梅雨の時期の喘息をどうのりきるか


アレルギー以外でも喘息はでます

30歳から突然やってきて苦しんできた成人喘息。
私はアレルギー検査しても何も反応せず
何を対策していいかわからず本当に苦労しました。

アレルギーだったら、
「これを避ければいい」
「これに気をつければ良い」
というある程度の目安もありますが、
それが全くない。薬も効かない。

なのでネットで検索して、
何か一つでも楽になる手がかりがないものか
探しまくっていました。

喘息 アレルギーじゃない 対策
喘息 アレルギーじゃない 原因 対策
喘息 苦しい どうしたら 治る

だんだん悲壮感を帯びてくる検索ワード(笑)

当時は会社員だったのですが、
仕事の合間にそんなページばかりを探していました。

そんな人、他にもこの時期いるかもしれませんね。
少しでも役に立てば、と思って書いています。

 

梅雨の時期に悪化する喘息

私の場合は春先からだんだん苦しくなり
6月ごろが一番苦しくなる時期でした。
そう、梅雨の時期。

 

最初は全く何かわからなかったのですが、
喘息は低気圧と大きな関係があるのでした。
意外と知られていない事実かもしれません。

その理由に関しては検索すると色々でてきて
なんだか信憑性にかける情報もありますが、
確かなのは低気圧との関係です。

低気圧の時は大気中の酸素が少なくなりますが、
大気や水分というのは平均化しようと流れて行くものなので、
低気圧の時は、体内の水分が外に出ていこうとするらしいのです。
血液も同様に外に出ていこうとして血管が膨張する。
気道の毛細血管も拡張し、気道が狭くなって苦しくなる、、、ということ。

 

でもこれに対する対策はどこを探してみみつからなかった!

もちろん、
身体半分を起こしておくと楽だよ、とか
水分を沢山とって痰を切れやすくしておこうよ、とか
辛いものは気管支にも刺激与えるからやめとこうよ、とか
その程度のものはありますけれど、

本当に辛い時ってそれくらいじゃちっとも変わらない。
そして、どうにもコントロールができない低気圧が相手。

私自身は一番ひどいときは低気圧以外の時も苦しかったので
複合型だったのだとは思いますが、
それでもこの時期が最も体調が悪く、
雨や曇りがやってくるのが身体でわかるほどで恨めしいほどでした。

 

呼吸の工夫で梅雨を乗り切る

3年くらい前につらい症状は収まり、喘息を克服した!と言っています。
薬ではなく思考の変換で治しました。
薬は全く効かなかったのでね。

参考記事

喘息になった瞬間を覚えてるからこそ
どうやって喘息が治ったのか

 

でも、今でも1年に数回だけ出る時があります。
やっぱりこの梅雨の時期です。

実は今週はゼエゼエと喘鳴が結構出てきております。
と思ったら梅雨入りですものね、関東。やっぱり・・・
私以外にも今苦しい人、多いんじゃないかな。

今日はパフォーマンスのお仕事もあったし、
まあ、なんとか乗り切るしか無い、と思っていましたが
朝やったエクササイズがものすごく効果があったので
ここでご紹介します。それは

 

呼吸筋のストレッチ!

呼吸筋というのは呼吸をするための筋肉の総称で、
肋間筋もあれば背中の筋肉もあれば、
脇腹の筋肉も、横隔膜もそうです。

そして、呼吸筋というのは呼吸をすることでしか
ストレッチされません。
呼吸をすることで中から身体を膨らませたり縮ませたりして
内側から筋肉をストレッチしてあげるのです。

つまり、
ストレッチしながら深い呼吸をする、ということ

 

ポイントは二つあります。

1.ストレッチは主に上半身を!

腰の前で小さく腕を開きながら、だったり
バンザイするような姿勢だったり、
下記のイラストのような脇腹を伸ばすものだったり。

 

 

OpenClipart-Vectors / Pixabay

 

背中を縮めたり伸ばしたり、
また、鎖骨周りをぐっと広げたり、など
自分が気持いいストレッチをしてください。

喘息で苦しんでる時は、
吸いにくさもあって、このあたりの筋肉が固くなってますし
ストレッチをすると気持ちよさを感じるはず

あまりひどいと痛みがあるかもしれませんので
自分の身体と相談しながらあくまで自己責任でやってみてくださいね!

 

もう一つのポイントは

2.細く長く呼吸をすること!

喘息で苦しむ人って、私も含め、
苦しい、吸えない、吸えない、たくさん吸おう!
ゼー!ゼー!苦しい!

って言うことを繰り返してる。

 

そしてひどいときには
「このまま息が吸えなくなって死ぬんじゃ?!」
なんてことが本気で脳裡をかすめますが、

 

安心して下さい!
細く長くだったらゆっくりたっぷり入れられるはず!

 

物理的に考えても
冒頭で書いたように気道の炎症で狭くなってるわけですが
妨げられているわけではないので
細い呼吸で少しずつなら必ず入っていくはずなのです。

 

ここで細く長く呼吸をするコツとしては、
口をとがらせて(口笛を吹くような感じ)
摩擦音を立てて口から吸う口から吐く、ということ。

 

良い呼吸は吸う時は鼻から、、と言う人もおりますが、
これだとコントロールしにくいです。

口から少しずつ音を立てて吐いて、音を立てて吸いましょう。

ただ、これは少し喉は乾燥気味になるので、
風邪気味の人はご注意を。

 

この呼吸筋ストレッチは、当レッスンで、
ウォーミングアップとストレッチ兼ねて
毎回最初にやっているエクササイズでもあります。

もちろん、これをやって喘鳴が消える、苦しくなくなる
というわけではありませんが、
朝10分位やっていたら、その日一日の呼吸が少し楽になりました。

今年の梅雨はコレで乗り切ろうと思います!

 

 

レッスンの詳細とお申込みはこちらまで

ご感想やご質問はこちらまで

JoeSang / Pixabay