緊張をほぐすのはまず身体から!


以前、緊張がほぐれる究極の方法として
記事を書いたことがあるのですが、

ステージで緊張しない唯一の方法◀

 

これはメンタル的なアプローチかつ
準備の段階でするべきこと。

 

今日は、「今のいまイマ!緊張してるねん!」
という切羽詰った時にどうしよう、というお話です。

 

緊張をほぐす対策は身体から

緊張する
上がってしまう

そうすると心臓がドキドキしたり
汗が出てきたり、
顔が熱くなったり、
お腹が痛くなったり、
なんだか不思議な現象が現れます。

これは精神的なもののように思えますが
身体に起こるストレス反応。
交感神経が優位になっています。

あー緊張しないように!
冷静に!
考えすぎない!

なんて言って気持ちをコントロールするのではなく、
身体に起こってることなのだから
身体に対して作用してあげたほうが早いのです。

 

 

緊張のほぐし方

緊張してる時は頭に血が上がっています。
身体の力を抜いて、その血流を下に下に
下げていくのが良いです。

膝を曲げバウンスしながら
どんどんとその場で軽くドンドン、、
とするように、力を下の方向に流していって下さい。
少しずつ落ち着いて来ると思いますよ~


私はライブ前は緊張で頭に血が登っていくせいか、
足元が冷える感覚があるので、
レッグウォーマーを履く事が多いです。
(あくまで個人的な感覚です)

でも、ゴムの強い靴下などだと、
足首に跡が着くのでご注意を〜〜!
年齢が上がるとこの跡は2,30分では取れません!(笑)


 

 

口が乾く時は

交感神経の働きは
唾液にも影響するのですね。
緊張すると口が渇く、、ありますよね。

うまく水を飲むタイミングを計れない時は
自分が持ってる加湿システムを使いましょう。
唾液腺を刺激することのです。

アゴの中心から左右に指三本分
首側に指二本分いったところに
窪みがあります。

そこをグリグリ刺激してみてください。

あれ?唾液がじゅばって出てきますよ。


緊張とは心と身体両方にかかるストレス反応です。

「不安だ」
「間違えたらどうしよう!」
「恥ずかしい!」

そんな気持をコントロールすることは
なかなか難しいので
身体の方からアプローチする方が有効です。

ストレッチをして身体をほぐし、
脱力して血流を下に流すバウンス、、
また深い呼吸を繰り返してみる。
口が乾いたら唾液腺を刺激。

それだけでもすっと落ち着いてくることと思います。

是非ご自身のパフォーマンスの前に試してみて下さいね!

 

レッスンの詳細とお申込みはこちらまで
ご感想やご質問はこちらまで