生まれつき声が良くない、という悩みはどこまで解消できる?


生まれつきこんな声、というのは本当にあるのか?

「生まれつき声が悪くて」

「昔から声がかすれてて」

「ダミ声なんだよね~」  

よく聞くお悩みです。

でもそれ、生まれつきですか?幼い頃からそういう声ですか?

よく考えてみて下さい。

産声を上げたその声がダミ声の赤ちゃん、います?

スッカスカの声で「おぎゃあ~」という赤ちゃんいます?
もちろんいませんよね。

 

生まれつきのせいにするなー!

喉のせいにするなー!

 

と言いたい(笑

 

生まれつき声が悪い人などいない

成長につれて声帯の長さこそ変化するものの

(それで声変わりしますね。)

声帯や声道、共鳴器官の造りは皆同じ、

「悪く作られてる」人なんて一人もいない。

健康に産まれていたら元気な産声と共にこの世に出てくるはずです。

1.5センチから2センチほどの小さな声帯。

そこから3,4オクターブの声を生み出し

一瞬にして何音も走り抜く、驚異的な素晴らしい器官です。

その素晴らしさは皆一様に持っているのです。

生まれつきではなく使い方が悪いだけ

素晴らしい機能を持つ声帯を持ってるにも関わらず、

「生まれつき声が悪くて」

「昔から声がかすれてて」

「ダミ声なんだよね~」

と思うのは、生まれつきのせいでも、自分の声帯のせいでもなんでもない。

自分の使い方が悪いだけです。


自分の声帯の使い方、声の出し方が

その働きを最大限に生かすものになっていないのに、

他の物のせいにするのは、自分の体に失礼なくらいです。
なので、本記事のタイトル「生まれつき声が良くない、という悩みはどこまで解消できる?」というのは、実は矛盾したタイトルなのですね。生まれつき声が良くない、ということは原則はありえないのですから。(障害があるなどであれば別の話です。)

身体に負担をかけない正しい使い方を学び、元々備わっている声帯の機能のポテンシャルを

最大限に引き出してあげましょうね。