ボイトレで寝ているあいつを呼び起こせ!


歌にとっての楽器はなんでしょう

声を出す、歌を歌うことにおける楽器は身体です。
声とは身体という楽器を通してアウトプットされるもの。

そして歌うということは、その身体を
フル回転させる、まさに全身運動です。

 

思い出してみよう、ボイトレの目的

そして、ボイトレの目的とはなんでしょう?
みなさんどうしてボイトレスクールに習いに行ったり
自分で練習したりするんですか?

良い声が出したいからですよね?
歌が上手になりたいからですよね??

では良い声とはなんなのか、
歌が上手いとはなんなのか、ということです。

良い声であることや、歌が上手いということは
人の主観によって変わるもの。
自分によっての良い声や上手い歌、というのを
定義する時は外野のジャッジは無視しましょう。

大事なのは、思い通りに気持ちよく歌えることです。

自分が意図したとおりの声を出し、
思い通りに歌を歌えるようになること、
それこそボイトレの目的だと考えています。

そして、そのためには、
身体全身の細かいところと自分の意識を繋げることが重要。
身体の細部とつながることが大事なのです。
楽器の細かい所まで自在に操れる必要がある、ということです。

 

身体の細部が固まってる

ボイトレをしていくと
本来はしっかり使ってあげるべき筋肉や
細かいパーツが全然動かないことに気がつきます。

楽器である自分の身体を
思い通りに使い分けられないことに気がつくのです。

例えば、歌うときには
胸の周りにもしっかり空気を入れた方が
効率良い呼吸運動ができるのですが、
肋間筋や鎖骨周りの筋肉が
凝り固まっているとそこが全く動かないのです。

無理に動かそうとすると、
肩が上がってしまったり、胸周りが緊張したりして
逆に呼吸を妨げてしまいます。

また、高い周波数のある響く声をつくるためには、
声の出口である口の開け方に注意を払う必要があります。
上の歯は8本見えているくらい口角を上げていたい。

しかし、いつもごにょごにょ小さな口で歌ってる人が
それをやろうとすると、なかなか口角を上にキープできません。
それどころか、ピクピクと口角が痙攣してしまう人もいます。
口角を上げて歯を8本見せるための
笑筋という筋肉が衰えてるのです。

 

身体の細部とつながる

このように、身体の細部と繋がるどころか
凝り固まって全く動かない人は少なくありません。
それらの筋肉が冬眠してしまってる状態です。

しかし、意識を向けて筋肉をマッサージさせることで活性化してきます。

身体の細部とつながっていく

 

しっかり胸周り、鎖骨周りに意識を向けて
マッサージをしながら「肋間筋さんー起きて~♪」と意識を傾ける。
そして、触れる筋肉がある場合はしっかりマッサージをしてあげる。

意識を向けて、「あなたは動く細胞なのだ」と呼び起こすことが、とても大切。
今まで刺激を受けていなかった細胞が呼び起こされるのです。
身体全体に意識を向けて眠っている細胞を呼び起こし繋がってみましょう。

ボイトレだからこそ意識できる身体の活性化です。
そしてそれこそが歌が上手になる近道でもあるのです!

 

レッスンの詳細とお申込みは
こちらまでご感想やご質問はこちらまで

体験レッスン& 無料カウンセリングのご案内はこちら