声量が無いと悩む方へ!声量を上げる法則と効果的なトレーニング方法

こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子です。

声量おばけって言葉知っています?

その声量でマイクを壊したことがあるほど、というTMレボリューションの西川貴教さんが代表されるらしいですが、とにかくとてつもない声量を持ってる人のことを、そう表現することがあるようなんです。

声量がない
もっと声量を上げたい
当レッスンに来る生徒さんにもそんな方が多いので、
いろいろリサーチしてたら初めて知ったことなんですけれどね。

なるほど、youtubeなどで西川さんの歌ってる映像をみると、確かに小さい体で高い音から低い音までガッツリ地声で力強い声をだしていますね。なかなか興味深い。

さて、声が小さいと悩めるみなさんへ
どうやって声量をアップさせるのか、
もっと大きい声を出すにはどうしたら良いのか、
西川貴教さんや他のアーティストなど色々サンプルを出しながら、めちゃくちゃ独断と偏見で、楽しく、声量をあげてくコツをお伝えします!

声量がないとダメなの?

そもそも声量がないのはだめなことなのでしょうか?

声量があることが良いことのように言われるし、声量があるというのは褒め言葉のように見受けられるけれど、実際のところどうなの、という話ですね。

ソウルやゴスペル、またロック系ならまだしも、ボサノバやジャズを歌うのに声量は必要なの?一般的なJポップなら声量を気にしなくても良いんじゃないの・・・?

そんな疑問もあるかもしれません。

でも下記の2つの理由から、やっぱり声量を上げるというのは大事なことだと言えます。

歌力をあげる

後で具体的なトレーニングとともに詳しく書いていますが、声量を上げるというのは声帯をしっかりと閉じる力と関係しています。

レッスンを続けていて本当に感じるのですが、声が不安定だったりぶれてしまったり、声密度が荒くカサカサした声の人は意外なほど多くて、多くが息が多すぎるか、また声帯を閉じる力が弱いことが原因にあります。

そうなると、いわゆる芯がが無い頼りない、声力の無い声になってしまう。

声力のない楽器には歌力は宿らない。
歌を聴いてる人にダイレクトに届けるためにもあげたいのが歌力。そのために声量を上げるための筋力は養っておきたいもの。

 

声量とは表現力の一つである

声量をコントロールすることは表現力の一つです。

一つのフレーズの中で、また一小節の中で、はたまた一音の中でクレッシェンドやクレッシェンドを起こすことで、歌に緩急が生まれグルーヴが感じられるようになります。

もちろん声量というのは、グルーヴを含めた表現力を組み立てる、ほんの一部の要素ではありますがそれでも欠かせないものです。

そして、人間というのは「差」にドキッとしたり心を動かされたりするものです。

貧しく辛い生活から努力と根性で大成功をおさめた話に感激したり、その逆の話に野次馬心を刺激されちゃったりするものなのです。

安定したロングトーンから突然のビブラートの揺らぎに心地よさを覚えたり、ピアニッシモからの急激なフォルテッシモの響きに虜になったりするのです。

歌の緩急をつけるためにも、声量をつけることは非常に大切です。

 

つまり、声量をあげるということは、相手の心に届く歌力と、歌を七色に変化させる表現力を身につける、ということに他なりません。

声量があるとは大声を出すことではない

出したいのは響く声

そもそも多くの方が間違ってますが、声量を上げるということは、大きな声を出すということではありません。

大きな声を出すというのはがなってしまうこと。
そうではなく、声量をあげるということは、声を響かせるということ。

声とは音。音は空気の振動で、その振動数の振り幅が大きくなると声が大きくなります。
声量があるという声は、その空間に最適最高の周波数が広がっていくようなものなのです。

たとえば、池に石を投げたら波紋が広がリますよね、あれと同じように声も空間に波が広がります。声は壁や塀などに跳ね返り、響きとなってこちらに返ってきます。

一般的に大きい声、と言われてるもの、また声量があるといわれる声とは、その空間に響き渡る声のこと。

この動画を見てくださいませ。
響いてるな〜という感じありませんか?

