いまこそバカの壁をたたきこわせ!

こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子(@fernandesyuko)です。

心が休まらない日々が続いています。
それも世界中で。

皆さんはどう過ごしていますか?
私は色々考えながらも穏やかに過ごしております。

3月末から少しずつレッスンは振替など含め
フレキシブルに対応していました。
レッスン前の体調チェックや
除菌対策などもできる限りやっておりました。

が、グループレッスンは4月は全て
オンラインレクチャーにすることは早々決断。

プライベートのレッスンは
様子を見て進めようと思ってましたが、
だんだん雲行きが怪しくなり
4月中は休みにしようか悩んでいたところ・・

緊急事態宣言の会見中にいつも使用しているスタジオから、5/8まで休業するという連絡がありました。

ということでそれまで全てのレッスンが行えません。

振替かお休み、もしくはWEBレッスンという
代替え案を生徒さんに選んでいただくことになりました。

 

こんな対応を考えるなんて、
レッスンを始めた頃のオプションに
もちろん全くなかったこと。

戸惑いながらも想像力をフル稼働させ、
くふうをしていくしかないかな、と思っています。

 

もちろんこれはレッスンに限らずです。
誰もがみな、経験したことのないような状況に身を置いている真っ最中。

どれがベストの方法かなんてわからない。
もちろんマニュアルなんてない。

そんななか、少しだけでも
明るく元気に過ごすために
穏やかな気持ちを保つために
自分らしい楽しみを忘れないために
経済や社会を最低限でも動かすために
自分や、大事な人達の健康を守るために
ふさわしい情報を取りこぼさないために

ああでもないこうでもないと、
遥か昔に蓄えたはずであろう知識や経験を
脳みそこねくりまわして思い返してみたり
玉石混合の口コミやネットの波を駆けずり回ったり。

試行錯誤をして時に失敗しながらも、
今できるベストを探してる。
誰もがそんな風に過ごしてるのではないでしょうか。

 

そんな時、ジャマになるのは、
「できない」という思い込みです。
「バカの壁」と言ってもよいかもしれません。

今までは、自分の理解の外のもので
「私には関係ない」「私にはできない」
と思ったままでも問題なかったバカの壁が、

この様変わりした世界においては、
そのままでは通用しないことも
目の当たりにすることになりそうです。

 

例えばネットやデジタル関係。

便利すぎる世の中を好まない人も
アナログであることに誇りを保つ人もいる。

もちろんそれはそれで良いことと思う。

しかし、誰もが共同体の中で
他人と共存するのが当たり前の現代で
人と会うことが制限されてしまったならば
デジタルアイテムも「関係ない・理解できない」のままではいられなくなります。

仕事に置いても情報においても
人との繋がりにおいても、
(クオリティは今回さておきですが)
SNSや付随するネットサービスといった
デジタル化された便利なアイテムを使いこなせる人や

数多ある情報を取りこぼさずに
(できるだけ偏らずに)入手できる人が
こんな時でも今までと変わらず、
もしくはそれ以上に、しかも新しい形で、
求める世界を実現しているようにも見えます。

結果的に「そういのは好きじゃないの」と思うなら、もちろんそれでもいい。

でも、そこにはバカの壁がないのか、
思い込みという鎧をまとっていないのか、
私たちは常に振り返って置いた方が良いのではないか。
そんな風に改めて思い直しました。

 

先日、お師匠とのメッセージのやり取りで、
「ユウコさん、それはバカの壁だよ」
と指摘されたのも、この状況を思い直したきっかけの一つ。

私がサイトやHPのデザイン的なものに対し
自分で自分のことを「センスがない」と、
口癖のように言ってしまうのですが
この日もそうでした。

自信がないけど努力しない言い訳に
「センスがない」と思い込ませ、
「これは私にはお手上げのもの」
「これは理解できないもの」
と、自分で勝手に刷り込んで、
自分で世界を狭めていました。

それのが楽なんですよね。
エクスキューズの準備なんですよ。

言われてすぐ、「ぎくっ」としました。
意識していたわけではないんですけれどね。
お師匠はお見通しだったわけです(恥)

しかし、これからレッスンも
WEB化に力をいれることになりそうなのに
デザイナーさんに毎回頼むわけにもいきません。

私はバカの壁をぶっ壊して、
あたま使ってこころ砕いて
工夫してあたらしいことに取り組みたいです。

きっとそれの方が数倍楽しい。

 

今挙げたような「デジタル化」とか
「デザイン」だけではなく、
もっともっと身近なことでも
バカの壁っていっぱいある。

自分が好きじゃないと思っていたこと
理解できないと思っていたジャンル
苦手だと思い込んでいた作業
わかりあえないと思っていた人・・・

壁を壊せば突破口は色々あるはず。
うまくみつかれば、もっと楽しく豊かな日々を送れるのではないかな。

ちなみにもう一つ、私のバカの壁は
料理・裁縫関係です。

お料理は色々トライしたけれど
やっぱり・・・あまり好きじゃないことがわかった(笑)
(というか、時間があってもそこにそれを費やしたくない)

でも美味しいものは食べたいから、
バーミキュラーという超強力な助っ人に毎日手伝ってもらっています。

鶏肉と玉ねぎと野菜とハーブをポンポン入れてほったらかしでもすっごく美味しくなるー!

お裁縫は・・・
全体としては使えないけど
パーツを再利用して新しいものにするのが楽しそう、、
と、友達に時々ミシンを借りたりしています。
超雑だけどw

まずは簡単なところから
あたま柔らかくして一つずつ
やってみましょうよ。

時間はたっぷりあるんだからさ。

■無料メール講座はこちら
■お得なグループ体験レッスンはこちら

いいね!で更新情報GET

Twitter でFernandesYukoを

関連記事

  1. 誰の人生を謳うのだ

  2. 願いが叶うのは魔法じゃない

  3. 他人の視線では無くプロセスの中で自分の歌を育てるのだ

  4. 良い歌には豊富な恋愛経験が不可欠なのか?!

  5. 2018年6月26日(火)15:13 兄を見送った。

  6. ただうまい歌とかっこいい歌の違い