雑に絡み合っています。

楽に声を出せるための身体作りができていないのに
発声練習ばかりやっても逆効果です。
自分の課題がどこに在るかを
まずはしっかり見据える必要があります。

 

2の「やり方を間違えてる」に関しては
1の繋がりです。

例えば、ピッチが悪い状態
(発声してる音がピアノや他の楽器と合わない)
の方はとても多いですが
その場合は繰り返しの音階練習よりも
一音一音を確認することがまず先決です。

 

自分の状態に適したトレーニングをしてあげましょう。

 

根気が足りない

さて、うまく行かなかった原因と課題が確認できて、
それにぴったりの練習方法も把握した。
それなのになかなか、うまくいかない。。
 

諦めたくなるかもしれません。 
しかし、出したい声を出すための神経回路を
強固なものにするためには
それなりに時間がかかります。
 

「あ!うまくいった!」と思ったら
次の発声のときはまた元の声、、
なんてことはザラです。
ボイトレは、声と歌のために必要な神経回路を
間違った道ではなく正しい道へと修正し、
その回路を太く強固にするためのもの。
 諦めずに根気よくやっていきましょう!
 

それでもなかなかうまくいかなければ、
進めて行くうちに他のクセが
出てしまったりしてることもあります。
その場合は、また1,2に立ち戻り練習を続けること。
 
必ず、思い通りの声が出せる日が来ます!
 

レッスンの詳細とお申込みはこちらまで
ご感想やご質問はこちらまで

体験レッスン& 無料カウンセリングのご案内はこちら