人の心を動かす歌を歌いたいなら忘れちゃいけないこと

こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子です。

最近玉置浩二さんにハマっているところです。ファンクラブ入るかも♡

繰り返し彼の歌を聴いてきて改めて思ったけれど、
人を泣かせる歌、感動させる歌を歌う人はヤッパめちゃくちゃうまいんだよね。

え?あたりまえ?

いや、そうなんですけれどね。
違うのよ。本当にうまいのよ。

「歌はテクニックじゃない」という人。
テクニックに頼れない人が言い訳として、
「感動させる」を使うのはもうやめましょう。

感動させる歌を歌う人の裏側

声と歌のクオリティが超絶ハイレベル

時々歌がうまい云々の話になると、
「テクニックがあるだけ」とか
「心がこもっていない」とか
っていう話が出てきます。

確かにうまいだけで感動しない人もいますね、
でもそういう人の歌のうまさ、と玉置さんのような人の歌のうまさは実は雲泥の差ですよ。

声帯の運動能力も共鳴器官の使い方も呼吸のテクニックも
超絶半端なく最高のクオリティでキープされてますよ、ほんと。

これはある程度天性のセンスで備えられてるひとも、努力でそれを掴んだ人も
両パターンあると思うけれど、日本一のボーカリストと言われるほどの玉置浩二さんだったら
きっとトレーニングと言うか、自分の歌の分析や研究はすごくしてるんじゃないかな。

玉置浩二さんの声の深さ

最近の玉置浩二さんの声が他の歌手と大きく違うのはやはりその「声の響きの奥深さ」でしょう。

周波数が多いといか、倍音が多いというか、
深い所まで鳴っていて、
鼻腔の共鳴腔も、口腔内も咽頭内も、
ものすごく広くキープされてるような声。

若い頃よりも深みがずっと増してます。

自由自在に操られる表現力

そして、歌の中にこめられた表現力もものすごい幅が広いし声の音色も非常に色彩豊か。

たとえば、

*高い声で声量をあげる所と下げるところを使い分けている
*出る音域でも敢えて裏声にしている
*出だしの声がビブラートかかっていてその後はまっすぐのロングトーン
*逆に、ロングトーンの途中からビブラート、、そして空気混じりの声になり消えていく語尾
*一つの単語に対する音の減衰の細やかさ
*ウィスパー系ボイスから突然声密度が上がり張った声になる

ざっと上げるだけでもこれくらいあるんですけれどね
これって超絶難しいことですからね!!

トレーニングしていなければ
*高い声になると声も大きくなっちゃう、
*一度ウィスパーボイスになったら中々張りのある声に戻れない
*ビブラートとまっすぐなロングトーンの使い分けができない

普通はそんなもんなんです。

 

テクニックを駆使してる意識は無い

でも、玉置浩二さんのように超絶スーパーテクニックを持ってる人が
ライブなどで歌いながら
「次は裏声にして、、」
「ここはロングトーンからビブラート、、」
とか、意識して歌っているわけではないはずです。

そんなことを考えなくても「自分が思いを込めて歌う」となった時に
そのために必要とされる筋肉や細胞が勝手に微調整されてピッタリの表現力が自然と出てきてるのです。
「どんな思いで歌うか」という一瞬のチョイスがその人の「味」なのでしょう。
普段からのトレーニングが自然と現れてくる、ということですね。

玉置さんは経験も豊富なようだし^^、鋭く細やかな感性や想像力も加わって
あのような素晴らしい歌になるのだと思います。

歌のテクニックが無い言い訳

アンチボイトレ派にありがちな言い訳

実際ライブなどを自分でやっている人でも
「テクニックに頼りたくない」と言って
特にトレーニングなどをせず思うがまま歌ってる人がいるんだけど

それ言い訳ですよ。

玉置さんの歌を聴いて改めてそれを思った。

クオリティの高い声や歌をキープ出来ない人が
「人の心を感動させるのはテクニックじゃない」と言い訳して逃げてるだけです。

いくら「思いを込めて歌おう!」と思っても
そのために必要とされる筋肉や神経回路がつながってなければ
声はその通り出ることはありませんから。

こちらもご参考に。

 

下手でも感動する歌

とは言えね、全然テクニックが無くても
人を感動させる歌を聴くことも、あるにはあります。

その多くは、
曲や歌詞の良さ、またその歌を歌うバックグラウンドやその歌手の生い立ちといった
歌の背景にあるものを知りトータル的な視点で感動を得ているかな、と思う。
それはそれで素晴らしいことです。

一方、何もかも超越して感動することもありますね。
私は美輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」やビートたけしさんの「浅草キッド」
を初めて聴いた時は、いやあ、感動しましたね。

美輪さんはトレーニングされてるでしょうし、
たけしさんもとても上手でもありますけれどね。

様々な経験を積んで人間的な深みを増すと、テクニックがどーとかはどうでも良くなりますのも事実。
ま、このお二方のような人はそうそういないでしょうから、人生経験とトレーニングを私たちは重ねるのみ、ですな^^

 

体験レッスン詳細はこちら

 

関連記事

  1. プロとアマの意外だけど大きな差

  2. 紅白2017のSuperfly から見る歌の上達のヒント