なぜゴスペルを歌う人こそボイトレが必要なのか


こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子(@fernandesyuko)です。

コロナ渦でかなり苦しい状況でしょうが
そんな私達をいつもエネルギーで満たし
勇気をくれるゴスペル音楽。

この日本でもスクールやディレクターが
最大限の注意を払い、対策をして、
教室やグループを継続する努力を重ねていっていますね。

私もかつて携わったものとして
その火種を絶やしたくないなあと思います。

でもこんな風に大勢で集まりにくい今こそ
個人の声の力を見直せる時かもしれません。

なぜなら・・・

普段歌っていて楽しいし、
とても気持ちいいけど・・・

どうしても喉が痛くなりやすかったり
コンサートの後は声がガラガラになっちゃう
などありませんか?

自分の歌を後から聞くと
思い描いていた賛美の歌と
全くイメージが異なる!!

ことなどありませんか?

よく聞いたらハモれてないじゃん!
ってことありませんか?

それ、もったいなくないでしょうか。

ゴスペルを歌うならボイトレで個人の歌の力をあげよう

ゴスペルを歌う人こそボイトレに取り組み個人の声力、歌の力をあげていった方が良い!

コロナは関係なく常にそう思ってましたが
それにはいくつかの理由があります。

自分の声が聞こえにくくがなってしまい喉を痛めやすい

最大の理由がこちらです。

ゴスペルは大勢で歌っている分、
自分の声が聞こえにくいです。

それゆえに無理に大声を出して
喉を痛めてしまう人が多いんです。(⬅︎昔の私もそうだった)

パートごとに並んで座っていようが
自分の声がほとんど聞こえない、
なんてこともしょっちゅうなようです。

その上ライブやコンサートでは、
一人一台マイクあるということは
まずほとんどないでしょう。

なんならモニターもない、
という環境でやることもあるはず。

【陥りがちな回路】
自分の声が聞こえない

音が外れていてもわからない

外れないように大きく歌おうとする

ついがなってしまう・喉を痛める

こんな悪循環に陥りやすい。

せっかく素晴らしい音楽を
歌っているのにこれでは本当にもったいない。

でも、ボイトレで自分自身の声の
基礎力を整えていけば少しずつ
この悪循環から抜けることができます。

音程の基礎を強化する

自分の声が聞こえにくいのは
確かにやりにくいのですが、
環境に左右されない「感覚」を育てることも重要です。

「ラ」の音を出すためには、
声帯の左右の襞を(吐く息)で
440回振動させる必要があるのですが、
意図的に「440回動かそう!」
なんてことはもちろん不可能ですよね。

聴感覚が受け取った「ラ」の音が
自分の筋感覚と帳尻合わせして
即座に指令を声帯に送っているだけなんです。

ですので、音程に関しては
「筋トレ」をしておいてあとは身体にお任せ!

ここでいう「筋トレ」とは
もちろん「発声練習」です。

正しい姿勢で体を力ませることなく、
日々発声練習をしっかりとしていく。

このようにして正しい音の階段を
自分の声帯に覚えてもらうこと。
聴覚がうまく使えない時はとても有効です。

耳が聞こえない人が振動と筋感覚を頼りに
素晴らしい歌を歌うのを聞いたことがあります。

そこに近いものかもしれません。

声をきちんと響かせよう

自分の声が聞こえないと、
つい力を入れてがなってしまいがち。

歌う時に力が入るということは
喉まわりも口腔内も、もちろん
顔まわりにも緊張が走ります。

いわゆる「声道」といわれる
これらの共鳴器官が緊張すると
声は硬くなり響きません。
より聞こえにくくなってしまいます。

例えばアコースティックギターの
弦をぐっと掴み、ボディを羽交い締めに
したらどうなるでしょう?

