カラオケで歌は上達するか


 カラオケでいつも練習してます・・・

歌が少しでも上手になりたい、
思い通りに気持ちよく声を出したい
人の心に刺さる歌を歌いたい

今この記事を読んでくださってるあなたは
きっと一度ならず二度三度、
そう思ったことがあるでしょう。
だから、このページにたどり着いてることと思います。

 

そして、ひとたび

じゃあ、練習してみよう!
そう思った時、何をしますか?

ボイトレスクールをチェックする
自主練方法をググる
ボイトレの本を買ってみる
などをトライしたり、
また、中には、
カラオケで練習する という人もいるでしょう。

当レッスンにいらっしゃる方に
「いつもどうやって練習してる?」と聞くと
「カラオケで練習しています」
と答えるかた、少なくありませんからね。

 

カラオケに足りないもの

私自身はカラオケでの練習を
もちろん『否定』はしません。
後述しますが、その場がちょうどいい、
という段階もあります。

しかし本格的な練習には向きません。
足りないものがいくつもあります。

 

ストレッチのための空間
初心者の方は特に、歌の土台である身体の使い方に
改善ポイントがある事がほとんどです。

そのために
ストレッチで眠ってる筋肉を呼び起こしたり、
姿勢の確認をしたりする必要があります。

それが出来るくらいのスペースが必要なのですが
当然カラオケにはありませんね。
そして、あの狭い部屋には開放感もありません。

 

音を確認するための鍵盤
いやいや、では、広い部屋を借りればいいよ、
と言いたい方もいるかもしれませんが、
カラオケにはキーボードやピアノがありません。

身体作りができて、さあ発声をしよう、となった時、
きっちり音程やピッチのズレがないかを確認するには
絶対必要なものです。

 

これ抜きでトレーニングはできません。
もちろん、音がわかれば
小さいキーボードでも構いませんよ。

 

姿を確認するための鏡
広い部屋を借りて
なんとかストレッチしたり姿勢を整えても、
それを確認するためには鏡が必要です。

また、発声をしたり歌を歌ったりしていくと
姿勢がどんどん崩れてきたりするので
逐一チェックすることが大事。

同時に、声の音色に大きく関わるのが表情です。
口角が上がってるか、歯が見えてるか、などを
確認する必要があります。

鏡は、トレーニングに欠かせないものなのです。

 

 

 

カラオケにあるけど不要なもの

 

逆に、カラオケにあるけれど
歌の練習には不向きな要素のものがあります。

 

BGMなどの余計な音
カラオケの部屋にはテレビ画面がありますね。
歌を歌わない時も、そこの機械からは
BGMが流れています。

 

お店によっては
消せないところもあったり
部屋の外のBGMが大きくて
部屋にも聞こえるところもあります。

 

また、意外に聞こえるのが、
近くの部屋の人の歌声。

 

これらのものは自分の練習には
ただのノイズです。
集中力がキープできません。

 

マイク
基本の練習は他の場所でやるから、
曲の練習はカラオケでやりたい!
そういう人は少なくありません。

ただ、ちょっと気をつけて欲しいのは
カラオケのマイクは
エコーが高めに設定されてるし
狭い部屋に響いて、
なんだか歌えるような気にさせるものです。

あまり声がきちんと鳴っていなくても
鳴ったような気になります。

 

また、豊かな表現力につながる
繊細な音色までは拾いにくいので
表現力の練習には特にオススメできません。

 

注文
思い切り集中して発声したり歌ってる時に
お店の人が入ってくるほど
集中力が妨げられるものはありませんよね。
恥ずかしくなって一度ストップすることがほとんどです。

 

このようにカラオケには
集中力を妨げる条件が揃っています。

 

足りないものばかりだし
集中力は続かないし、、
じゃあ、カラオケでの練習は一切だめなのでしょうか?

 

カラオケで練習するメリット

本格的な練習に関しては
カラオケにはメリットは感じられないのが正直な所。

 

ただ一つあげるとしすれば

敷居の低さ。

 

スタジオ借りるほど本気で
トレーニングしてるわけではない、
また会員になって自ら練習するには
ちょっと緊張する、遠慮しちゃう、と思う人もいます。

一方、この時代、
一度もカラオケに言ったことが無い人を
探すことのほうが難しいほど、
カラオケは私達の身近にあります。

より気軽に、訪れやすいのは確かですね。
これを上手く利用しない手はありません。

 

カラオケで練習するならば

現在カラオケは破格の安さですが、
個人練習するためのレンタルスタジオも
一時間1000円程。さほど変わりません。
本格的な練習はぜひスタジオでトライしてください。

 

でも、場所や地域等、条件、
そして気持的な問題で
どうしてもカラオケでしか練習できないならば、
上記のデメリットをしっかり認識して練習しましょう。

言い訳をしてトレーニングしないよりは
ずっと良いですからね。

足りないものは自分で工夫して補って下さい。

 

完璧とはいえませんが、
鍵盤はスマホのアプリで代用する、
スマホのカメラを自撮りモードにして
表情を確認する。。。等々。

それでも出来ないことはありますから
上手く自分で調節してみてください。

 

また、歌は好きだけど、恥ずかしい、
もう何年も歌ってない、カラオケも行っていない、、
そういう方への第一歩として、
カラオケは手軽で良い場所とも言えます。

 

私の生徒さんにもそういう方がおりました。
基礎的な練習を終えてしばらくしてから、
一人カラオケに行くようになったとのこと。

声を出すことに慣れて
歌の楽しさを思い出してきたようです。

ただ、この場合は
喉や身体に負担をかけない
正しい発声ができるよう
知識を入れておいたほうが良いですね。

 

また、レッスンで学んだものを
ちょっとカラオケで試してみる、、
というのも自分の進歩を感じられるかもしれません。

参考記事
感動の一人カラオケ

 

場所や環境に文句を言って
練習しない言い訳にするよりは
まずは声を出し練習することが第一歩!

メリットもデメリットもよく認識して
自分にあうやり方で練習を続けてくださいね。

 

レッスンの詳細とお申込みはこちらまで
ご感想やご質問はこちらまで

 

specmihey / Pixabay