【STEP3】正しい知識を味方につけよう

<無料メール講座【STEP3】>
正しい知識を味方につけよう

お伝えしてきたように、
長年の経験や思い込みに加えて、
ボイトレ界の残念な現実が、
大人の皆さんの心身をより固く、、してきてしまいました。

ゴールに向けて、カウンセリングでスタート地点での用意ができたら、
次は左脳的な視点でサポートをしましょう。

正しい知識を手に入れる

思い込みは知識で覆る

先日の講座で行ったカウンセリングで、
自分の声の歴史を知ったり、
思い込みを自覚した方も多々いることでしょう。

しかし、カチコチな人はそれでも、
「だって生まれつきでしょ?」と言いかねない(笑)

実際言われたことも結構ありますよ。

でも、それを覆してくれるのは、正しい知識です。

例えば、、
「高い声は生まれつきでません」
とのたまう方も時々おりますが、、

声帯は特質上どこまでも伸びると言われています。

声帯は、左右のヒダが振動数を増して
伸展をするほど高い音がでます。

ギターの弦が、ペグ(弦を巻き込んでるつまみ)を回すと
キュイーーンと伸びて行くのと同じイメージです。

ギターの弦は、ベグを回しすぎて
ビンビンになるとどこかで切れるでしょう。
でも声帯のヒダは、その事によって
裂けたり切れたりすることはありません。

それどころか、ヒダがその接着の仕方を変えて、
どこまででも高い声を出せる様になる仕組みを持っています。

その話を説明すると、
さっきまで
「高い声は生まれつきでません」
と言っていた方も
「希望の光が見えました!」と言ってっくれます。

知識は、大きな味方になります。

 

喉が枯れやすい、疲れやすいのはなぜ?

世の中には、根拠に欠けたボイトレ指導や
アドバイスにあふれているのはお伝えしたとおり。

声や歌は目に見えないものです。
ですのでその分、
理論的に絶対な知識(呼吸のしくみなど)や、
数値化できる指標(たとえば、ピッチや音程など)は
正しいものとしてて手に入れなければいけません。

例えば・・・・

お悩みの方が多い、
声が疲れやすい、枯れやすいのは
どんなことが主な原因かわかりますか?

これは、大人の方には非常に多いのですが、
声帯の左右のヒダがきちんと閉じていない、
また、息の量が多くなっている、
そのどちらかか両方が主な原因として考えられます。

そもそも声が出る仕組みを必要があるのですが、
声帯の左右のヒダが閉じ、
そこを呼気(吐く息)が通り
その時に襞が開閉することによって、
周辺の呼気が振動して音になります。

つまり、声帯はしっかり閉じなければいけないんです。

でも、喉を使ってはいけないと、思って
その「声帯を閉じる」というテンションさえ否定して
頼りないカサカサした声しか出てこない人がとても多いのです。

的確なトレーニングのためには、
まず正しい知識を入れる必要があります。

別に難しい声帯周辺の筋肉の名前などは
覚える必要はまったくありません。

声を出すための楽器である
身体のことと声の出る仕組みを正しく理解すること。
これが第一歩です。

当教室のボイトレコラムにも、
たくさんの情報がありますので、ぜひご参考にしてみてくださいね。

凝り固まった大人だからこそ

私は定期的に芸能事務所の10代前半の若者たちにも
ボイトレのレッスン指導をしています。

実は、彼女たちに対するアプローチは全く異なります。

なぜかといえば、
思い込みに囚われていない子供なので、
これと言った理論を先に伝えなくても、
身体からのアプローチや感覚的な説明で
スルッとできてしまうことが多いのです。

当然長年の癖などで身体が凝り固まってる・・
などということもなく、
言われたことはスムーズに再現できてしまう。
(もちろん知識があればさらに成長は加速するので伝えてますけれどね)

歳を重ねててきた大人のみなさんは、
たくさんの経験を重ねて、
素晴らしい味付けをされていることでしょう。

ただ、時々余計な思い込みに包まれているところがあるのも確か。

それは、自分と向き合い省みる(カウンセリング)、と同時に、
反論しようのない「正しさ」(論理に基づいた知識)を
手に入れることで少しずつ溶けていくものです。

声を出す前に、歌い出す前に、
まず、ゆるく柔らかく、溶かしていきましょう。

では明日は、
「位置について・・・用意!!」
の後、とうとう身体と声を使っていき、
何が必要なのかしっかりお伝えして行きますね!