良い音は決して響きません。
声もそれと同じです。

自分の声が聞きにくいと思ったら
勢いをつけてがなるのでも、
大きな声を出そうと頑張るのでもなく、
力を抜いて響かせようと思うこと。

リラックスしつつもお腹の力を
うまくつかった腹式の発声を
ボイトレで養っていくのが近道です。

感情に歌がもってかれやすい

ゴスペル音楽は今音楽ジャンルとして
世界中でその地位を確立していますが、
ご存知の通り元来宗教音楽であり、
歌詞の内容は神様を賛美するものです。

クリスチャンのグループでは
ゴスペルを歌うことが神とのつながりを
感じる時間でもあるでしょう。

そうではない日本のグループでも、
メッセージ性や精神性を重んじている
ところが多いように思います。

コンサートなどで聴いていると、
気持ちを込めて心から歌ってるなあ、
と感じることもとても多いですし、

たとえ完全なアマチュアグループで
音楽的な粗があったとしても、
歌う姿がぐっと胸を突くときもあります。

そんなときに細かいテクニック論などは不要。

しかしです。

「感情に歌が持って行かれすぎる」
ことには気をつけた方が良いかもしれません。

歌うなら自分の感情を思い切り表現したい!

どのジャンルであっても、歌い手なら共通してきっとそう思うでしょう。

ただ、自分の感情に歌が支配されてしまうと
歌の秩序がなくなってしまいます。

音楽には音程やリズムやテンポなどの秩序がある。
大きな感情の波はその秩序を乱しがち。
そのとき見る側はすっと冷めてしまうんですよね。

教会の礼拝の時にだけ歌うならば
それでもよいのかもしれませんが、

人前でコンサートと称して歌う場合は、
感情と歌の表現は絶妙なバランスで保ちたいものです。

「感情論」でもない、
「小手先テクニック」でもない
その間にあるでああろう、「歌の表現力」。

バランスを取るべきやじろべえの「支点」にあたるところです。

これはボイトレの基礎が大きな支えとなる。
やっておいて絶対損はありません。

一人の力が上がればグループ全体が変わる

ゴスペルグループ、特に数十人ものマスクワイヤー系に所属していると

自分一人くらい音がすこしずれても
きっとわからんだろう・・

とか

自分は高い音がちょっと届かないけど
他のみんなが頑張ってるから平気だろう

とか、

歌詞覚えていない部分は歌わなくても
私一人くらいばれないばれないはず(笑

とか・・・

一つくらい思ったことある方いるんではないかしら?(笑)

これ、バレていますよ。
いや、たとえその時バレていなくても
あなた一人の歌の力は、全体の歌にものすごく影響してるんです。

ラグビーで

One for all, All for one

ってありますが、ゴスペルもまさに同じではないでしょうか。

一人の歌はみんなのためになるし
みんなそれぞれの歌は一つの曲につながっていく。

たとえ自分に50%しか力がなくても
一人で100%まで頑張らなくていいの。
10%だけアップしてみてください。

10人がそれぞれ10%だけ
その力をアップさせれば、
それだけで一人分パワーアップしますよね。

自分が10%だけがんばれば、
その歌のエネルギーは一人分も増す。

これはゴスペルの素晴らしさの一つだと思います。

自分が持つ本来の声の力を取り戻そう

ゴスペルという素晴らしい音楽を
自分の感情のままに歌えないなんて
自分という楽器を活かしきれないなんて
やっぱりちょっと勿体無い。

でも、声と歌の土台を強化できれば、
喉を枯らしたりすることもなく、
もっと気持ちよく歌えるようになり、
ゴスペルの醍醐味をさらに味わえるはず。

みんなとの大事な一曲のために、個人の力を引き出すこと、忘れたくないものです。

いいね!で更新情報GET

Twitter でFernandesYukoを

関連記事

  1. 歌がシャキッとしないなら「聞いてる音」を疑え!

  2. 響く声、通る声を出すときの盲点

  3. コロナで歌うモチベーションが下がったら

  4. 声帯さまの「トリセツ」

  5. ゴスペルの歴史を知る・歌いたい曲のルーツを学ぶ

  6. ただうまい歌とかっこいい歌の違い