緊急事態宣言延長期間中の通常レッスン遠隔サポートの一例

大人のボイトレ教室
Harmonia
会員の皆様

 

緊急事態宣言延長期間中の通常レッスン遠隔サポートの一例

 

サポート1:発声音源の提供

ご自身の日々の練習のために、
また円滑なレッスンのために
順次発声音源(mp3)をお渡しいたします。

内容はテキストのトレーニングとほぼ同様のもの。

基礎トレーニングの音階はもちろん
母音トレーニング、エチュードなどもあります。

レッスンの進み具合で適宜提供させていただきます。

リアルレッスンに戻ってからも
お渡ししたものをどんどん活用してくださいね。

サポート2:動画チェックサービス

普段の動画チェックサービスの完全バージョン。

曲や発声練習(ぜひお渡しする音源をご使用ください)をしたものを動画に撮り、送ってください。

それをこちらは動画で返信します。
いつもの「メッセージで返信」よりおそらく数倍わかりやすい。

そして数も無制限です。

このサポート体制がかなり厚くて、
1時間普通にスタジオでレッスンするより
自分でも練習するようになるうえ、
細かいところが見てもらえる
とすこぶる好評です。

イメージがわかない方は、下記のシミュレーションをご覧ください。
FBやLINEなどのメッセージサービスを使っています。

やりやすい方法で進めましょう。
具体的には個別カウンセリングで説明をさせていただきます。

<例1>

ユウコ先生 こんにちは。動画チェックお願いします!
頂いてる発声音源に合わせてトレーニングしてますが、
声がガサガサしてるし3分くらいで喉が痛くなるし、息も微妙に足りなくなります、、アドバイスお願いします!

 

がんばれ!そこは呼吸を見直しましょう!

※FBメッセンジャーやLINEなどのチャット機能を使っています。

<例2>

難しく感じるのは特にサビ部分かな。 長く伸ばす音が、結構長いので、 その一音の中でどう表現するか、というところについて、先生ならどう考えるか教えていただきたいな、と思います。 また、フェイクを一番最後のフレーズで少し使っているのですが、リズムのなかにうまく載せらられず前のめりに転がってしまいやすいです。他にもお気づきのことがあれば教えていただきたいです

 

なるほど!課題はここかな

こんな風にやってみましょ!

※一回で送信できる長さが限られているので複数に分けて送っています。これは3回目。送受信ともにそのような場合があります。

合わせて送っているメッセージはこちら。

全体的にはやはりグルーヴ、減衰がもう少し欲しいかな。
RIRIはAメロはすごく音色の変化を持たせているけれど、サビは音色の変化よりも言葉のメリハリという感じですね。
ロングトーンが多い分そのほかの言葉の部分はくっきり、しかもグルーヴィー。 そのことがロングトーンを際立たせてる。英語が得意みたいなので子音も良く聞こえるし。

この後複数回メッセージは交換がありました。
質問に応じて更に細かいアドバイスをしております。

 

すごぉおい!!情報量がたっぷりでとても分かりやすくかつ高レベル!!
超お得なサービスですね😂今まで色々ボイトレを受けてきましたが、こんな風に教えてもらったのは初めてです♪♪

 

サポート3:テキストのメールレクチャー

いつも使用しているバーガンディ色のMTLテキスト。

あちらがあまり進んでいない方や
復習したい方に向けてメール等でレクチャーをします。

ご希望の箇所を教えてくだされば
空いてるカギカッコの部分をお伝えしたり
詳しい追加の説明をお届けします。

場合によっては動画で説明などもするかもしれません。

呼吸やストレッチ、また滑舌や発音などは
特にこの時期を機に取り組んでいただきたいところです!

 

 

サポート4:発声の理論や曲の解釈など無制限の質問

テキスト以外でも知りたいことはあると思います。

実践的に歌っていてるので
この時期にレバーとリーを増やしたいから聞き方のコツを知りたいとか、ハモリの捉え方とか、、

私が対応できる全てをサポートします!

