ブログと歌は同じようなもの


ブログと歌は似てるところがある

ブログを書くのは色んな目的があります。
日記や記録だったり、
不特定多数の人へのメッセージだったり等、
一つの自己表現であり、アウトプットです。

歌も同じように自己表現であり、アウトプット。
「誰かの心を動かしたい」という思いの元
発せられる自己表現です。

 

ブログの中には、人の心を打つものも多数ありますよね。
その中でも、私の師匠のブログは
本当に素晴らしくて、
読む人の心にぐっと入り込みます。
FACEBOOKのコメントでも、
「元気がでた!」と言うものが多数あって、
ブログの力をまざまざと見させてもらっています。

 

先日亡くなられた、小林麻央さんもそう。
彼女のブログに勇気づけられた人も多いですよね。

自分が経験したものを自分の中に落とし込み、
相手に伝わる言葉に表現できる力に感嘆します。

 

アウトプットという表現

歌も同じです。
相手の心を動かすのは、
どれだけ相手に伝わる表現ができているか、によります。

もちろん、人の心を動かすブログを書いてる方々が
「相手の心を動かしたい」と常々思ってるわけでは
ないのはあたりまえですし、
人を涙させる歌を歌う方も、
ライブの時「泣かせたい!」と思って歌うわけではありません。

自分が見て聞いて感じてきたものが、
自分というフィルターを通して「歌」というツールを用いて
アウトプットされる。
そこでピックアップされる表現が
豊かであればあるほど、
多くの人の心にズシンと響くのです。

 

その表現は、テクニックだけではない。
でも下手でもいい、ということでは勿論無い。

 

正直言って、
正しい音程やピッチなどはキープされてるのが前提。
これは当たり前の話です。

その上で、どういう歌い方をするのか、
どういう表現をするのか。

 

どこでアクセントを入れる?
どこをささやくように歌う?
どこを小さめに?
どこからクレッシェンド(だんだん大きく)する?
エッジを効かせるのはどのフレーズ?
リズムの刻む感じは?

 

キャンバスにカラフルな絵を描くのに
どの絵の具を選ぶのかはあなたしだい。

 

そして、どうやって絵の具を増やしてくのか??

 

これは、原曲を聴き込み、
それを自分でできるほどのテクニックを磨き、
完コピ(完全に真似て歌う)する。

この記事もご参考に
音程は正しいはずなのに何か違う・・・

 

そうやって絵の具を増やして、
実際にライブで歌う時は
そんなことをすべて忘れ、
自分の魂の通りに
自分のものになった絵の具を駆使して
表現をしていけばいいのです。

レッスンの詳細とお申込みはこちらまで
ご感想やご質問はこちらまで