ボイトレジプシーになってませんか?


ボイトレジプシーになっていませんか?

当レッスンには本格的に歌をやっている方もいれば声や歌をツールとして自分と向き合いたい、という方もいれば、発声を通して身体と心を緩めたい、という方もいます。特に一番目の「本格的に歌をやっている」方々の中には、色んなボイトレを巡り巡って来た方も少なくありません。

バンドでヴォーカルを担当していたり、ゴスペルをやっててソロもよくとる方、個人で楽器を弾きながら歌う方などが様々な理由で自分の力量をあげるためにボイトレに通うけれど、どうも成果を感じられず
「次はきっと」という希望を胸に様々なボイトレをめぐりめぐっているようです。

たくさんのレッスンを受けていていたのに、何年もやってるのに、全然変化を感じられなかったり、むしろ混乱して自分の発声をどうしていいかわからない、という人は少なくないのです。

 

よりわかりやすく丁寧に!

私の師匠は、悩み戸惑う人たちが少しでもお金も時間もエネルギーも節約できるのでは、とメソッドを開発して提供し続けてくれています。私も、師匠のインストラクター講座を修了したものとしてその一翼を担えたら、ともちろん思っていましたが、実際自分の生徒さんたちのボイトレ遍歴を聞いてその思いは強くなってきました。

 

もっとわかりやすくよりていねいに!いつもそう思っています。

 

以前ポップスの先生に習っていた時は地声発声でしたが、クラシックの先生に着いて裏声発声になってから地声で歌うことはすくなくなりよくわからなかったですが、久しぶりに地声をだしたので前より楽に(気持ちも)声が出せました

今まで色々なレッスンを受けてきましたが、
とても楽しくて、また身体が反応して変化が感じられるレッスンでした!ありがとうございました!

 

グループレッスンに参加してから、マンツーマンに通い始めてくれている生徒さんのご感想です。レッスンするたびに変化を感じてくれてるようでうれしいです!

どのボイトレがいいか、というのは、もちろん人間的な相性や講師のアプローチの仕方が自分にしっくりくるか否か、ということも関係がありますが、よりわかりやすく丁寧で学ぶ側に親切な方法は確実に存在します。

当レッスンでは、まずは土台である身体に着目。そこから、自然で力の入らない声の種をつくります。声を育てていくのはそこから。理論的で左脳からのアプローチを軸に、そして、感覚的で右脳からにじみでる想いに忠実に、レッスンを進めます。

ボイトレジプシーを続けて、変化を感じられない方は一度レッスンにいらしてみてくださいね!

ご不安な点があればいつでもこちらまでお問い合わせ下さいね。

レッスンの詳細とお申込みはこちらまで