なぜ最近歌が注目されるのだ?


「次は歌だ」って降ってきた

私が2016年にレッスンを始めてから
毎回「どうしてボイトレを始めたいのですか?」
という質問をするのですが、

 

こんな一見突拍子もないというか、
メジャーではなくレアになりそうな回答を
答えた人たちが、実は一人や二人ではありません。

 

次は歌だって降ってきた
歌いなさいって言葉が聞こえた
歌が次のキーワードだと直感が来た
なんとなくだけど突然『歌』って思った

 

実は10人近くおります。

すごいですよね。

 

最初は「まじかー!」と思ったけれど
だんだん「またかー!」と思うようになりました。

 

なぜだろう、、と考えてみました。

 

ちょっとスピリチュアルな話かもしれませんが、
最近世の中は二極化してるといいます。

 

本来の自分にどんどん戻っていく人と
そうではない人。

 

私自身も、いつも書いてるように
喘息や別れや出会いをきっかけに
自分の心と身体と向き合いました。
そこでパラダイムシフトが起こって、
メンタルに大きな変化が怒り、本当の自分を認め
いつもそこに寄り添うようになり、自分軸で生きられるようになりました。

 

周りでもそんなふうに変わっていく人がたくさんおります。

あ、かといってこれは別に選民思想的なものでもなく
気づきがあったからエライというわけでもありません。

 

大きな流れの中でいえば
きっと我々の人生はあっという間に過ぎるもの。

 

ただ、確実にそういう流れになってるのは体感します。

 

そして、
歌は自分の内と外を同時に見つめる事ができるもの。
だから今の時代に必要とされてるのではないかな。

ボイトレは、眼に見えない声を外にアウトプットするもの。
自分の意識を内側に向け、その指令を外に出していくものです。

 

質の高いボイトレをすることで
自分の心と身体の内側の状態に気づくことができるし、
そこをなぞっていくことで正しい指令が神経回路を伝って
外に声として現れていくもの。
クリアになぞれればなぞれるほど、、
思い通りの声として外に出ていきます。

先日も生徒さんがこんなメッセージをくれました。

由布子さんのレッスンは、私にとって、歌を歌えるようになりたい。ということもありますが、
声を出して、 自分のイメージする(例えば由布子さんのようにclearで響きのある)声が出せるようにする。

また、自分に自信が持てるようになるための
声とからだと心のセラピーの時間だと思いました。

由布子さんの生歌つきの、そんなレッスンを受けられる私は幸せな生徒です❗

こんな風に言ってもらえる私は幸せなトレーナーです(涙)

自分の内と外を見つめ、つなげていきたい方、
「次は歌だ!」と思っていたけど動けてない方は
ぜひ会いに来て下さいね~

 

レッスンの詳細とお申込みはこちらまで

ご感想やご質問はこちらまで