歌が上達するたった一つの簡単な方法

こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子(@fernandesyuko)です。

想像以上に生活を脅かしているこのコロナウィルス。
音楽業界は大打撃です。

多くの友達や知人がライブの中止を余儀なくされています。

こんな時、音楽の力は無力なのか?
いやいや、そんなことはないですね。

音楽や歌はライブやコンサートだけではない。
いろんな楽しみ方があります。

誰でもできるのにできない人が多い歌が上達する方法

このところは、youtubeを始める人も多いようで、楽しく拝見しています^^

私も時々動画はyoutubeにアップするし、
youtubeじゃなくても、
撮影してSNSにあげること、多々あります。

これがねえ、、とってもいいんですよ。
動画を後から見てみると、
リアルタイムでは気がつかない

*歌の細かいアラ
*歌詞の聞き取りにくさ
*無駄な動き
*人前で歌うとは思えない表情
*顔の余計なお肉・・・

などなど、いろんなところに気がついちゃうんですね・・・

歌の細かいアラだけでも

音程やピッチはうまくいっていたつもりでも
微妙に低さや暗さを感じる箇所があったり、
音程差があるところはひっかかってたり
音の長さが短すぎて味気なかったり
長すぎてしまりがなかったり
ビートの打点が大きすぎてダサかったり
リズムを感じられなかったり
クレッシェンドが激しすぎてハウリングしていたり

 

とにかく数え切れないほどのことに気がつくでしょう。

歌詞が英語となるとまた大変!
滑舌の悪さやこもり具合も、
録音や動画を見て初めて気がつくこともたくさんあります。

 

人前でライブをする、したいなどでしたら
見栄えにも注意したいところですが

かっこつけててかっこわるい無駄な動きとか
やりすぎ・やらなさすぎのバランス
ありとあらゆることが気になり出します。

これが本当に勉強になるのです。
歌を上達させたかったら、動画撮影をやらないてはありません。

 

当教室には、すべてのメンバーの方に「毎月の動画チェックサービス」を提供しています。

レッスンでやっててもやってなくても
自分の歌を動画や音声を送って頂き
そこに赤ペン先生的にアドバイスを送るサービスです。

ただ、利用する人って限られてるんですね。
無料のサービスなのにやらない人のほうがどちらかというと多いかな。

みんな恥ずかしいんだよね。
そんな自分の姿、見たくない。
ただ、自分と私が見るだけなのだけれど、それでも恥ずかしいのです。

気持ちはわかりますよ。よーくわかる。
私もそうだった。
音声でさえ聞きたくなかったです(笑)

 

でもこの壁を越えると、歌の力はメキメキアップします!

会員の皆様もそうでない方も、
まずは自分がみるだけ、、
それでもいいから撮影してみてください。
いろんな発見がありますよ!

 

そして慣れてきたら勇気をだして
SNSにアップなども目標にしてはどうでしょう。
実際にやるかは別として、ね。

直視できないほど残念だった自分の歌を
SNSやyoutubeにアップしようとなると
「どうやったら良くなるんだろう」
と考えるようになります。

これが大事。

そして気になるところは即座に修正を試み
なんども繰り返し撮影してはチェック、再撮影を繰り返します。

私自身、ソロにしろユニットSOSにしろ、
動画をアップする時は数え切れないほど撮影をします。

そして一番良いものをチョイスするの。

ここで大事なことは
「完璧」を求めないこと。
「完璧」を求めたら
絶対に一生投稿できません^^

 

誰に何を言われようと、
それを想像して不安になろうと、
今の最善を尽くすのみです。

「完璧」な姿なんてものは、
どんどんレベルが上がって来るものです。

今まで100を完璧と思って見たけれど、
99にたどり着いたその時には、
それまで見えていなかった150が見えて来る。

だから、今できる限りの練習と
工夫を重ねベストをつくす。
そうすれば必ず今の「最善」が見つかる。

その「最善」は落とし所、とも言います(笑

こう言う時は肩の力を緩めていくのも大事だからね^^

「最善」の粗探しをして眠らせておくよりも、不安ながらも今の「最善」を人前に晒そう。

そちらに向かう方が何倍も自分の力になります。

ただその「最善」と思っていたものは、
それがたとえ投稿されてたった15分後でも
「いやー!こんなはずじゃなかった!!」とか
「もっとこうすればよかった!」とか
思うものでもあります。

でもここが伸びしろ。

客観的に見て気がついた自分の耳がまた一つ育つ時です。

私も、
「これはうまくいった!!」
と思うより
「もう今はこれが私だ!!!」
と観念して投稿することが多いです。

そしてほんの数分後に
「いやー!!やっぱここ違う!!」
と思っています(笑)

でもいいのだ。

そうやって自分を育てて行こう!
私も頑張ります!

これ以上でもない、これ以下でもない今日の私です。

 

■無料メール講座はこちら
■お得なグループ体験レッスンはこちら

いいね!で更新情報GET

Twitter でFernandesYukoを

関連記事

  1. ゴスペル教室に入りたい初心者の方におすすめの選び方や疑問あれ…

  2. ボイトレの効果が出る期間は?効果が出ない原因と上達ポイント

  3. 表現力っていったいなんですか?

  4. 歌はまさに心技体

  5. 【プロボーカリストに学ぶ】ライブや人前で緊張ほぐす5つの対策…

  6. ちゃんと評価されたいのだ!