カラオケが作った罪


こんにちは フェルナンデスユウコです。

カラオケに一度も行ったことが無い
日本人を探すほうが大変になってきたこのご時世。

カラオケが日本で生まれたのが70年代初頭、
80年初めには映像付きカラオケとなり、カラオケボックスというものが誕生したのが85年との事。

 
小さい頃親戚の家に、8トラ?の
カラオケセットがあり、
初めて歌ってのは山本譲二の「みちのくひとりたび」
(だって演歌しか入ってなかったんだもん。)
 
 
中学生の時、ボーリング場に併設されてた
カラオケボックスに年上のいとこに連れてってもらい、100円玉入れて何度も歌った。
当時から歌が大好きな私は、もう感動以外の何物でもなかった体験。
 
{E6E796D2-BB64-4743-A4BC-F7416B518EB6}
 
今ではカラオケ店はレジャーや遊びの有力アイテム。
歌う事が本当に身近になりましたよね。
 
 
でも、そんなカラオケ文化がつくった罪があります。
 
それも1つでは無い、いくつもある。
色んな音楽家の方が様々な視点で語ってますが、私はボイトレ的視点で見ていこうと。
 
 
一つには、簡単にキーが変えられること。
簡単に原曲からキーが上げ下げできるカラオケ。
カラオケの機種によっては、
声が高い歌手の曲は、もともと一音程度
低く設定されて居ることもあります。
そして、大概の人が楽して歌いたいので
キーを下げる傾向にあります。
 
もちろんカラオケだから楽しむもので、
キーを下げることはなんら悪いことではありません。
 
でも、いつもキーを下げて楽して歌ってる事で、
 
私は原曲キーは出ない、
私は高い声が出ない、
と思い込む。
 
これが大きな勘違いを生みます。
 
思い切って原曲キーのまま歌うと
「少し大変だけど意外に歌える♪」
という事も多いものです。
これは、
何が何でも原曲キーで歌え、
と言うものではありません。
自分の声を生かせるぴったりのキーを
見つけていくのはとても大事なこと。
ただ、簡単なキーの上げ下げで、
自分の可能性を制限してることが
もったいないな、といつも感じます。
 
そしてもう1つ。
 
高い声を出してなければ、
また、出そうとしなければ、
どんどん出なくなるのも事実です。
声帯は筋肉、粘膜、靭帯で出来ていて、
声の高低は声帯の振動から起こる伸縮運動です。
 
ある一定の運動を全然しなかったら、
その筋力は低下していきます。
それと同じことが声帯でも起こります。
もちろん、正しいやり方で
筋トレしてることが前提ですけれどもね。
 
次回カラオケに行ったら、
試しに原曲キーで歌ってみてはどうでしょう?
意外な発見があるかもしれません。
ただ、お酒飲みながらのカラオケは
くれぐれもご注意を。。
http://voiceandsoul.me/column083/

 

レッスンの詳細とお申込みはこちらまで

ご感想やご質問はこちらまで