喘息になったからこそ今の歌がある

こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子です。

現在、歌手として、ボイストレーナーとして
人前に立つことを真正面から
受け止めながら自分軸で生きてます。

時々弱い自分が顔をだすけれど、
そんな自分でさえ受け止めて、
「まあ、いっか」と笑い飛ばし
次の日にはもう1%だけ強くなれる、
そんな余裕も出てきました。

でも、一昔前は全然違いました。
見かけは今と全く変わらず、
むしろ昔のがイケイケでしたが

実際の中身は弱くてもろくて、
人の目線や評価ばかり気にして
他人軸で生きてました。

30を過ぎて突然やってきた成人喘息

そんなヘタレだった私を
追い詰めるかのように、
ある時突然襲った喘息。

あまりに自分とかけ離れていたものなので
最初は全く想像しなかった病名。

喘息になった瞬間を覚えている

私ね、その瞬間覚えてるんですよ。

で、それがあるからこそ、
この喘息が、症状はどうであれ、
メンタルに起因してると自覚があったのです。

ゴスペル挙式やイベントで
歌手として引っ張りだこだった頃で、
でもなんだか緊張が抜けない、そんな時期に
当時お付き合いが始まりそうだった男性と
メールのやり取りしていた、その時。

とっても大人だったその人は
私の何気ないメールでの一言を
ちょっぴりたしなめたんです。

いや、いま思うと大したことではないんですけどね。

その時、私は

「いやだ、どう思われちゃったんだろう!?」
「嫌われちゃったのかな・・・」
「芯のない女だと思われたかな・・><」

といった、不安や邪念がばーーっと出てきました。

その時お得意だった

人にどう見られるか

だけを考えた瞬間です。

その時です、突然苦しくなってきたのは。

 

最初は動悸を感じたような、そんな感じ。
息苦しさもあったけれど
動悸の方が強くてまさか喘息とは思わなかったのです。

いや、もしかしたら症状が変わったのかもしれないな。

自律神経がバランスを崩したのでしょう。
今ならわかります。

それまで一杯一杯でやっていた自分の心が、
ちょっとしたきっかけで均衡を保てなくなったのでした。

原因不明・薬が効かない

その動悸と息苦しさは時間が経っても収まらず、
一つ目の病院では不整脈、
と診断され薬を処方されても治らず、

それからいくつ病院に行ったかは、
もう数え切れないほどでした。

私は喘息の原因の一つである
アレルギーが全く無かった上に、
ステロイドの吸入剤を服用しても
喘鳴(ぜぇぜぇという音)が収まらず、
(今思うと治療の根気が足りなかったようです)
気管支拡張剤を服用した時は、
むしろ動悸ががひどくなり
倒れたこともありました。

 

病院をはしごしても、
「喘息気味」とか「気のせいでしょう」
とか中途半端な診断ばかりで、

正式に、喘息、と診断されたのは、
その後3年位経ってからのこと。

その3年間に悪化したのかもしれませんね。
東京都の大気汚染助成制度にも認定されました。

 

この時期は本当にきつかった。
実際に大きな発作ではなく、
小さな喘鳴が24時間続いて、
他の人は近づかないと気が付かないレベル。
でも自分はほんとうに苦しい。
(これを「発作」と呼ぶのだと後で知った。)

 

喘息を理由に、いや、言い訳に?
会社を休んだり約束に行けなかったり
なども増えてしまいました。

そして途中もう諦めモードにも入り、
歌もお仕事とソロ活動をストップしました。

喘息を言い訳にしたけれど、きっと、逃げたかったのでしょう。

 

歌の世界で人の評価を気にし、
反応を気にすることに疲れていたし、
そんなことを気にしながら
一人で仕事をしていくことが不安でたまりませんでしたから。

喘息が治ったのは薬ではなかった

でも歌をやめても症状は良くなるどころかひどくなる一方でした。

6年程経過して、
自分を治してくれる病院を
探し回るのに疲れ果てたのと同時に、

もうこれはもう
「治してもらう」のではなく
「自分で治すのだ!」と確信し、
心と身体のことを学び始めました。

そこで省みてみると、
今まで他人軸で生きていた自分に愕然とし、
改めて自分の心と向き合いました。

そして、もう一度歌の道に戻ることで
喘息はいつの間にか治っていたのです。

 

追記:2018年秋、またハードな喘息発作がでてきました。
この数年間は、治っていたのではなくはなくたまたま症状がさほど出なかっただけ。症状がおさまっていたのはメンタルが整ったことで発作が起きにくくなっていたのでしょう。

2018年はいろんなことがあったせいかストレスも大きく、秋の季節の変わり目にがつん!と発作がでてきました。

こちらもご参考に。

喘息を通して得られたもの

喘息が収まっていったことはもう感謝でしかありませんでした。身も心も本当に楽になりました。

しかしこの喘息がきっかけで、自分の心を見つめ直し思考の転換をすることで歌の世界にもういとど戻ろうと思うことができました。(この頃出会った夫の存在もおおきい!)

 

そして、歌の世界に戻り歌ともう一度真摯に向き合うことは、さらに自分の心と身体を熟知することにつながっていきました。自分の心や身体の癖に気が付き、自覚出来る時間でもあったんですね。

実際にこの喘息による気づきがある前と後の私の歌は全く違います。

「前より説得力を増した」「心に届く」と多くの人に言われるようになりました。その歌を聴いて「Yukoから習いたい!」とボイトレを切望されレッスンをスタートし、今に至ります。

 

歌とは、マインドが全面に現れてしまう上に、
楽器である身体を駆使して全身前例でエネルギーを注ぐもの。

ここに真面目に取り組むことは身体と心の奥行きや広がりを促すとさえ思います。

歌が上達するだけではない、大きなプレゼントがあったのでした。

喘息になったからこそ、ここに気が付き
今のように歌えるようになった。

もし今どこかで苦しんでる人がしたら、歌が変わる、大きなチャンスかもしれませんね。

体験レッスン詳細はこちら

 

関連記事

  1. 本来の自分に戻る人が歌いに来る

  2. 良し悪しではなく違うだけです

  3. 歌に心がこもってない・・と言われても!

  4. 「ありのまま」「あるがまま」の取り違い

  5. 仕事の底にある想いや信念

  6. 願いが叶うのは魔法じゃない