心の声に従うのではない。まずは聞け!そして抱きしめろ!


こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子(@fernandesyuko)です。

私は長い間ずっと自分の「歌いたい!!」
という気持ちを封印してきました。

でもそれはとても不自然なこと。
どこかでエラーが起こります。
修正しても治らなくて傷になる前に見直したい。

私の場合はこんな感じでした。

まず最初に扉を開けたのは
大学3年の終わりころ。
ゴスペルミュージカル
「Mama,I want to sing!」を
見たのがきっかけとなり、
恐る恐る歌の世界に飛び込みました。

細々ながらも活動を広げ
20代は順調にキャリアを進めるも
やっぱり怖くなってきた30歳。

人前に立つことで比較される恐怖。
評価が悪ければすぐ捨てられる不安。

自由な仕事を好きなようにするという
確固とした覚悟もなく、
うまい具合に成人喘息も発症し
(自分で選んでたと思うから、あえてこの表現)
歌から逃げてしまいました。

外資系企業の正社員にガラッと転身です。

でもやっぱり自分の本心である
「歌いたい!!!」は騙せなかった。

本心になんとか気がついてからは
会社員との二足のわらじで再スタートし
うまくいってるつもりでした。

しかし、求めてるものはこんなものじゃなかった。

正社員の仕事が忙しくなり、
兼業届けを出して楽しめてたはずの
歌の仕事やレッスン・練習が
全く思う通りに運べなくなってきた。

心も頭も時間もそこに費やせなくなり
残業で22時すぎに帰宅したある日のこと。

テレビをつけたら歌番組でした。

そこで夏川りみさんが
声高らかに歌う姿を見て
張り詰めていたものが
ほんとに「プチン」と切れる音がしました。

一人でワンワン泣いちゃったんです。
「歌いたい!!こんな風に自由に歌いたいよおーーー!!」って声出して泣きました。

 

・・・・

自分の心の声を、コアから出る言葉を
聞こえないふりして無視し続けると
どこかでひずみが起こり、
強制終了させられます。

ドカン!と引き戻されます。

だから自分の心のコアにある声に
気がつくことが何より大切。

そもそも私がボイトレ教室を営んでるのはそのためです。

自分という楽器で人の心を揺さぶる
豊かな歌を歌いたかったら、
自分のコアとつながるしかないからです。

 

だから「自分の心の声を聞こうね」と
ずっと言い続けてきました。

これからも強く伝えたいメッセージです。

ただ、最近はもっと力が抜けてきて、
別にその心の声に「今」従わなくても
いいんじゃないかと思います。

焦って選んだことのせいで
もっと苦しむこともある。

「自由」という盾をかざした
まやかしの声も散らばっています。
(今はSNSで呪いをかける言葉も飛び交ってますからね。。)

もちろん「えいや!!」
と思い切った分ほど
急激な変化があるし
するりと生まれ変わることはできる。

でも、少しずつ殻をやぶり
脱皮していくことも可能なはず。

急ぐことなんてありません。

本当のコアなる声であれば、
どうせそっちに持っていかれる。

流れに任せれば自然とそうなる。

どちらが正解、もない。
自分に合った方法を見つければ良いんです。

ただ、
ごまかさないでいたい。
聞こえないふりをしない。

コアなる心の声をちゃんと聞いて
放って置かず抱きしめよう。

大事にしてずっと見守り続けて
宝物箱に入れて眺めていよう。

いつでも取り出せるように
扉をあけたままにして。

いいね!で更新情報GET

Twitter でFernandesYukoを

関連記事

  1. 発声から見る、スピと筋トレの意外な共通点

  2. 大真面目に遊ぶ大人の特権

  3. 目指せ完コピ!そしてそこから何を得る?1/ドリカム「やさしい…

  4. 歌に興味がなくなるという事実

  5. 反論したい時こそチャンスなんだ

  6. テクニックと情熱のはざまで