目指せ完コピ!そしてそこから何を得る?1/ドリカム「やさしいキスをして」歌い方+αアドバイス


こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子(@fernandesyuko)です。

歌の上達には欠かせないのが「完コピ」!

歌の上達には欠かせないのが「完コピ」。

歌のオリジナリティうんちゃら言おうにも、表現力がなければそれは相手には伝わりません。 その表現力を最も効果的に養っていけるのが完コピです!

自分の歌声を色彩豊かに輝かせるために、絵の具を増やす作業です。

そしてもうひとつ大事なのは曲全体のマインドを探ること。

その曲が、その歌手が、何が伝えたいのかを感じ、考えること。

そこまで探れると、その曲と自分を
どう繋げたらいいかも見えてくる。
それがその後どんな曲を歌う時にでも役立っていきます。

「ここがビブラートで、ここはウィスパーボイスで、、」
という表現力の細かいニュアンスを
チェックして練習するのももちろん必要ですが
じゃあ何故そう歌っているのか、
まで思いを馳せるということです。

木を見て森を見ずにならないようにして、より素敵な歌を目指しましょう!

「目指せ完コピ!そしてそこから何を得るのだ」シリーズ1
「やさしいキスをして」 Dreams come true

このシリーズは、当教室の生徒さんが
トライしてきた曲を中心に選んで
私が完コピ(+α)で歌ってみた動画の解説です。

ただのモノマネでもなく、小手先のテクニックでもなく、
みなさんの歌ヂカラをぐっと底上げする手助けができたらなーと思います!

選ぶ曲は私のヴォーカリストとしての活動とはあまり関係がなく、生徒さんや読者さんを想定しております。リクエストあればくださいね!

「やさしいキスをして」の特徴

マイナーで切ないメロディラインのこの曲。
中居くんがやっていた「砂の器」の主題歌でしたね。

毎週楽しみにみてたし、ハマって本も最初の映画も読みました。

ドラマの主人公が抱える重苦しい現実と
それを見守る女性がリンクしていて、ストーリーを盛り上げていたように思います。

この曲は構成自体がとてもユニーク。

いわゆる一般的な
Aメロ、Bメロ、サビ、の曲ではなく、

サビ始まり、サビA、Bridge、大サビ、というのか
メインメロディを繰り返しているというのか、、
同じリフがずっと連なって行きます。

ドラマチックに段階的に仕立て上げる、
というよりは、同じメロディが続くことで
より頭にこびりつき、印象的なつくりとなっているかなと。

「あなたああの1日が」
「そっと髪を撫でて」
「電話してくれたら」
・・・

ここがへろってなったらずっこけちゃうくらい、印象的な同じメロディの繰り返し。

だからこの部分は音もリズムもこぶしも外したくない!って所ですね。

そう、この「こぶし」が歌の方の大きな特徴です。

あなたぁぁぁ〜のいちにちが
なんにぃぃぃも言わないで

などですね。
毎回同じフレーズでニョロっと入ってくる。

吉田美和さんはそもそも
フェイクが素晴らしいんですけれども、
ここはみじかいニョロを
何度も効果的に出しています。

それを急に高くなった音でやらねばなのが難しい。

前の音からかなり音が飛んだ所
(D4(レ)を出した後のB♭4(シ♭))で
ぶれることなく音を捉えこぶしを出すのが
やっぱりなかなか難しいかと思います。

歌の細かい表現

吉田美和さん、冒頭はすごく
柔らかめで入ってますよね。

全体的にタイトル通りすごくやさしく歌ってる。

いつもの吉田美和さんの、張りのある力強い声量の部分ももちろんありますが、
全体を覆っている空気感のある柔らかめの音色、こちらはうまく出して行きたいですね!

歌の細かいところを見ていきましょう。
こういうのはよくyoutubeでもあるようですが、
私はこちらに書いていきますね。

ファルセット
ウィスパー
柔らかめの
ビブラート
下線 こぶし


毎回お伝えしたい大事なこと。

地声とファルセット、地声とウィスパーはグラデーションのようなもので、本来「ここから」という境目はありません。

そのため本来は「ここから」ときっちり場所を指定して音色を区切るのはナンセンスかな、と思います。わかりやすく一応書きますけれど、本来は発声練習でそれぞれトレーニングをし、歌う時は自由に豊かな音色を取り出せる、というところまで行きたいですね!

※アクセントや一音に対する減衰、ブレス、クレッシェンドでクレッシェンドはここには書いてません。

 


やさしいキスをして Dreams come true

(Apple musicのオリジナルバージョンを参考にしました。)

あなたぁぁ~の 一日が 終わるぅときぃにぃ そばに いるねぇぇ~
なんにぃぃ~も 言わないで〜 やさしいキスをしてーー(軽めのビブラート)

そぉっとぉぉ~ 髪を撫でてぇ 肩を 抱いてぇぇ~ そばにいるねぇぇ
あなたぁ~が 眠るまでぇ~ やさしいキスをしてぇーー〜〜

woo woo woo

でんわぁ~してくれたら 走っていくから~ すぐに行くからぁぁ〜
なにもか(N)も ほぉおり出してぇぇ~ 

息を切らし〜 指を冷やし〜 すぐ会いに行くからーー〜

報われなくてもー 結ばれなくてもー
あなたはーー〜
ただ一人の〜 運命の人ーー〜 ホウホぉぉぅ

きょおとぉぉ~いう一日が 終わる時にぃ そばにいられ
あしたぁぁ~なんてぇ いらない
髪を撫でて 肩を抱いて あなたが眠るまでーー〜

この出会いに やさしいキスを これが運命ならぁぁーー〜

 

「やさしいキスをして」から、あなたは何を得る?どう生かす?

