仕事の底にある想いや信念


今日から4月1日。いろんなことが切り替わりますね。N◯Kさんはの朝ドラも今日で終わりったみたいですね。

朝ドラは女性の生き方や仕事との向き合い方などにおいて、色んな名言があります。今回の朝ドラ『べっぴんさん』では「お客さんの笑顔が見たい」という想いがあってこそ続いてきたお仕事について綴られていました。もらってくれた人が喜ぶ姿を見たい、という想いは主人公が幼いころから持っていたもの。

私自身が会社を辞めて自ら仕事を始めたせいか、ここ一年くらいはやけにこのような彼女たちのセリフが胸にしみます。

さて、私が起準備中に、とある女性向け起業コミュニティに、一瞬入ってたことがあります。

そこのとあるビジネス講座のプレ・グループコンサルに参加したことがあるのですが、「べっぴんさん」のヒロインの信念の詰まった言葉を聞くたびに、そこで起こった衝撃を思い出してました。

それはどんなことかというと、そのグループコンサルで、自分の販売してる、もしくは準備してる商品やサービスを説明するというコーナーがありました。

私は、なぜボイトレの中にカウンセリングを入れるのか、や、なぜ心と身体のつながりを重視してるのかも説明し、その経緯として長く悩んでいた成人喘息と自分のメンタル的な気づきにも触れました。

そしたら講師の方は開口一番

あ、信念はいらないから!

と。

はてな!?!となりました(笑

あなたの想いはいらない。商品が売れるためには不要。

だそうでして。

めちゃくちゃびっくりしました。私はそれがあるから起業しようと思ったようなものです。歌やボイトレは、私にとってそのための最高のツールでした。

もちろん、私の述べたことがその時の趣旨にあってなった可能性もあるし、説明があまりにまとまりなかったということもあるかもしれません。もしかしたら、強く言い放つパフォーマンスをして講師の個性を強調したかっただけかもしれません。

 

でもいづれにせよ、そこの信念や想いを大切にする講師、講座なら違う言い方になったと思います。

プレコンサルを受けておいて心底よかったです(笑 本講座はもちろん受講しませんでしたヨ

自分の心と身体をゆっくり見つめながら声を出していくことで変わっていくことが確実にあります。私は歌で人生が変わりました。
結果歌も生き方も変わって生きました。

もっと楽に歌えるし、もっと楽に生きられる。その信念を持って歌い続けるし歌を教え続けます(^^)