テクニックと情熱のはざまで

良い声を出して
聴く人の心にまっすぐ届けたい!
良い歌を歌い
自分の気持ちをを表現したい!

 

自分の歌や声を見直すきっかけは
そんな情熱からです。

 

しかし、熱い想いは
うまく循環されないと
時に空回りしてしまうのは
こちらにも書いた通り。

歌の練習に真面目な人ほど陥りやすい罠

 

必要以上な硬さを身体にも声にも与えてしまいます。

 

 

{BD8BAEAA-8416-405E-84CE-C068C446E1C1}

 

熱い想いは行動にかえたいもの。
その情熱は、身体を見直し、
睡眠時間や食生活等のライフスタイルを
見直し、それらを行動に移す原動力へ。

そして、はやる気持ちは、
トレーニングに発散させるように。
テクニック的な練習は決して裏切りません。

 

そうして行くうちに、
自分の情熱は歌に還元できるような、
そんな表現力はついてきます。

 

時間はそれなりにかかるかもしれませんが
焦らず地道に突き詰めていくことは
いつしか形になります。

 

情熱に流されず
テクニックに固執せず
自由なハートで進めていきましょう!

 

歌と表現の関係はこちらに詳しく書いてます!

自分をしっかり歌で表現できるならばテクニックはいらない?

レッスンの詳細とお申込みはこちらまで
ご感想やご質問はこちらまで

自分の歌いグセがわかる体験レッスン詳細はこちら

 

関連記事

  1. 歌が下手過ぎる、と自分をdisる人の特徴

  2. 日本人が洋楽を歌う時忘れちゃいけない3つのこと

  3. 良い歌には豊富な恋愛経験が不可欠なのか?!

  4. 「つもり病」にかかっていませんか?

  5. 声や歌の変化を邪魔するトラウマ

  6. 歌はあくまでツールです