高い声を出したいんです!

こんにちは、フェルナンデスユウコです。

 

歌が上手になりたい人の悩みで
「高い声が出ない」
「高い声で歌えるようになりたい」
というのはとても多いです。

 

海外アーティストの名曲も
J-POPという言葉が出始めた頃の
日本のヒット曲にも、
確かにキーが高めに設定されているものが多く、
そのテンションの高さが高揚感を生み
惹きつけられる感覚、確かにあります。

 

がしかし、高いキーだから良い、
というものでもないんです。

 

無理して高いキーで歌うよりも
自分にとって歌いやすいキーで
安定して丁寧に歌えるほうが
曲としての精度も高く
表現しやすく相手に伝えやすいもの。

 

とは言え、サビの高音を
オリジナルと同じように
ハリのある地声で歌いたい!
という気持ちもよくわかります!

 

私自身が元来太くて低い声の持ち主。
10年前までは今ほど高い声を出して
歌うことはできませんでした。

 

今でも、高音部より中低音の方が得意なものの、
その当時より2,3音(カラオケで言う+♯4,5)程
音域は上に広がりました。

 

実は、低い声は声帯の生まれながらの長さにより
ある程度出せる限界が決まっていますが、
高い声は声帯の特質上、訓練次第で
かなりのところまで出せるのです。
限界はないとさえ、言われてます。

 

 

{43F37871-14C8-45FD-8999-4C802A30556B}
 

また、
「私、高い声が出ません!」という人でも
裏声だったら出せるという人がほとんど。
なので高い声を出したいならまず裏声から
しっかりトレーニングしましょう。
私もまずはそうやって高い音程に慣れてきました。

 

裏声で出せてるということは、
声帯はその高さ分、しっかり伸びてるのです。
地声との差が何かと言えば、
裏声は、ただ粘膜だけが振動してる状態。

 

そこからうまく切り替えていくことで
地声やミックスボイスなどへ発展していきます。
ですのでまずは、声帯の張力を増すためにも
裏声をしっかり出せるようにするのが最初のポイント。
簡単だ〜と怠らずに裏声強化していきましょう。

 

レッスンの詳細とお申込みはこちらまで
ご感想やご質問はこちらまで

自分の歌いグセがわかる体験レッスン詳細はこちら

 

関連記事

  1. ハスキーボイスになりたい?いや、ちょっと待った!

  2. リズム感がないんです、私。

  3. 講師・インストラクターの大いなる「声」の勘違い

  4. 子供の頃「音痴」と言われたのが忘れられない

  5. 苦手だけど下手だけど歌が好き!なら知るべき近道

  6. 自分の声が嫌いです