腹式呼吸がうまくできない理由


こんにちは、フェルナンデスユウコです。

歌のときに呼吸が大事、

というのはよく聞く話。

腹式呼吸をすることが大事、

というのもきっと同じくらい知られてること。

 

じゃあ、腹式呼吸ってなんですか?

はい、答えて下さい。

 

・・・

実のところ、そう聞かれて

端的に的確に答えられる人は

想像以上に少ないです。

 

「お腹に空気が入って〜」とか、

「お腹が膨らむやつ!」とか、

よいところでも、

「横隔膜が動く呼吸」あたりでしょうか。

でも、それだけではちょっと足りないんですね。

 

もちろん、お腹に空気は入りません。

空気が入るのは肺だけです。

 

腹式呼吸とは、端的に言うと

横隔膜が下がる運動によって

肺の中の気圧に変化が起こり


肺に空気が入ること。

 

腹式呼吸は実はとても簡単です

下がってきた横隔膜によって

それより下の臓器が押しつぶされ

お腹がでっぱるのです。

腹式呼吸、だったり、

お腹が膨らむ呼吸

などと言ったりするわけです。

 

もし、的確な腹式呼吸をしてるつもりなのに、

すぐ息が苦しくなる、息が続かない、

などの悩みがある場合は、

大きな理由の一つが

空気を吐ききれていないことです。



そう、まずは吐くことが大切です。

肺の中の空気を出し切らないと

新しい空気を取り込めません。

吸うより吐く!

これが第一歩です。

 

レッスンの詳細とお申込みはこちらまで

ご感想やご質問はこちらまで