歌うから楽しいのか楽しから歌うのか


環境で歌の上手い下手は変わる?

歌の上手い下手や表現力に国民性があるか否かと言えば、
国民性というよりは人それぞれであるだろうけれど、
環境要因というものは多大に影響してます。

最近の日本人には、ひっくり返るような歌を歌う人ってほとんどいない。
特に若い世代は。皆それなりに上手です。

私のような昭和世代は、
校内の小規模なものであれ、大きなものであれ
学生時代に合唱コンクール的なものを経験してない人はいないでしょう。
皆で一緒に声を揃えて歌うってことに慣れています。

そしてそのあとに発展していったカラオケ文化。
密閉された空間とはいえ人前でマイクを持って歌い始めた日本人。
音程通りに歌うことはさらに得意になってくる。
だから平均して上手な人が多いのでしょうね。

 

韓国の方々の一例

以前ウェディングシンガーをしていた時、
よく韓国のご家族の方のお祝いの席に呼んでいただいたのですが、
彼らが(素人さんですよ)歌う時、音程も安定してるのだけど、
めちゃくちゃ情緒豊かに歌うのです。そして踊りだす^^

情緒の豊かな国民性と関係してるでしょう、これは。

 

さて、私の夫の国、ブラジルはと言えば・・・

ブラジル人ってね、歌が得意じゃない人が多い、、
音程があまり安定しない、、というのがピッタリの表現。

もちろん全てじゃあ、ありませんよ。
有名な歌手は超絶上手な人ばかりです。
ただ、一般の人の平均は、日本人のようではないってこと。

これはブラジル好きや、パートナーがブラジル人という
友達と話していつも一致することですが、

音が外れてきたり、
違うキーになってしまう人が多いのです。
うちの夫も然り^^
(彼を知ってる人は内緒にしててください(笑))

私はよく家で歌を練習したり、
そうでなくてもただ歌います。
で、知ってる曲だったりすると、
彼も楽しそーーに一緒に歌ってくるんですけど

だんだん、
・・・
・・・

ものすごくずれて来るんです!

しかも、ぜんっぜん違うキーになってるしっ!!

ってなるんですよ。

メロディラインは、まあ、ほぼ同じ、なんだけど
少しずつ音が下がってくる。。
そして結果、全然違う歌になってるという・・

でも、、めちゃ楽しそう・・・^^

また、私はよくブラジルイベントとかに行くので
ブラジル出身の方々が大勢いる場に居合わせることも多いです。
イベントでサンバだったり、有名な曲がかかると
みんなすぐ歌って踊りだします。

その時も、声が、音が、てんでバラバラなことが多いです。
全然合ってない(笑
みんな好きな音程で自由に歌ってる。
そして、、やっぱり、めっちゃ楽しそう^^

 

ブラジルの音楽教育

実は、一般的な公立校では

ブラジルには学校教育としての
​​​​​​​音楽の授業がないそうなのです。
もちろん合唱なんてやったことない。

人と合わせて歌う、音程を正しく歌う、
ということを習ってきていないわけです。
(今の子供達はわかりません。今30代、40代の世代はそうらしいです。)

慣れていないし経験もない。
だから音をよく聞いて正しい音程を踏んでいくことが
ちょっぴり苦手なのだろうと思います。

でもさ、楽しみ方はピカイチ!日本人に足りないのはこれです。

 

日本人に足りないもの

義務教育課程でしっかり音楽を学んできた日本人。
秩序正しく音程をキープして歌うことはとても得意です。
綺麗に正しく歌うことも素晴らしいことではあるけれど、

正しい音程で歌うこと
そつなく正しく歌うこと
うまい雰囲気でそれとなく歌うこと

そんなところに囚われて、
本来の歌の喜び忘れてませんか?

音楽ってそもそも
音を楽しむ!

楽しいから歌うのか、歌うから楽しいのか、
どっちかといえばどちらもです!
歌えば楽しくなるし、楽しいと歌いたくなる。

自分のそんな思いに素直に、どんどんメロディを紡いでいきましょう!
歌の本当の楽しさをもう一度味わって下さいね!