男の子と女の子の変声期

思春期を迎える子供たちの声

私は子供はおりませんが、
ライブやイベントで触れあったり
子供向けライブもよくやるので
子供の声にはとても敏感です。

 

子供の声は波動が高いのでしょう。
聞いてるだけで泣けてきます。

 

そして、少し成長すると
誰にもやってくるもの。
第二次性徴期です。

 

思春期の男の子や女の子は第二次性徴期に
ホルモンバランスが新しいタームに入り、
心も身体もいろんな変化に見舞われて
戸惑うことがとても多いことと思います。

 

女の子は胸が膨らみ初潮を迎えて、
男の子は少し遅れて骨格が変わり
身長も伸びて急に男らしくなる。

 

そんな思春期において
変化が著しいにも関わらず、
思いの外ケアされていないのが
声変わりではないでしょうか。

 

初潮や男女の性の話や、
身体と心が変わっていくことは
学校でも家庭でも地域でも
学びの機会はたくさんあります。
しかし、声に関しては驚くほど
ないがしろにされてる。

 

うーん、やっぱり声って注目されないのねっ!
自分を伝える唯一のツールなのにぃ〜!

 

声変わりとは

声変わりの時期は個人差がありますが、
ホルモンバランスの変化による、
体重や身長の増減に伴って、
声帯を覆う軟骨が大きくなり
そのため声帯が伸展する。
つまり声帯が長くなって行き、
出る音の高さが変わっていく、、
というのがそのしくみだそう。

 

そして、男の子の変声期は
とてもわかり易いものですが、
実は女の子にもあるのですよ。

 

ただ、女子は非常にゆるやかに
その伸展が行われるので、
さほど神経質になる必要はありませんし、
おそらく自覚することもないでしょう。
影響もほとんど無いと言われてます。

 

男子は短期間で急激な変化があり、
声帯の長さが倍近くなり、
1オクターブ声が低くなるんです。
(女子は2,3度程度です)

 

簡単に「倍の長さ」と書いたけれど
これは結構大変なこと。
自分の腕が突然2倍の長さになったら?
また、今までウクレレを弾いていたのに
突然ギターを渡されたら?

 

今までと同じように扱っていては
上手くその運動能力も発揮出来ないし、
その楽器の音色を最大限引き出すことも、
到底出来ないでしょう。

 

同様のことが、
目に見えない自分の体内で
起こってるですから、
思春期の男の子たちは
大きな戸惑いや不安を
感じているのではないかなあ、
と思います。

 

声変わりの時期に
裏声と地声がいつも入り混じって
声が聞きにくくなっていたり、
声が出にくい、と言って、
あまり話さなくなってしまった
男の子の同級生もいました。

 

だからと言って、
無理して声をだしたり
頑張りすぎるのは禁物!

 

この時期は声帯は伸展しながら
むくんだり充血したりしてるので、
ここで無理をすると声帯に負担をかけ、
追々もっと声が出にくくなったり、
なんらかの問題を引き起こす
可能性も出てきます。

 

小学校でも音楽の授業は
専門の先生がいるわけですから
無理して声を出させることは
ないと思いますけれど、
ご両親は、息子さんが
お家でも無理しないよう
しっかり見てて上げて下さいね。

 

このことで声が出にくくなったり、
歌が嫌いになってしまったら
あまりにもったいないです。

 

声は自分を伝える唯一のツール。
そして思い通りに声を出して歌えることは、
豊かな人生につながります。
早いうちから声を大切にしましょう。

 

レッスンの詳細とお申込みはこちらまで
ご感想やご質問はこちらまで

体験レッスン& 無料カウンセリングのご案内はこちら

関連記事

  1. 声の基礎、何が大事?

  2. 愛の告白は良い声が出る◯◯の時にせよ

  3. 伝達ツールとして誰もが知っておきたい声の正体