ライブ前日、直前、何食べる?


ライブ前の準備の中で

ライブに向けてやることはたくさんあります。

歌詞や曲を覚えたりどんどん練習して
自分のものにするのは当たり前中の当たり前。
それ以外にもやることは山ほどある。

 

今回のライブのテーマは?
それに沿ってどう曲順を決めてMCはどんな流れにする?
そんなパフォーマンス構成や演出は
ライブの成功の鍵になります。

 

同時にそんなテーマや
今の自分を最大限に活かせるような
衣装やメイクも忘れちゃならない。
自分の気分が上がるためにもマストな準備。

 

しかし何より大事なのは体調管理です。
当日風邪を引いて喉が痛くて
声がでないなど言うことはあってはならない。

 

勿論人間ですからパーフェクトはありませんが、
万全の体調にもっていけるよう準備したいもの。

 

身体という楽器は一朝一夕ではつくられません

しかし、この体調管理というものは、
前日やそこら気をつけていたくらいでは
成り立たないのも事実。
それは管理とは言いませんものね。

 

私達の身体は代わりの無い、
自分という声の唯一の楽器です。

 

例えばバイオリニストが
自分の楽器の状態に常に気を使っているように、
私達も、身体という楽器が
錆びたり傷ついたりしないよう、
日々気を使い敬意を払うことで、
いざって時に効果的に使えるわけです。

 

日常的に

  • バランスのよい食事をとっているか
  • 水分はしっかりとれているか
  • 睡眠時間は十分か
  • 適度な運動をしているか
  • ビタミンをとっているか

といったことに気を配るのはとても重要。

 

その上で、アレルギーや鼻炎、
他の持病がある場合はサプリやアロマ、
またお茶などでケアをしたり、
加湿器や吸入器で潤おいをキープすることが大切です。

 

 

ライブ前日、何食べる?

そのような日々のケアをしている前提で、
さあ、前日や当日はどういう食事をして、
体調を気をつけたらよいでしょう、
ということになります。

 

まずはお酒。
ワタクシ、大好きですが、
ライブ前日は控えます。

 

身体も声帯も充血してむくむし、
水分を奪います。
そして歳を取れば取るほど
回復には時間がかかるものですので、
せめて前日は、休肝日としたいもの。。。

 

また、お酒を飲みすぎると
鼻炎気味の人は次の日鼻がつまり気味になります。
鼻の炎症も強まるのだと思います。
そういう人はくれぐれも気を付けてくださいね(←私)

 

また、極端に辛いものも避けたほうが良いでしょう。
いつもは大丈夫なのにその日に限ってお腹を壊し、
ライブ直前なのになかなかお手洗いから
出てこれなかった人の話を聞いたことがあります。
辛いものに限らず、刺激の強いものは避けた方が無難。

 

また、かなり昔の話ですが、
ゴスペルクワイヤーの黒人のディレクターに、
ライブ前はチーズやチョコレートも
食べるのを避けるように言われたことがあります。
喉にその成分が固まるりこびりつく、と。

 

でも脂が喉に膜を張るからでも良い、
という説も後から聞いたことあります。

 

どちらにしろ食べ物が通るのは気管では無く
食道なのでイメージの部分も強そうですね。
この辺りは個人的にはあまり神経質になる必要は
無いと思ってます。
自分の体が欲してたらあげたら良い、その程度です。

 

とにかく、さっぱりと消化の良いものを食べて、
リラックスしてゆっくりお風呂に浸かる。
そしてたっぷり寝てください。
睡眠が一番大事です。

 

 

そしてライブ当日は?

そして当日は、あまりたくさん食べることはしません。
特に直前はお腹が一杯になると横隔膜が下がらずに
腹式呼吸がしにくく歌いにくいので、満腹はNGです。

 

また、満腹ですと身体も重くなるし
副交感神経が優位になりすぎますので
程よい緊張感を得ることができない、
というのもあります。(歌う時は程よい緊張感はとても大切。)

 

私は、ライブ前はおにぎり一個、
または軽めのサンドイッチやバナナなど
消化が良くて直ぐエネルギーになりそうなものを
積極的に食べるようにしています。

 

また直前は冷たい水や熱いお茶なども避けましょう。
冷たいものは身体を冷やすし
熱いものは喉への刺激も強いです。
飲むのは常温の水のみです。

 

そして、ライブが終わったら・・・
私は大好きなビールを飲みます!
お疲れ様のご褒美!もちろん連日ライブがあるなら程々に。

 

みなさんも、自分の身体と相談しながら
日々のケアをして行って下さいね!

体験レッスン& 無料カウンセリングのご案内はこちら