明るく抜け感のある声

吉田美和さんの声はカツーンと抜けの良い声が
聞いてて気持ちいいと言われる所以でしょう。

柔らく少しばかりエアリー感が漂うこの曲も
響きが狭くならないで空間を感じられて
とても明るい音色になっています。

重かったり強かったりすることもなく
狭いことももちろんなく、
いわゆる抜けが良い声。

こんなマイナーで悲しい曲調でも
陰鬱にならないのはこの声の抜けによると思います。

この雰囲気をキープするためには、
まずはピッチがブレることなくキープされていることはマスト。

そして響きが広がるように
空間を意識してみてください。

声を出す時もまっすぐ伸ばし続ける、
というよりは、伸びた声が空間に広がるイメージ。
ふんわりとクレッシェンドして行くとやりやすいかな、と思います。

ポイント1
ピッチをキープして明るい抜けをつくる!

同じこぶしを全く同じように繰り返す

歌詞の中で下線を引いたところは同じメロディラインで同じようなこぶしがついてるんですが、

まあ、見事にずれることなく、同じようにニョロってます。
これ簡単にできることじゃないです。

楽器というものは、同じ音を出すなら、
100回やって100回同じように出すのが理想。

ただ、人間という楽器は非常に敏感なので
どの楽器よりそれを成し遂げるのは難しい。

でもそのための繰り返しの練習が
適切な神経回路を作ってくれます。

そして、いざ歌う時には、
感情がスイッチとなって、
出来上がった神経回路を
取り出せるようになる。

そこまでひたすらトレーニングなんですよね。

この「ひたすら同じようなこぶし」はそんな作業です。

ポイント2
同じフレーズは全く同じように歌えるように練習をしてみよう

シリーズ1のわりにテクニック的な要素に寄ってるかもしれませんが、練習習慣を作るには大事なポイントです!

「やさしいキスをして」という歌の感情のどこを切り取りますか?

オリジナル以外の曲を歌うならその歌詞の世界観を自分なりに捉えていく、という作業が欠かせません。

自分の経験に当てはめるのもよいけれど
もっと自由な感覚で感情をきりとって
あれこれ想像するのも楽しいです。

この曲について調べていたら、検索窓に
『やさしいキスをして 怖い』
と出てきたんですよ。

30代の痛い女子とか、
不倫ソングの切ない心
みたいな、解釈の記事が色々でてきました。

そう捉える人もいるのですね〜。
私は歌詞をみても、それらの記事を読んでもそうは感じられなかった。

むしろ、母性を感じました。

会いに来いと言われたらすぐ駆けつける、
みたいな描写もたしかにあるのですが、
振り回されているというよりは、

なんというかな、無償の愛というか、
母性のある包み込む愛のようなもの。
この人を守りたい、という気持ち。

私はそう感じて色々想像したり思い出したりしていました。

この解釈に正解はありません。

カバー曲を歌う時は、自分とその曲の関係性を築くこと。そうすることでその歌は魂が吹き込まれます。
決して同じシチュエーションである必要はない、ラブソングだから恋愛経験を思い出す必要もない。自分のかつての感情、今の想い、これから思い巡らせる気持ち、なんでもいいのです。

日々の感情を切り取ることは自分の人生のたなおろしのような作業をどれだけできているのかを問われます。
そしてそれが歌のエネルギーになるのでうs。

細かな表現が上っ面でも小手先でもなく
大きなエネルギーを持つ歌というのは
きっとこういうものではないでしょうか。

「やさしいキスをして」を歌ってみて・・・

私もこの歌を歌ってみました。

なぜこの曲をシリーズ1つ目にしたかというと、
同時期にMAX4名の生徒さんが
この曲を練習してたことがあるから。

なかなかの人気っぷり。

そして私もこの曲は好きだし、
構成短くてやりやすいし(照)
昔はドリカム大好きだったので
よく聞いていたというのもあります。

でも実際完コピ目指して歌うと、
こぶしを含めた細かい表現、
ブレさせないの、めちゃ難しかった!

強弱もやっぱりポイントですからよーく練習が必要!

そして高い音がちょっと詰まってしまうな、私は。
これは反省です。クーラーのため鼻炎MAXだったのもあるけれど、ここらへんはまだまだですな!

>>>

「目指せ完コピ」シリーズでは
私の完コピ挑戦の動画をSNSにアップ
するのですが、まだ環境が安定せず、試行錯誤中です。

今回も音声の音質がイマイチ、、もっとよくするように色々試してみます!

他の動画はまたtwitterでアップするので
よかったらフォローしてくださいね!

@fernandesyuko

■無料メール講座はこちら
■オンライン他体験レッスンはこちら

いいね!で更新情報GET

Twitter でFernandesYukoを

関連記事

  1. 声までは自粛させないのだ!

  2. ゴスペルの歴史を知る・歌いたい曲のルーツを学ぶ

  3. 「歌いたい!」は才能ではなく本能だ

  4. ライブ前のウォーミングアップは

  5. 自宅での歌の練習を効率化!スピードやキーを変えられるアプリや…

  6. いまこそバカの壁をたたきこわせ!