特に、若干息の量が強い感もありますが、松崎しげる氏のほうが響く声かな。

 
 

もっとすごいと個人的に思うのはデーモン閣下。
ハードロックバンドならではのバックの音量だから目立たないかもですがものすごい声量。響きまくっていますね。

衣装と化粧に目を奪われて集中して歌を聞きそびれないように。。

 

首周辺の力みはいらない

大きな声を出そうとすると、どうしても首周りが力んでしまう人がいます。これは高い声を出そうとするときも同様によく起こってしまうこと。

首周りに力を入れてしまうと、喉仏の内側にある声帯の動きを妨げてしまいます。

声帯は粘膜・筋肉・靭帯でできていて、様々な動きを伴い声の高さや大きさを決めるのですが、その動きが制限されてしまうのです。

だから絶対首周りに力を入れてはいけない、、あくまで首周り(に限らず身体全体ですが)はリラックスなのです。

 

息の出しすぎは注意

声量をアップしましょうというと、「息を多く吐きましょう」というアドバイスをされてる方が時々いらっしゃいますし、ネット上の記事でもよく見ますがこれはNGです。

もちろん、声は息のエネルギーですから最低限の呼気量は当然必要です。が、大きい声(高い声も同様)を出すからと言って呼気の量を増やす必要は全くありません。むしろ声帯に息を当ててしまうため負担になるので注意!

息の量は常に一定です。大事なのは息の量ではなく息の圧力!これは後で説明しますね!

こちらの記事もご参考に。

 

 

音も画像も悪いですが、どこにも力が入っていないのがわかるでしょう。
大好きなホイットニーがお母様と。

声量を上げるためのトレーニング

まず理論から説明しましょう。

大人は頭も身体も凝り固まっているので、やり方を伝えられても体感するのがなかなか難しい。でも理論を知るとイメージがしやすくなります。

声帯をきちんと閉じる

声量をコントロールするのは声帯の厚みです。

喉仏の中にある声帯には左右一対のヒダのようなものがあり、そこが閉じてる時呼気が通ると振動が生まれ声がでます。

映像をお借りしました。

 

そして大事なのは表面だけが振動しているのではなく、厚みを持って振動しているということ。左右の襞の表面だけが振動してるのではなくて、下の方から厚みを持ってベロンと振動してるの、、わかるでしょうか。

 

下記の動画のほうがわかりやすいかもしれません。
これは全体を通して非常に興味深い特集。

2:36頃から見ると、声帯が厚みを持って振動している感じがよくわかります。

 

この厚みが声量を決めるので、まずはしっかり声帯を閉じ厚みを持って振動することが必要になってきます。

しかし残念ながら、声帯は感覚に乏しくコントロールすることはできません!!

呼吸や共鳴腔という他の声を作る要素の手助けを借りてうまく調整をしていくのが大事になります。

腹筋を鍛える

声量を上げるために非常に大切になるのが、吐く息のコントロールです。

吐く息は、腹横筋や骨盤底筋群によってコントロールされるので、その周辺を鍛えることがポイント。腹式呼吸の基礎ですね。

腹式呼吸の仕組みと具体的なトレーニングについて、下記の記事にかなり詳しく書いてあるので、詳細はこちらをチェックしてください。かなり広範囲にわたって腹式呼吸について説明をしています。

声の支え

もう一つも呼吸に関して。
上記の記事は横隔膜を使った肺の上下運動の話でしたが、今度は左右の動きについてです。

肺は上下だけではなく左右にも広がります。
歌うときはこの左右に広がった胸郭をなるべくキープすることも大切です。これを声の支え、と呼んでいます。

<HOW TO!>
(1)肺を左右にがっつり広げる。
(2)その肺(胸郭)がしぼんで行かないように少しずつ息を吐く
(3)吐く息はほそーく少しずつ。口から音をたててゆっくり吐くこと

まるで肺の中にちっちゃいおっちゃんがいて、ガニ股になって両手を左右の肺の壁にあてて、「まてーーー!しぼんじゃだめー!!!」とやってるかのごとく、、です!

肺に空気がたっぷり入って、胸郭をキープし腹圧をあげていく、、肺の中がパンパンになったようなイメージです。(でも大事なのはこのとき、首や肩を固めないこと!)

この声の支えが安定して力強い声を生み出します。

なぜかというと、声帯というのは声の振動を作り出す役目の他に、しっかり閉じることで腹圧を上げる役目を持っています。

肺の中にたっぷり空気がありその圧力が増すと、声帯が「空気よ、漏れていくなー」とでも言うように閉じる力が強くなります。

それによって声帯は厚みを増すので声量があがる、ということ。

息の量は必要ないけれど、息の圧力は必要」と書いたのはこういうことです。これは非常に大事なこと。

腹式呼吸の項目と記事で述べた、骨盤底筋群や腹横筋といった下腹部での支えと、胸郭を拡げる支えの拮抗しあうような力が、声量アップのための呼吸作りに欠かせないものとなります。

 

