喉を痛めやすい人の特徴と対策


喉を痛めやすい人とそうではない人なんているのでしょうか

何を隠そう私が痛めやすいタイプでした。

統計をとったわけではありませんが、
私自身や周囲の経験、
耳鼻咽喉科の先生のアドバイス
そして声帯の特色や声のでるしくみを考えると、
おおきくわけるとこの三つが考えられます。
そして安心して下さい。対策もあります。

 

がなって声を出す

大きな声を出そうとして喉をしめて声をだす
人に、喉を痛めやすい人が多いです。

 

大きな声を出そうとして、
喉をグッと締めて声帯周りの筋肉を緊張させてしまい、
そこで無理に声をだすから喉に負担がかかる。

 

それを続けることで更に喉が疲れてきたり
強い張りを感じるようになったりします。
大きな声を出したければ、
大きな声を出そうと思うより
「響かせよう」と思うことが大切です。

 

 

息を強く吐く、息の量を多くする

もう一つは、声を大きくしようとして
同時に息も強く吐いたり、
息の量を増やしてしまう人。

 

息の量はどんなに大きな声でも
(ちなみに、どんなに高い声でも)
常に一定でそんなに沢山必要ではありません。

 

でも、大きな声だから息もたくさん必要だ、
などと勘違いしていたり、
うまく声のコントロールができず
息ばかりが強まってしまうと、
声帯に不要な呼気がぶつかり負担をかけるばかり。
喉も乾いてきてどんどん疲れてきてしまいます。

話しにくくなる、歌いにくくなるので、
「もっとちゃんと喋ろう、大きく話そう歌おう」
と思って同じことを繰り返す悪循環に陥ります。

 

息の量が多かったり強い場合は、
発声の練習で「マー」と一音だけ発声する
練習から始めましょう。
そこで最初の入り方がポイント。
ゆっくり優しく声を出すようにして下さい。

 

マーーー」と、
最初に勢い良く声を吐き出さなように。
いい感じのスピードでやんわり声をだしてあげましょう。

 

 

鼻が悪い

喉が痛いのに鼻が関係するの?
と思う方もいるかもしれませんが、
これはとっても大切なこと。

鼻炎や副鼻腔炎、後鼻漏、
また花粉症やアレルギーなどで
常に鼻づまり、また鼻水が出てる人は、
知らず知らずのうちに口呼吸になっています。

 

歌う時は口呼吸をしていることのほうが多いですが、
普段の生活の中ではなるべく鼻呼吸を心がけたいもの。
鼻は鼻毛や繊維質がたくさんあり、
自然と浄化と加湿をしてくれてるのす。

 

一方口呼吸は、空気中のアレルギー物質や
汚染された大気、乾燥した空気を、
バリアや防御無く取り込んでしまい
風邪も引きやすくなります。

 

また、喉はずっと乾いた状態になり
声帯も疲れやすく声を出す時にも
影響が出てくることがあります。

 

必要であればクリニックなどで
鼻の治療をしてもらう、
サプリメントやアロマなどで対策する、
など自分にあった対策をすることが大事です。

 

声帯に結節がある

大きいポリープなどがあり
喉や発声に影響が強い場合は
直ぐに気がつき対応もできますが、
小さな結節をずっと抱えてる人、
多いようです。

結節とは、声帯の粘膜にできた
コブのような節のこと。
声帯の粘膜がしっかり閉じるのを
邪魔してしまうのですね。

 

無理な発声をするとその周辺が
硬くなってしまい発声に影響が出てきます。
ハスキーボイスの人も場合によっては
結節がある可能性もあるので
気になる方はなるべく早めにメディカルチェックしてくださいね。

そのハスキーボイス、もしかして

 

私自身、かつてはがなって声をだす傾向が
とても強くいつも喉を痛めてました。
その時期に風邪を引いて結節もできてしまったことも。

その上、鼻炎や後鼻漏があり、
いまだに鼻問題には悩まされています。
鼻うがいをしたり加湿器を毎日使ったり
といった毎日のケアはもちろんのこと、
睡眠と栄養を取る、疲れを溜めない、
などの基本的な体調管理が欠かせません。

 

でも何よりも、体質的な問題は
声の出し方で大きくカバーが出来ます。
今一度ご自身の声の出し方を見直してみて下さいね!

 

ご不明な点があればこちらまで。
レッスンの詳細とお申込みはこちらまで

体験レッスン& 無料カウンセリングのご案内はこちら