苦手だけど下手だけど歌が好き!なら知るべき近道

こんにちは 東京新宿・大人のためのボイトレ教室Harmoniaのフェルナンデス由布子です。

歌が苦手だけれどどうしても歌わなきゃ、、
そんな状況に置かれている人は少なくありません。

当レッスンにも、
営業の仕事で、嫌いなカラオケに
どうしても付き合わねば行けない人
保育士で歌が必須だけれど苦手だという人
また、好きだけどどうも下手で、、
という人も結構いらっしゃいます。あなたもそうかもしれません。

まるでゲームの攻略本のように
苦手な歌の克服方法を調べて、
その方法がわかれば上手くいくんじゃ、、と
ほのかな希望を持って
ネット検索してるかもしれません。

しかし、その場しのぎの攻略は結果の声もその場しのぎ。
その場しのぎの取り繕いではなく苦手な歌を克服する、いや、好きになるには根本から考え直さなきゃいけません。

歌が下手だからこそ苦手だからこそやるべきこと

歌の苦手を克服するには理論から

自分の大切な個性である声の苦手を無くし
趣味や仕事に活かすには、
まず声の仕組みを学ぶことです。

声は目に見えません。
ただでさえ苦手なものが目に見えなかったら
コントロールしようとすることさえ不毛。

まずは目に見えないものを左脳でしっかり捉えて輪郭を与えてあげます。
つまり「なぜそうなるか」という理論を理解する。

そうすると目に見えないものでも少しつかみ取りやすく、
ストンと腑に落ちてくるはず。
その後は右脳や感覚を上手く使い身体に落とし込んで実践していきます。
苦手だからって臭いものにフタ、ではだめなのです。

声の基礎とそのしくみを知る

理論の中でも特に大事なのは声の基礎とそのしくみです。

手っ取り早く歌がうまくなりたいと思う方は、
喉ばかり気にする傾向にあります。
しかし、私たちは歌を喉だけで
歌っているのではありません。

声を出しコントロールするには大きなポイントが3つあります。

それは、呼吸・振動・共鳴です。

『呼吸』は声を出す引き金になる、吐く息のことです。
その吐く息が、喉(声帯)に届くと声帯のひだが振動して音になる。
(多くの方はこの喉の『振動』のみを気にします。)

そして、声帯でつくられたその原音は、
鼻腔や口腔、頭蓋骨などの『共鳴』器官を通して
今私達の耳に聞こえるような音色になるのです。

そして、その3つのポイントの
土台となるのが『身体』です。

思い通りの声が出せないことは、
この三大ポイント+土台である身体のどこかが、
本来デザインされた通りに使えていない、
ということが原因です。

自分の苦手の克服ポイントはどこだ

歌が苦手なままでどうにも克服できない、
その原因は複数絡み合ってる場合がありますが、
歌の基礎である「呼吸・振動・共鳴」の中の
どこに主たる原因があるのか、
まずはその一つをしっかり認識することです。

 

息が続かない場合は、
息の量が多すぎるのかもしれないし、
どうしても声の音色が暗くなる場合は
上手く口腔内をキープできてない、
つまりは表情筋が硬い、
などという場合もあります。

以前、チケットレッスンで続けてレッスンを
受けたビジネスウーマンのカウンセリングをしましたが、
そこでいろんなことがわかりました。

彼女の場合、声はよく響き、息漏れやかすれのない良い振動をつくれています。
でもどうしても大きい声も出ないし聴きにくい。出し続けるとすぐ疲れてしまう。

なぜか。

声を良く聞いてわかったのですが、
これは共鳴の使い方が原因でした。

せっかく振動してる声があまり響いてないのです。
ステレオ本体で音が鳴ってるけど、
スピーカーとうまくつながってないといったところ。
もしくはスピーカーが超小さく出力に比例してない。

それなのに、大きい声を出そうとするので
喉にぐっと負担をかけてしまい、
どんどん疲れてきてしまうのです。

そうではなく、出てきた声の振動に
共鳴器官を使いしっかり響かせる方向に
感覚を持っていく、、そうすると
喉に強い負担をかけなくても
より響く力強い声になっていきます。

あなたの声と歌を変える近道は

まずは自分の声を録音してどんな感じか聞いてみましょう。
耳が良い人に自分の声の印象を聞いたりなどもしてみてください。

また自分が知らない声の仕組みをネットなどで調べてみましょう。
イメージが変わって身体への落とし込みにも変化が出てくることと思います。

「あなたの風邪は喉から?鼻から?」
と言うものが有りましたが、
まさに歌も声もそんな感じです。

「あなたの改善点は呼吸?振動?共鳴?」
あなたの声がもっと良くなるポイントはどこにありますか?
是非自分の声を探ってみて下さいね。

 

自分の歌いグセがわかる体験レッスン詳細はこちら

 

関連記事

  1. 講師・インストラクターの大いなる「声」の勘違い

  2. 子供の頃「音痴」と言われたのが忘れられない

  3. 楽に楽しく歌うポイントを知ろう!

  4. 歌の練習に真面目な人ほど陥りやすい罠

  5. 声量が無いと悩む方へ!声量を上げる法則と効果的なトレーニング…

  6. ハスキーボイスになりたい?いや、ちょっと待った!