風邪引きやすい&喉を痛めやすいの見直すべきは・・・


こんにちは フェルナンデスユウコです。

風邪を引いてる人や喉がイガイガしてる人、
生徒さんにも周りにもとても多いです。

寒くなり乾燥してくると毎年のことではありますが、
皆のケアのしかたを見てちょっと気になること。

 

風邪を引きやすい
喉を痛めやすい
喉が枯れやすい

こういう方、
のど飴舐めたり
喉の薬買ったりしがちですけれど、
実は原因は鼻にある
ということが少なくありません。

これは実体験&耳鼻科の先生の言ってた話です。

鼻が悪い、 鼻炎で鼻が詰まってる
これはつまりは鼻呼吸ができないということ。

 

そうなると口呼吸になり口が乾く、、
そして喉が乾燥してきます。

声帯の粘膜に潤いが無くなって来ると
スムーズな振動の妨げになります。
無理して出すと余計イガイガしてきます。

また鼻は鼻毛など、
外気のフィルターになるものがあるのですが
口の方は直接外気を取り込みやすく
ばい菌も入ってきやすいとのこと。

また、口の乾燥は口臭や虫歯にも結びつくので
出来る限り口呼吸ではなく鼻呼吸にして
健康維持したいものです。

 

私は喘息に加えて鼻炎もあり、
(本当によくこれで歌えてる、と思う時がありますw)
季節の変わり目の温度差に敏感なので
鼻ケアはものすごく切実です。

 

今も実は鼻づまりとくしゃみがひどくなって
徐々に喉のカスレやイガイガまではじまってきました。

こんな時は「喉のケアしなきゃ!」よりも
鼻のケアです。

鼻うがいをする。
朝晩の吸入(A&Dホットシャワーがおすすめ)。
寝る時はマスクをして部屋には加湿器を
マスクで鼻を外気の温度差に晒さない
マヌカハニーとプロポリスを飲む。

ちなみに、プロポリスを喉に垂らした時に
イナバウアースタイルになって
上咽頭の方にまで流し込むのもポイント!
(上咽頭がわからない方はググってね。)

 

喉が痛い、と思う時は
実は、喉頭ではなく(いわゆる喉ではなく)
上咽頭が炎症を起こしてることが多いのだだとか。
(ちなみに私は慢性上咽頭炎もある。。)

 

上咽頭炎に関してはまた別記事にしますが、
うがいをする時もイナバウアースタイルになると
上咽頭まで液が流れ込むので、
プロポリスの服用のときにもそれを応用させています。
ハードな炎症を起こしてる時は、
それはそれはしみてます・・・

 

鼻うがいではなく
普通のうがいする時も
イナバウアーすると流れ込んでくるので
スッキリするしオススメですよ~

こちらもご参考に!

体調管理も仕事です

 

レッスンの詳細とお申込みはこちらまで
ご感想やご質問はこちらまで