歌も好きだけどお酒も好きなんです!


歌と嗜好品シリーズ第二弾!
タバコという嗜好品以上に

より多くの人が楽しむお酒。

歌とお酒の関係ってどうなのでしょう?

タバコは喉に悪いというが

結論から言うと、

お酒を飲みながら大きな声を出す、

歌うことはよくありません。

{80244A43-2D89-4D97-A288-3BB71556A024}

よくありません⬆︎

(これはライブ後だからOKということにしておきますw)
声が出るところは、声帯ですが、

声帯は筋肉、粘膜、靭帯で

構成されております。

使いすぎれば筋肉痛になるし、

使い方を間違えると痛めます。

アルコールは血流を増やすので

粘膜は充血してきます。もちろん声帯も。

また、お酒を飲むとのどが渇くと思うのですが、

それはアルコールを分解しようと水分を使うから。

つまり、お酒を飲んだ時は、声帯は充血して、

しかもパサパサと乾ききった状態、

ということですね。
声は吐く息が声帯を通り、

振動することによって出てくるので、

お酒を飲んだときに歌うということは、

乾いて赤く腫れた筋肉と粘膜に

ギーギー何かをこすりつけてるようなもの。

歌手にとってはもう自殺行為のようなものです。
書いてても恐ろしい!
 
ですので、歌手活動をしてる人に

カラオケでの飲み会は

当然おすすめ出来ません。

カラオケそのものを楽しむこと
そのものに全く問題ありませんが、
そこでお酒が入ると確実に喉には負担がかかります。
 
またカラオケに行かなくても、

飲み会というのは騒がしいものですし、

テンションも上がって大声で話しがち。
これも当然、喉にはよくありません。
 
また、その場に喫煙者がいることも

少なくないことでしょうが、

これも更に悪影響を及ぼします。

副流煙を吸い込みながら

アルコールで声帯を充血させ

コントロール出来ない状態で歌う、、
大声を出して話す、
次の日の喉のコンディションがいかほどか
簡単に想像できますよね(汗)
 
 
私自身会社員をしながら歌手活動をしていた時期があり

接待などで飲み会⇛カラオケコースなども

経験しているのでよくわかるのです。
私に限らず、きっと多くの人が経験してるはずです。
 
 
でもやってしまう・・

お酒は美味しい楽しい・・

そんな人も少なくないかもしれません。

私もその一人です(←ヲイ!)

 
 
そんなワタクシ、

今となってはカラオケに行って飲むことは

なくなりましたが、

飲みの席で気をつけてることは

 
*水分を取ること

*食事をしっかりとること

*喫煙者と離れて座ること
*大声でしゃべらないこと
 
最初二つは、アルコール濃度をの急上昇を避けるためと、

アルコール分解のために使われる水分を補うためです。

必ずチェイサーを頼むようにします。

 
あとはなるべく喉への負担をかけないよう
気をつけてみてくださいね。
 
そしてもちろん、飲み過ぎは注意です!
全国の酒好きシンガーのみなさま

適量で程々に、楽しみましょう!

そしてできるだけ長く良い声で歌い続けましょう!

 

レッスンの詳細とお申込みはこちらまで

ご感想やご質問はこちらまで