なぜ韓国人は歌が上手いのか?そこから盗む上達方法


骨格や体型、DNAの違いを
「あの外国アーティストのように歌えない」
そんな言い訳にする気はさらさらありません。

でも、例えば、
アルコール消化酵素がモンゴロイドだけ低いというような「違い」があるように、
楽器である身体や骨格が異なることや、
日常使いの言語や取り巻く環境が異なる以上、
歌や声にも「違い」は間違いなく出てきます。

 でもそこを嘆くのではなく、
違いを知り自らの声を良くするヒントを
どうにかして探ってみること。
歌が上達するヒントの一つが
そこにもあるように思います。

お酒を飲む前に日本人が特定のサプリに
救けを求めるように、
何かしらの対策、あるんじゃないかしら??
 

同じアジア人の韓国人はなぜ歌が上手い?

昔から思ってましたが、
韓国人は歌が上手い人が多いです。
(もちろん個人差はありますし、ステレオタイプで見てるわけでもありませんが、平均的に、です。)

アイドル的な若いビジュアル重視の女子達も
俳優活動がメインのイケメン達も
歌ってみるとああ、びっくり、
声の響きは良いし、ビート感にも長けてて
非常にレベルが高いです。
(実はかつて韓流にハマってましたw)

我がコーラスユニットSOSの不動のセンター、
KAJIKは韓国人です。
SOSのライブに来たことある人は
皆彼女の深い響きのある声に驚きます。
そして英語はほぼ話せないけど、
なぜか発音もよくリズムの刻みも良い。

やっぱり血かな〜〜なんて思ってたりしましたが、
ボイトレを指導する立場になり、
色々研究して理解を深めたくなりました。
そこでKAJIKに聞いたのですが
その秘密はハングルにあるようです。

 

韓国語の発音の特徴

ハングルの日本語との大きな違いは、
子音と母音の数です。

子音19個、母音はなんと21個もあるそう。
日本語は、子音は数え方によるけど16個ほど、
母音は5つ、ですね。

 ネットで調べると、韓国語は、他にも
日本語とは異なる様々な特徴があるのですが、
ここはリアルな声が大事!
KAJIKに細かく聞いてみました。

その中で大きな特徴として感じたのは、

*喉をグッと使って出す音がある
*喉を下げて出す音がある
*子音が強い感覚がある

ということです。

 

学べ盗め!韓国語の発声

喉をグッと使う音というのは
無理して締めるのでは無く、
息漏れの無い、声帯を厚く使った音
を出せるということです。

KAJIKの、芯のあるエッジが効いた
声の音色と関係するように思います。

息漏れした声の強い人は
喉の閉鎖が足りません。
しっかり閉じる感覚をつかむ必要があります。

喉に手を当てて、口を開けて息を吸い、
はい、一度息を止めてみて下さい。
そうすると、何かがヒュッと閉じる感覚を得られる
と思います。これが喉の閉鎖です。
地声で歌うときはこの感覚が必要です。

また、喉を下げる感覚とは、
よく言われる喉が開かれる感覚です。
ここが開くと咽頭共鳴空がうまく使われ
響きが良くなります。

感覚としては、あくびした時の喉の開きが近いでしょう。
でもここで注意すべきは、喉を開いたときに
同時に口角が下がってしまわないようにすること。
音色やピッチが暗くなります。

また、喉を下げる感覚は、舌に力を入れて
口内を開く(風に見せかける)ことでありません。
ここは注意が必要です。

また、子音に対する当たりの強さ、
これは滑舌や発音が的確で、
ピチッと当てたい音に当たるようになること、
つまりリズムやビートがクッキリしてくるのです。

KAJIKのビート感はここにも関係していそうです。

 

いかがでしょう?
ここは完全な私の独断と偏見による見解ですが、
こう見ると、国や言語、環境による違いを
嘆くのではなくて、むしろ真似できることが、
たくさんある気がしませんか?

身体的に同じような特徴を持つ
アジア人の韓国語を例にとりましたが、
これはどんなことにもきっと言えること。
言い訳にするのはなんでも簡単です。

違いを知りそこから何を掴み取るか!
その視点が自分自身と自分の歌を成長させる秘訣にもなるでしょう。

 

レッスンの詳細とお申込みはこちらまで


ご感想やご質問はこちらまで