鏡がレッスンマストアイテムの2つの理由


表情や姿勢チェックのための鏡

鏡を見ることは大切です、と
美意識を高めるためにも
よく言われてることですよね。

叶姉妹は鏡を部屋に置きまくって裸体で過ごすとか。。
自分の姿を常に意識することができる。

一般的なボイトレでも鏡のある部屋で
レッスンをすることは多いです。
表情や姿勢のチェックのために
マストですからね。

当レッスンでは
それだけではない複合的な理由で、
鏡を見ることととても重要視してます。

 

自分の意図を写す鏡

かなり多くの人が、
恥ずかしくて自分の姿を直視できないことが多いです。

レッスンの時は鏡に向かって椅子を置いてるのに
いつのまにか私の方を向いてる生徒さんもいる・・
「私のことは見なくていいですから(笑)」と^^

また、集中しようとして目をつぶってしまう生徒さんも。
これはテンションが上ってくると良くあることですが
でも、練習ではなるべく鏡を見て欲しいんです。

 

理由は二つあります。

まず一つ目。

鏡で自分の姿を見ることなしに、
現状を知ることはできません。

しっかりと自分の姿勢や口の開け方、バランス、目線
などをチェックします。

そして大事なのは見たその後です。


同時に自分の声を聞いて、
呼吸の流れや、力加減を感じて

「こういう声の時は身体のバランスが悪いな」
「こういう声の時は口の開け方が自然だな」
「こういう声の時はいつも力んでるここが緩んでるな」

ってわかるわけです。

(鏡を)見て、声を聞いて、
身体で呼吸や力加減を感じて
初めて現状を知り、
これから何をするべきなのか
微調整をすることができる。

鏡を見ることなしに、
声の改善を図ることは不可能、とさえ思います。

二つ目。
声には意図が乗ります。その人の想いが乗るのです。

例えば、電話をしてる時、電話先の相手が何となく
「あ、こいつテレビ見てやがる、、」とかわかりません?
気持ちがこちらに集中していないのが、
声を聞くだけで伝わっちゃうのです。

誰かに想いを伝えたくて
声を磨こうと、歌を磨こうとボイトレに来てるわけですから
しっかり自分の「何か伝える想い」を前に向けて欲しい。

鏡の中の自分に対するのでも、
その向こうにいる誰かを想像するのでもいい。
しっかり声を目の前のものに届けることに慣れたいもの。

歌を届ける相手はいつも視線の先にあるものですから。

 

レッスンの詳細とお申込みはこちらまで
ご感想やご質問はこちらまで