もし、胸郭を広げること自体がよくわからない、、、というのであれば、胸郭周りの筋力が固まってるかもしれません。

その場合はまず、たっぷり肺全体に空気を入れる練習をすることです。

<HOW TO!>
(1)まずたっぷり息を吐き、お腹を緩める(腹式呼吸の記事参照)
(2)口から細く長く息を吸っていく(鼻から吸うよりコントロールしやすいので)
(3)少しずつお腹が広がり体が空気で満たされていくイメージでひろげていく。まずお腹に空気が入る、脇腹が広がり空気が入る、胸の下の方が広がり空気が入る、背中が広がり空気が入る、鎖骨の下の方が広がり空気が入る、、というように下から空気が少しずつ入るようなイメージを。
※注意    息を吸う時に肩を上げない、また首をヒューっと締めない。

空気が入るように身体の下の方から広げていきたいのですが、広がらない場所がでてきたら、そこは凝り固まってるのでマッサージしたりして活性化させてあげましょう。

動かない、ということは、呼吸をするときに使うところのはずなのに今まで活用していなかったということ。

意識を向けたところは活性化するように人間の身体はできてるので、「起きてくださーい」と言うように、触ったり揉みほぐしたりしてみてください。

私も非常に胸の上の方が硬かったのですが、今は呼吸をすると鎖骨の真下までぷくっと膨らむのがわかります。

響かせよう

大事なのは、大きな声を出すのではなく、響かせること、というのは上述のとおり。

大きな声をがなってだすのではなく、空間に響かせることを意識してください。

そしてもう一つは、ふんわりとだんだんクレッシェンドするトレーニングをすること。そのことで、声帯に厚みを持たせる筋肉も少しずつ鍛えられていきます。

<HOW TO!>
(1)まずは安定したロングトーンをゆっくり8カウントくらい伸ばす。
(2)フェイドインしながらゆっくりクレッシェンドしていくように伸ばす

フェイドインしながらふんわりだすのがポイントです。

両手でバレーボールのトスを軽くだすような手をつけると分かりやすいかも。丁寧でまあるい弧を描いて前に届くようにふわっと声をだしてください。

 

手前味噌ですが我がユニット。
3人共相当の声量の持ち主なのです。
アカペラだしわかりやすいかな。
全く一切力をいれてません。力を入れるのは丹田だけ。

 

最新動画はこちら

 

声量がない、という自覚がない

実は声量がない、と言う自覚がない人も多いのが最近の特徴。

そもそも、会話も含めての声の大きさは環境にも左右されます。
家族や兄弟が多いと、大きな声を出さないと自分の意見が通らないどころか聞こえないということもあるので、自ずと大きくなったりします(私はこのタイプですね)。

また、こじんまりとした静かなご家庭ではそんなに大きな声を出す必要も無い。
家族全員が声が小さければ、「自分の声が小さい」と思うはずもありません。

カラオケ文化の影響もあるでしょう。

マイクのボリュームを上げてエコーをガンガンに効かせたら、さほど声量がなくてもそこそこ聞こえる音になります。ましてやカラオケの狭い空間で歌ってるからなおさらです。

また、ゴスペルクワイヤーなどに入っていて、自分は気持ちよく歌ってるつもりでいたけれど、実は全く声量がなかった、というケースも少なくありません。

ゴスペルクワイヤーは、大勢で歌う楽しさがあり、それこそが醍醐味というもの。ただ、自分が足りないところを他の人が補ってくれてることに気がついていないことが多々あります。

当教室のグループレッスンはゴスペルクワイヤーに所属していて個人の歌力を上げていきたい、という方も多くいらっしゃいますが、グループレッスンで他の参加者と自分自身の声を比較し、「あれ!私こんなに声量なかった?!」と気がついて驚く方が結構いらっしゃいます。

大事なのは自覚すること。自分の声の力がどのくらいなのか、そこに気がつくのがまずマストです。

まとめ

ここまで、声量についてのあれこれをこまかーくかいてきました。

声量があるとはどういうことか、
なぜ声量があったほうがよいのか、
声量が上がるとどういう風に歌えるようになるのか、
そのためには何をしたらよいのか、

全てが大事なことです。
そして後は行動あるのみ!!!ですね!

自分の歌いグセがわかる体験レッスン詳細はこちら

 

関連記事

  1. 自分の声が嫌いです

  2. リズム感がないんです、私。

  3. 子供の頃「音痴」と言われたのが忘れられない

  4. 音痴は治るのか、、いやそもそも本当に音痴?オンチの真実と原因…

  5. ハスキーボイスになりたい?いや、ちょっと待った!

  6. もともと歌が下手・・なおらないのか、その原因と対処法