思い込みを放ち
自分の声の歴史を探る
カウンセリング

カウンセリングの目的

カウンセリングの主な目的は3つ。
一つは自分自身を勝手に縛り付けていた思い込みから解き放たれること。

今と未来の自分へとつなげていくために、多くの気づきを得てください。

そしてもう一つは、自己分析の力を上げること。
自分を客観視し分析する力はボイトレをしていても役に立つことです。
それは当然パフォーマンスにも影響を及ぼします。カウンセリングを通して、ぜひその力を養ってください。

そして、3つ目。
自分自身の声の歴史の跡を探訪してください。
今の自分の声が、どのような経験を通して
形づくられていったのか、を知ること。

その発見が自分の中の常識を覆し
新たな気づきを与えてくれるはずです。

育った環境・家庭環境

Q1:ご出身はどちらですか?
Q2:ご両親の出身は?
Q3:育った家庭での言語環境はどのようなものでしたか?(両親の出身等)
Q4:引っ越し、転校、留学など、子供の頃から現在に至るまでの言語環境の変化はありましたか?
Q5:その変化の時に起こった出来事で印象的なものはありますか?

声や発声は環境の影響を受けて形成されていきます。
家庭内で使われている方言や
家庭環境によって特徴づけられていきます。

関西方面の方は鼻にかかりやすい特徴があったり、
寒い地方の人は口が開きにくいと言う地域性もあれば、
厳格な父親の元で育ち大きな声で話すと
怒られたので大きい声が出せない、と言う人もいました。

生まれつきや遺伝ではない環境的要素を紐解いてみましょう。

過去を振り返ってみる

Q6:人間関係の変化、転職などの環境の変化はありましたか?
Q7:習い事、お稽古ごとはしていましたか?
Q8:部活動の経験はありますか?
Q9:歌や音楽を好きになったきっかけは?
Q10:人前での歌う、演技する、スピーチ等のパフォーマンス経験はありますか?
Q11:その時の成功談や失敗談、人に言われて印象深いことを思い出して下さい。
Q12:自分の声に変化を感じたり、意識をしたことはありますか?
それはいつ頃、どんなきっかけからでしょう?
Q13:好きな歌手やパフォーマー、影響を受けた歌手やパフォーマーは誰ですか?

自分の過去を振り返ると、今の自分の声の悩みや
コンプレックスの原因が見えてくることがあります。

母親に音痴と言われたことがある。
学校の音楽の授業で1人で歌ったら皆に笑われた。
ピアノの発表会で頭が真っ白になって
逃げ出して以来人前で発表するのは大の苦手。

全部実際のカウンセリングで聞いた話です。

でも、もうそこから自由になってもいいはず。
不用意な大人たちの言葉からもう解き放たれましょう。
そして、それらの思い込みを覆す事実を
トレーニングをしていくうちに確認できるはずです。

現在の自分をチェックしよう

Q14:運動経歴を思い起こして下さい。
Q15:ここ数年で大きな体重や体型の変化はありますか?
Q16:現在鼻炎や花粉症などのアレルギーや怪我、などはありますか?
Q17:今の自分の歌を録音したり動画で撮影してみましょう。

現在の自分を確認しましょう。
鼻や口腔内の持病は想像以上に発声に影響を与えますし、
また長年の癖などでまっすぐの姿勢を保てないとなると、
自分という楽器の形に関わるところ。

もちろん、これらの問題があるから歌えない、
ということではありません。
しっかり対策を練って、改善できるところは改善をして、
最高のパフォーマンスができるようにしましょう。

また、体重の大きな増減は、
今まで当たり前のように行なっていた発声が
同じ感覚ではできなくなる可能性があります。

楽器のサイズが極端に変わったら
弾きにくくなるのは当然ですものね。

痩せすぎてお腹が支えられない、
急に太ってしまい口腔内にも肉がついて
声がこもるようになった、、
などなど、、自覚をしておく必要があります。

そして、現在の自分歌ってる姿を撮影し、
動画チェックするなども大切なこと。
姿勢や表情などの視覚情報はもちろん、
客観的に聞いて歌や声はどうか、
恥ずかしくても確認すること未来へとつながります。

なりたい未来を描いてみる

Q17:どんな風に(誰のように)歌えるようになりたいですか?
Q18:ステージで歌いたい?カラオケで褒められればいい?自分が気持ちよければいい?
Q19:ボイストレーニングで最も得たいものはなんですか?

目的地が明確でなければ分かりやすい地図は作れません。

憧れの歌手や好きな声のパフォーマーを思い出し、
自分のなりたい姿を確認しましょう。
また、自分がどこまで歌えるようになりたいのかも大事な目安です。

ライブでバリバリと歌えるようになりたいのか、
カラオケで上手いと言われたいのか、
自分の心身が気持ちよくなりたいのか、、

正解はありません。トレーニングをストレスなく進めるためにも見逃さないでいきましょう。