 

サポート5:アプリやデジタル、ネット関係のサポート

ネットやアプリ関係が苦手な方もいると思います。

全てデジタルになるのも物悲しいですが、
これから来るべき時代に少しでも知っておくと
少し楽しく豊かに過ごせそうなきがします。

遠隔サポートやズームレッスンに向けて
わからないことはできる限りお手伝いしますのでご安心くださいね。

 

カウンセリング時に
「他にもこんなことがしたい!」
とあれば教えてください。
そして目標を決めスケジューリングもしていきましょう。

自主性が問われるところもあります。
自粛期間に声チカラを衰えさせてしまうのではなく、むしろこれを機にぜひとも強化させる、その習慣をつくってみてくださいね。

 

オンラインレッスン、できるかな・・・という不安

実はこのコロナ禍の前より、
オンラインレッスンを細々提供してきました。

オンラインレッスンをメインにされてるトレーナーや教室もあります。

今後は世の中的にオンラインレッスンが
主流になってくる可能性もとても高いです。
そのためにも不安は排除しておきたいですよね。

<お悩み1>

オンラインできちんと伝わるのかな



サポート体制を万全にしています

今のサービスやインターネット環境はすごくて、相手の声は非常にクリアに聞こえます。

ただ、やはりオンライン上なので
タイムラグはどうしても生じるし
伝わりにくいこともある。

そのためのサポート体制です。

ズームでの聴講やレッスンで足りないところは
十分に埋められる、力強いサポートになると思います。


<お悩み2>

サポートを活用するほど練習しないかも・・
大丈夫!時々リマインドして焚き付けます!

せっかくサポート音源もあるし
動画撮影したらチェックしてもらえるのに
なかなか自主練する気が起きない人もいます(笑)

でも時々こちらがリマインドをして
焚き付けさせていただきますよ。

最初のカウンセリング時に、
ペースを決めて起きましょう。

せっかく出せるようになった声や表現、キープしましょう!


<お悩み3>

家族がいて練習場所がない。。




30分だけでいい!確保させてもらいましょう

毎日1時間とは言いません。
1週間に1回30分でも、
時間と場所を確保させてもらいましょうよ。

ぜひ話し合ってみてください。

自宅の構造上どうしても声が出しにくい場合は、今空いているスタジオなども検討してみてください。
かなり念入りな対策をとっているようです。

また、経産省の大臣が
「カラオケはテレワークなどの一人利用は良いのでは」
と、テレビの討論番組で答えていたのを
チラリと拝見しました。

今後制限付きでカラオケも使用が可能にならないかと期待しております。

 

どうしても不安が拭えない方へ

今後変わりゆく時代に向けて
ぜひ一緒に新しいことに挑戦してほしい!

もういちど内容を見渡し、
不安な点は相談してほしい。
そこに向けてできる限りの対応をさせていただきます!

ただ、どうしても継続しにくい場合は
振替など諸々ご希望にあわせ、対応させていただきますね。

 

個別カウンセリングについて

お伝えしています通り、
円滑なレッスンのために
事前の個別カウンセリングをいたします。

ZOOMというサービスを使用しますが、
こちらがお送りするURLをクリックすれば
自動的にアプリのインストールが促され
非常にスムースです。

ZOOMのセキュリティ問題の記事を
見た方もいることでしょう。
以降頻繁にZOOM社のサイトを確認しています。

・この数ヶ月は新しい開発は全て取りやめ全てセキュリティ対策を行なっていくとのこと
・待機室の設定
・最新のバージョンを使用すること
・当教室では機密情報の交換をZOOM上でおこなっていないこと

上記でセキュリティ状況は守られるので
当教室は引き続きZOOMを使用いたします。

今後も注視して動向を確認していきますので
まずは最新のバージョンにてご利用いただければと存じます。

 
最後に

世の中これを機に「当たり前」が変わってきそうです。

でも私たちが歌が好きなことは変わらないはず。

発声で身体が整うこと
歌うことで元気になること
これにいたっては、もう普遍の真理。

せっかく継続してつくりあげた
あなたの声と歌の力。
ぜひこれを衰えさせることなくキープしていただきたいです。

自主練をして家で声を出したり
オンラインのレッスンに対して、
スペースが確保しにくい、
などの不安もあるかもしれません。

でもぜひご家族にご相談をしてくださいね。

この自粛期間に家族との関係を見直すような人もいるようです。

四六時中一緒ってやはり・・・大変ですよね。

でもこれを機に、自分の好きなことを
ぜひ家族に理解していただいてほしいところです。

他にもできる工夫は色々あると思います。

これから長く続くかもしれない
このSTAY HOMEの時間。
好きなことを少しでも続けて、
楽しく気持ちよく乗り切りましょう!