マスクやめました宣言

こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子です。

花粉症の時期ですね。
私は今のところ花粉症にはなっていませんが、
時々そんな私でさえ目が痒いような気がする最近。

さて、今日は花粉症ではなく、
風邪や喉トラブルを回避するためのマスクのお話です。

最近、この数年、冬はもちろん
年がら年中ずっとつけていたマスクをやめました。

それのほうがずっと快適で、悩みが改善されたので
それについて今日はシェアしたいと思います。

マスクをつけて本当に風邪防止?

なぜマスクをずっと付けていたか、といえば・・

以前にもブログやメルマガで書いていたと思うのですが、

風邪の場合は人様にうつさないこと。
また私の場合は鼻炎のため外気に触れることで
鼻がツーンとするのを避けるため、というのがありました。

日常的に使うマスクは繊維の荒さから
ウィルスを完全に防ぐわけではないと聞いていますが、
色んな所に触れた手指を、
うかつに口元に持っていかないように
防御してる気持ちもありました。

もちろん、予防的な意味合いも多少あります。

多くの人がそうでしょう。

他にも、
*乾燥防止
*メイクしていないのをごまかす
*小顔に見せる(!10代ではいるそうですよー)

なんかもあるとか・・・
つまりは、「マスクによる安心感」。

ただね、これが最近「あれ」と思うことがどうも増えてたんですよ。

 

私、昨年の10月の頭ころから、
数年ぶりに激しい喘息発作が続いていました。

発作が無い日のほうが少ないくらいで、
改めて呼吸器科に通い始め、ステロイド吸入剤を使用しながら
本格的な治療にあたっていました。

詳しくはこちら。
今喘息などでお悩みの方はご参考ください。

https://voiceandsoul.me/column138/

 

上の記事にも、治療を初めてすぐに風邪になったと書いたのですが、

とにかく10月から毎月!!
喉のトラブルに悩まされました。
風邪、というよりは喉だけの炎症です。

治ったと思ったらまた喉が痛くなる。
扁桃腺の腫れのときもあれば
咽頭周りの炎症のときもある。
ついでに口内炎もできたりしました。

喘息と風邪はやはり大きな相互関係があるようですし、
炎症を起こしやすい、
というのもきいたことがあったので
そのせいもあるのかな、、とも思います。

ステロイド吸入剤の副作用も
こんな形ででてるのかな、と疑いました。
うがいはしまくっていたけれど・・・

ちなみに、呼吸器科の先生も耳鼻咽喉科の先生も、
その可能性は否定されてましたね。
このような副作用は考えにくいけど、、と。

 

それにしても多すぎました。
ずっとマスクはつけていたのに、もかかわらずです。

むしろ、関係あるだろう、と
マスク率がひときわ高かった時期でもありました。

でも、、アレっと思うところがあってマスクをやめたんです。

マスクが乾燥を助長?

マスクをすると口が塞がれるので
息苦しさが多少でてくるのは仕方ないと思っていましたが、、

ある時気がつきました。

あれ??マスクをしてる時
ずっと口開いてない??!!!

と。

何故それを意識したかといえば、
鼻炎治療で通っていた耳鼻咽喉科で
喉トラブルを相談した時に、
「おそらく口が開いてて乾燥したりウィルスが入りやすいとかあるんじゃないですかね」
と言われたからです。

だってマスクしてるしいい・・・・

って心の中では思ったけれど、
あれ、、でもちょっと待って、、
とマスク着用時の自分の様子を意識してたんです。

 

で、もしや???と思いはじめまして。。

そしたらその矢先、お師匠がこの様なブログを書かれていたではありませんか!

https://misumiotsuki.com/?p=7362

 

そしてその前後に、直接お話して相談させてもらい
やっぱり、、と確信。

そして、スパッとマスクをやめて実験をしてみました。

 

マスクをつけない1ヶ月間

その話が一月末です。

それから1ヶ月以上経ちましたが、
10月から毎月絶え間なく悩まされ続けていた
喉トラブルが一度も出てきませんでした!!

マスクをつけなくなると、
やっぱり意識的に口を閉じます。

もちろん、今まで鼻呼吸を意識していましたよー!

日常生活では乾燥を防ぐためにも鼻呼吸を、、
という認識はもちろんあったのです。

が、冒頭に書いた通り、
私は冷たい空気などで鼻がツーンと痛む類の鼻炎で
それを避けようと無意識に鼻ではなく口で呼吸をしてたようです。

鼻が痛むゆえにマスクをしてたのですが、
無防備になって、ただ口呼吸を促していただけみたいです。

マスクをやめたことで、
意識的にずっと鼻呼吸ができていたんだな、と思います。

まあ、つまり鼻呼吸なのでツーンとして痛むんだけど
それは我慢してましたね。
これはこれで別途治療が必要ですが。
この1ヶ月は新しいことをしてしまうと
マスク外しの実験結果のゆえか
鼻炎のための新しい薬なり治療の効果が関係してるのか、
わからなくなるのでそのままにしておきました。

しかし、今まで治った途端に再発していた
喉トラブルがないだけでものすごく快適。

実際ヴォーカリストやヴォイストレーナーの仕事で
四六時中歌ってる自分には死活問題でもあります。

10月からはだましだまし歌ってた時期もあり、
イベントの時はいつも不安だったし、
レッスンでも生徒さんにも良い見本を示せず心苦しかった。

今、マスクから解放されて、
身体もメンタルもとても自由で心地よいです。

また、別件ですが、
たまたまちょっとしたきっかけで
メイク熱が高まっていて
毎日めっちゃしっかりベースメイクしてるんですけれど
マスクしなくなったことでメイクをキープできるので一石二鳥^^

もちろん本格的な風邪をひいた時など、
マスクはエチケットとして使うこともあるでしょうけれど、
今後はあまり囚われず依存せず、
上手にマスクとお付き合いしていきたいな、と思いました。

 

日本人のマスク率はものすごく高いです。

なんとなくの習慣でつけてる人も多いし
ただの気休めになっている場合も多いと思います。

もしこれがメンタルの安定に繋がってるなら、
もちろん良いと思います。

でも、私の様にこれが逆効果になってる場合もあるかもしれない。

もしマスクをつけているのに
喉の調子がずっと悪い人、、という人がいたら
もう一度マスクとの関係を見直してみてくださいね。

体験レッスン詳細はこちら

 

関連記事

  1. 体調管理も実力のうち?

  2. 高い声が誰でも出せる究極メソッド

  3. 歌も好きだけどお酒も好きなんです!

  4. 不調の始まりと終わり

  5. なにやる?毎日の声のケア

  6. 冬の喉と風邪へのオススメケア&対策